ahead

ahead

関連するタグ -

埋もれちゃいけない名車たち VOL.16 時代にかき消された持ち味「ジャガー XJ-S 」

埋もれちゃいけない名車たち VOL.16 時代にかき消された持ち味「ジャガー X...

ジャガーは創業の頃から高級スポーツカーを作り続け、今も最新のFタイプが世界的に高い評価を受けている。歴代のスポーツモデルは必ず何らかのレースに出場して勝利を飾ってきたし、...

更新日:2018/04/23    
高速道路での事故 そのときどうする?

高速道路での事故 そのときどうする?

市街地を50km/hで走っている時、クルマは1秒間に約14m進みます。高速道路を100km/hで走ると倍の約28m進むことになります。速さが2倍になると、ブレーキペダルを...

更新日:2018/04/23    
忘れられないこの1台 vol.54 トヨペット コロナRT40型

忘れられないこの1台 vol.54 トヨペット コロナRT40型

ボクが運転を覚えたのは三代目のトヨペット・コロナである。当時は珍しかったATで、2速のトヨグライド仕様だった。ウイークデイはほぼ毎朝、大きな駐車場の奥から出してくるのが日...

更新日:2018/04/25    
オートバイメーカーの手掛けたスーパー・スポーツカー

オートバイメーカーの手掛けたスーパー・スポーツカー

オーストリアのKTMがオートバイのメーカーであることは先刻御承知であろうが、自動車、それもかなりリアルなスポーツカーを作っていることを御存知ない方もおられるかも知れない。...

更新日:2018/04/23    
自転車の右側通行、罰金5万円

自転車の右側通行、罰金5万円

2013年12月1日に施行された改正道路交通法では、自転車などの軽車両が路側帯を右側通行した場合、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられることになった。text...

更新日:2018/04/20    
埋もれちゃいけない名車たち VOL.17 申し子のようなスポーツカーの行く末「フィアット バルケッタ」

埋もれちゃいけない名車たち VOL.17 申し子のようなスポーツカーの行く末「フ...

昨今では多くの自動車メーカーが、自分達は本来どういうブランドで何が求められているのかということに目を向け、自らの在り方を再考したりしている。培ってきた歴史の中に重要なモノ...

更新日:2018/04/23    
忘れられないこの1台 vol.55 ユーノス・ロードスター

忘れられないこの1台 vol.55 ユーノス・ロードスター

オープンカーなんて軟弱だと思っていた。だからユーノス・ロードスターなるオープンカーが出ても自分が乗るクルマではないと思い込んでいた。でも90年5月のよく晴れた日の午後、ひ...

更新日:2018/04/23    
欧州でSRが復活した理由

欧州でSRが復活した理由

ヨーロッパでSRが再び販売されることになった。EICMA(ミラノショー)のヤマハブースではスタンダードのSR400と共に、カスタムビルダーによって設えられたカスタムSRが...

更新日:2018/04/20    
新たなるアガリのバイク

新たなるアガリのバイク

写真のオートバイの前輪をよく見てほしい。フロントフォークを使用しない「ハブセンターステアリング」と呼ばれる構造になっている。text:神尾 成 photo : 渕本智信 ...

更新日:2018/04/23    
埋もれちゃいけない名車たち VOL.18 1台で4つのライフスタイルを演出「日産 エクサ」

埋もれちゃいけない名車たち VOL.18 1台で4つのライフスタイルを演出「日産...

ヒトには帰属意識というものがあって、意識的であるにせよ無意識であるにせよ、例えば会社だとか家庭だとかあるいは民族だとか、そうした何らかの組織に自分が含まれていることである...

更新日:2018/04/20    
F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.42 市販車とF1の距離

F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Vol.42 市販車とF1の距離

9月中旬、ドイツ・フランクフルトでモーターショーが開催された。ヨーロッパではパリ、ジュネーブに並ぶ規模で、技術立国のドイツらしく、技術展示が充実しているのが特徴だ。tex...

更新日:2018/04/25    
埋もれちゃいけない名車たち VOL.15 新時代を切り拓いた"ハイソカー"「トヨタ・初代ソアラ」

埋もれちゃいけない名車たち VOL.15 新時代を切り拓いた"ハイソカー"「トヨ...

とある英国人に「日本には貴族の文化がないから、本当の意味での高級車は作れないんじゃないか?」と言われたことがある。まぁ大きく外れてはいないと思うけど、でも日本には日本の風...

更新日:2018/04/25    
首都高でピットイン

首都高でピットイン

「首都高でパーキングエリアに入ったことってある?」そう尋ねられて「あるよ」と答える人はどのくらいいるだろう。text:村上智子 photo:菅原康太 [aheadアーカイ...

更新日:2018/04/25    
オンナにとってクルマとは Vol.37 オンナのクルマは汚れている?

オンナにとってクルマとは Vol.37 オンナのクルマは汚れている?

「女性のクルマがきれいだったためしがない」という言葉を、数人の男性からまったく別々のシチュエーションで聞いた。そのたびに“決めつけないでよ”と反論したい気持ちと、“その通...

更新日:2018/04/25    
自動車開発とダイソンの共通点

自動車開発とダイソンの共通点

ダイソンの掃除機と聞くと「吸引力の変わらない~」というフレーズが思い浮かぶが、クルマ好きを吸い寄せるパーツが隠れている。吸引力を生み出すインペラーだ。text:世良耕太 ...

更新日:2018/04/25    
125ccで115万円の理由 ~Vespa 946

125ccで115万円の理由 ~Vespa 946

115万円。それが、この「ベスパ946」の価格である。125㏄のスクーターとしては異例に高価だが、イタリア本国でも9000ユーロとなっている。つまり、このところの為替相場...

更新日:2018/04/25    
クルマ好きの琴線に触れるテスラの新型EV

クルマ好きの琴線に触れるテスラの新型EV

ジュリア・ロバーツが両手にブランド袋をぶら下げて闊歩する(映画「プリティー・ウーマン」より)街並で、ほんの数分立ち止まる。すると白、黒黒白黒…来るわ来るわ、「テスラ・モデ...

更新日:2018/04/25    
Rolling 40's Vol.61 愛とミニバンと名古屋メシ

Rolling 40's Vol.61 愛とミニバンと名古屋メシ

私のプライベート造語なのだが、「ファミリー」と「コンシャス」をくっつけて「ファミリシャス」と言うモノがある。「家庭的で素晴らしい」ということを茶化した御当地スラングなのだ...

更新日:2018/04/25    
忘れられないこの1台 vol.54 トヨペット コロナRT40型

忘れられないこの1台 vol.54 トヨペット コロナRT40型

ボクが運転を覚えたのは三代目のトヨペット・コロナである。当時は珍しかったATで、2速のトヨグライド仕様だった。ウイークデイはほぼ毎朝、大きな駐車場の奥から出してくるのが日...

更新日:2018/04/25    
おしゃべりなクルマたち Vol.63 オンボロ船と深夜バス

おしゃべりなクルマたち Vol.63 オンボロ船と深夜バス

“バスの話”を聞いたのは、ランペドゥーザの沖合で難民船が沈没して、子供を含めた300人以上が亡くなった秋の初めのことだった。text:松本葉 イラスト:武政諒 [ahea...

更新日:2018/04/25    
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives