ahead

ahead

関連するタグ -

女性から見た欧州車

女性から見た欧州車

多くの女性は、いつまでも美しくあろうと、日々、自らをメンテナンスして、自分には何が似合うだろう? とメイクやファッションにも気を遣う。でも実はクルマだって洋服と同じくらい...

更新日:2018/06/20    
プレミアムブランドにまで派生したクリーンディーゼル

プレミアムブランドにまで派生したクリーンディーゼル

ここ1年で日本で購入できる欧州ブランドのディーゼル車の選択肢は飛躍的に増えた。一度は死んだ日本のディーゼル乗用車市場を復活させた立役者はメルセデス・ベンツにBMW、そして...

更新日:2018/06/20    
排ガス規制でバイクが消える

排ガス規制でバイクが消える

現在、バイクはユーロ4という基準によって排ガス規制値が定められている。新型車は2016年10月から、継続生産車は今年9月1日から適用された。モンキー、SR、セロー、W80...

更新日:2019/01/10    
ノンペイントのおしゃれ感 ~新型カングー "アクティフ"

ノンペイントのおしゃれ感 ~新型カングー "アクティフ"

8月にマイナーチェンジしたルノー「新型カングー」。最も大きく変わったのはフロントデザインだ。2つのヘッドライトを黒い帯でつなぎ、その真ん中にルノーの菱形のロゴ「ロザンジュ...

更新日:2018/05/10    
ファッション界にも影響をあたえた 60's UKカルチャー ロッカーズ&モッズ

ファッション界にも影響をあたえた 60's UKカルチャー ロッカーズ...

今や当たり前に着られている革ジャンやミリタリーアイテム。バイク乗りにとっては身近な存在だが、バイク乗りじゃなくとも、タウンウエアとして愛用している人は多い。そんな、ダブル...

更新日:2018/05/09    
私の永遠の1台 VOL.4 ヤマハ TDM850

私の永遠の1台 VOL.4 ヤマハ TDM850

欲張りの貧乏性なので、クルマやバイクを選ぶときにどうしても汎用性を重視してしまう傾向がある。とはいうものの、TDM850の偉大なる汎用性に気づいたのは所有して数年も乗って...

更新日:2018/05/09    
三好礼子 バイクとクルマのその後に

三好礼子 バイクとクルマのその後に

18歳でのオートバイ日本一周ツーリングに始まって、バイク三昧、砂漠三昧の日々。いつも人よりちょっと先に、楽しいことを見つける天才。それが三好礼子という人だ。バイクとクルマ...

更新日:2018/06/20    
忘れられないこの1台 vol.58 ヤマハ SR400

忘れられないこの1台 vol.58 ヤマハ SR400

正真正銘のシングルマン。そう呼ばれるひとりの英国人に会った。その男は自分の両足を指さし、「ほら、右足の方が左足より少し太いだろう? なぜだと思う? それは何十年もビッグシ...

更新日:2018/05/10    
私の永遠の1台 VOL.10 ヤマハ XS-V1 Sakura

私の永遠の1台 VOL.10 ヤマハ XS-V1 Sakura

2007年秋、第40回東京モーターショーの会場において、「The Art of Engineering」をコンセプトに掲げたヤマハは複数台の試作車を展示していた。その中で...

更新日:2019/01/25    
松本 葉の自動車を書く人々 第3回 福野礼一郎

松本 葉の自動車を書く人々 第3回 福野礼一郎

私は自他共に認める福野礼一郎ファン。『ル・ボラン』、『モーターファン・イラストレーテッド』『ゲンロク』といった自動車雑誌に掲載される福野氏の記事を毎月、心待ちにしている。...

更新日:2018/03/06    
埋もれちゃいけない名車たち vol.40 911を前に敗れた主力モデルという夢「ポルシェ 928」

埋もれちゃいけない名車たち vol.40 911を前に敗れた主力モデルという夢「...

初恋というのは、ほんのりとした淡い憧れじみたものだったり、いきなり熱病のような重篤なものだったりする。その双方の普遍的な対象としてポルシェの名前を挙げたとしても、異論はな...

更新日:2019/04/20    
忘れられないこの1台 vol.65 KAWASAKI GPZ900R

忘れられないこの1台 vol.65 KAWASAKI GPZ900R

1986年、映画『トップガン』が流行った時代。映画の主人公トム・クルーズが乗る黒赤のGPZ900Rニンジャに憧れた人は多いと思う。僕はまだ小学生でバイクには縁が無く、兄が...

更新日:2019/04/20    
埋もれちゃいけない名車たち vol.53 航空機軍需から庶民の足へ「BMW・イセッタ」

埋もれちゃいけない名車たち vol.53 航空機軍需から庶民の足へ「BMW・イセ...

決まりごとも指示も何もないのだけど、ここで御紹介する車種を考えるとき、僕はなるべく巻頭特集のテーマに沿っていたり関連していたりするものを選ぶように心掛けている。その方が心...

更新日:2019/04/20    
忘れられないこの1台 vol.63 スバル・レガシィツーリングワゴン

忘れられないこの1台 vol.63 スバル・レガシィツーリングワゴン

私が初めて所有したクルマはレガシィだ。やっぱり水平対向だよ、AWDでしょ! だって安定感がちがうし、走りを追求したレイアウトがたまらないよね!! なんていうスバリスト的理...

更新日:2019/04/20    
埋もれちゃいけない名車たち vol.41 ツーリングカーレースの定番「日産 サニー・クーペ1200GX」

埋もれちゃいけない名車たち vol.41 ツーリングカーレースの定番「日産 サニ...

今ではファミリーカーといえばミニバンと相場が決まっているけれど、その昔、小さなセダンがそのカテゴリーの定番だった時代が長いことあった。同時に小さなセダンをベースにした小さ...

更新日:2019/04/20    
忘れられないこの1台 vol.59 トヨタ スターレット(KP61)

忘れられないこの1台 vol.59 トヨタ スターレット(KP61)

時は平成元年。静岡県長泉町の旧街道沿い。プレハブ事務所の古びた中古車屋で「ヤツ」に出会う。道路に面した展示場所には本命のAE86レビン&トレノが3台並んでた。当時走り屋御...

更新日:2019/04/20    
忘れられないこの1台 vol.57 トヨタ・マークⅡ

忘れられないこの1台 vol.57 トヨタ・マークⅡ

「たまごちゃん」というのが、その子の名前だった。なんて言うと、ごく良識的なセンスをお持ちの皆さんには決まって怪訝な顔をされてしまうのは重々承知なのだが、当の本人、つまり当...

更新日:2019/03/07    
もう一度クルマにハマる

もう一度クルマにハマる

思い込みを捨ててみる。これまでのやり方を変えてみる。それがここ最近のaheadの大きなテーマである。そうすることでクルマやバイクの魅力を再発見できると信じているからだ。ふ...

更新日:2019/03/06    
岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.100 日産問題の本丸

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.100 日産問題の本丸

新聞やテレビニュースでも大きく報じられた日産の完成車検査問題を改めて考えてみたい。日本の法律では、新車にも、その車両が公道を走っていいかどうかの検査を受ける義務がある。こ...

更新日:2019/03/06    
岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.74 おごる駐車監視員

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.74 おごる駐車監視員

つい先日、東京の湾岸警察にほど近い場所でなんとも納得のいかないシーンに遭遇した。駐車監視員が乗った白い軽自動車が自ら違法駐車をしながら駐車違反の取り締りをしていたのだ。t...

更新日:2019/03/06    
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives