ピックアップ

ピックアップカテゴリ

関連するタグ -

アセントを国内で購入できるのか?調べてみました

アセントを国内で購入できるのか?調べてみました

スバルがニューヨークオートショー2017で発表したコンセプトモデル「アセント」が早くも話題になっていますね。コンセプトモデルながら、トヨタ ランドクルーザーとほぼ同じボデ...

更新日:2017/07/13    
なぜゲート式レバーは急速に普及したのか?ストレート式に戻す車種も?

なぜゲート式レバーは急速に普及したのか?ストレート式に戻す車種も?

シフトレバーには、フロア、コラム、パドルなど、いろいろあります。フロアシフトの中でもゲート式か?ストレート式か?さらには、最近ではダイヤル式やボタン式も増えています。どれ...

更新日:2017/02/14    
AT車の「クリープ現象」はなぜ起きるのか?そのメリット・デメリット

AT車の「クリープ現象」はなぜ起きるのか?そのメリット・デメリット

AT車での”クリープ現象"。何気なく運転していて、気になるものではありません。しかし、アクセルを離しているのになぜ動くのか…不思議な現象かと思います。場合によって...

更新日:2017/01/11    
飛び石を受けやすい車と受けにくい車の違いとは?

飛び石を受けやすい車と受けにくい車の違いとは?

クルマに長年乗っている方であれば、おそらく何度も”飛び石(跳ね石)”の被害にあったことがあるのではないでしょうか。最悪の場合、ヒビが広がりフロントガラスを全交換、しかも相...

更新日:2017/06/07    
2ローターのロータリーエンジンを4ローターに変えたい!いくらかかる?

2ローターのロータリーエンジンを4ローターに変えたい!いくらかかる?

皆さんはロータリーエンジンというと、何を連想しますか?マツダ、RX-7、回転が滑らかなど、メーカーや車種、その特徴を連想される方が多いと思います。ロータリーエンジンが市販...

更新日:2017/07/07    
コレクションの価値が上がる車10台を発表!1位は日本のあの車!

コレクションの価値が上がる車10台を発表!1位は日本のあの車!

愛車を手放す時、少しでも高値で売れれば…と、誰しもが思うことでしょう。ヒストリックカーなどになると、ワインのように経年とともに価値が高騰していくケースが多くあります。さて...

更新日:2017/07/10    
高速道路で多く見かけるあのクルマ、じつは2,000万円もしていた!?

高速道路で多く見かけるあのクルマ、じつは2,000万円もしていた!?

普段、何気なく見ているものの、その値段を考えてみたことはあるでしょうか。知っているようで、意外と知らないのがモノの価格かもしれません。今回は、2,000万円近くする、普段...

更新日:2017/06/14    
オートマチック車の「オーバードライブボタン」はどのような時に使うのか?

オートマチック車の「オーバードライブボタン」はどのような時に使うのか?

かつて、オートマチック車のほとんどがストレートタイプのシフト形式であった頃、「オーバードライブボタン」というものがありました。もちろん、現在でもストレートタイプであれば付...

更新日:2017/01/11    
車のアクセルを踏み込んでも加速しない…その原因とは?

車のアクセルを踏み込んでも加速しない…その原因とは?

アクセルを踏んでないのに車が加速して事故に発展した…という話を聞いたことがあります。アクセル踏んでないのに加速するというのは非常に怖いのですが、その逆でアクセルを踏んでい...

更新日:2016/12/19    
なぜ新型エンジンにDOHCではなく、SOHCが採用されることがあるのか?

なぜ新型エンジンにDOHCではなく、SOHCが採用されることがあるのか?

DOHCと言えば、日本では高性能車の証として、70年代~80年代にかけて普及し、トヨタなどでは、直列エンジンのDOHCを「ツインカム」と呼んだりしました。そもそも、エンジ...

更新日:2018/05/07    
BMWのアプローチ

BMWのアプローチ

スーパースポーツの分野でも絶好調のBMWがブランニューのマキシスクーターを発売する。国内導入に先駆け3月に開催された国際試乗会。スペインはマドリードに集まった各国報道陣に...

更新日:2018/06/20    
F1の技術を注入した 大陸横断型フレンチGT、メガーヌ ルノー メガーヌ エステートGTライン

F1の技術を注入した 大陸横断型フレンチGT、メガーヌ ルノー メガーヌ エステ...

空港からパリ市内へと向かう高速道路を走っていると、うしろからやってくるコンパクトカーが元気に追い越し車線を駆け抜けていく。ガッシリと路面に腰を据えて、無駄な動きもなく一瞬...

更新日:2018/06/20    
ジャンルを飛び越えろ

ジャンルを飛び越えろ

ジャンルは人間が創造したものを区分するために使われる言葉である。本来ジャンルとは芸術作品や文学作品をひとつの側面から客観的に分類することをいう。明確な基準を持つカテゴリー...

更新日:2018/06/20    
女性がモータースポーツをするということ

女性がモータースポーツをするということ

二輪四輪問わず数々の走行会やイベントを主催しているWithme Racingの丸山 浩さんからの誘いを受け、「袖ヶ浦・マル耐」に参加することになった。初めての人もレースに...

更新日:2018/06/20    
夜ドラ

夜ドラ

夜は昼とはまったく違う時間が流れる。どこかで聞いた話だけれど、夜を見方につければ、人は人生をより豊かに彩ることができるという。夜を見方につけるには、クルマに乗るのが一番い...

更新日:2018/06/20    
ネグローニ・スパイダー物語

ネグローニ・スパイダー物語

自動車というのは道具である。それに異論はない。けれど、これほどまでに人の暮らしの中で人の心にハッキリと作用を及ぼすエモーショナルな道具は他にないと思うし、もっと言うならこ...

更新日:2018/06/20    
Smartphone × Automobile vol.8 「乗り心地診断」

Smartphone × Automobile vol.8 「乗り心地診断」

同乗者の乗り心地を診断するアプリを紹介します。text:近藤正純ロバート [aheadアーカイブス vol.111 2012年2月号]

更新日:2018/06/20    
ミニスカートは戦闘服

ミニスカートは戦闘服

男性が圧倒的に多いクルマの世界でも、情報を発信する側に立って、それぞれの得意分野を活かして、活躍している女性たちがいる。カーライフエッセイストの吉田由美さんもその一人。ク...

更新日:2018/06/20    
たかがオートバイされどオートバイ

たかがオートバイされどオートバイ

オートバイに乗る人は不思議だ。クルマと違い、生活に必要なものではなく、背負うリスクも他の趣味に比べて極端に大きい。なのに、オートバイに乗る人は趣味の域を超えてオートバイに...

更新日:2018/06/20    
間違えて通過すると1時間のタイムロスに!? インターチェンジの間隔が一番長い区間はどこ?

間違えて通過すると1時間のタイムロスに!? インターチェンジの間隔が一番長い区間...

高速道路の乗り降りで必ず通過するインターチェンジ。このインターチェンジの間隔・距離がもっとも長い区間はどこでしょうか。間違えて降りずに通過すると、かなりのタイムロスに…!...

更新日:2018/06/20    
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives