ピックアップ

ピックアップカテゴリ

関連するタグ -

レギュラーガソリン車でもたまにはハイオクを入れた方が良いって本当?

レギュラーガソリン車でもたまにはハイオクを入れた方が良いって本当?

ガソリンスタンドで給油をする際、エンジンにいいかもしれないし、たまにはハイオクを入れてみようかな…なんて思う方も多いかもしれません。レギュラー仕様のクルマでも、ハイオクを...

更新日:2017/07/13    
クラッチペダルを踏み込んだ時の異音…その原因はどこにある?

クラッチペダルを踏み込んだ時の異音…その原因はどこにある?

クラッチペダルを踏み込むと、クラッチが切り離されているとき特有の音はするものですが、それとは違う音が。これはクラッチ自体のトラブルなのか…それとも…。

更新日:2017/05/10    
432万円も!? 高額な軽自動車トップ5

432万円も!? 高額な軽自動車トップ5

軽自動車は日本独自の規格で、普通車に比べれば価格も安いイメージです。しかし、軽自動車の高級化が進み、さらには海外メーカーも市場に参入。驚くほど高価な軽自動車が生まれていま...

更新日:2017/07/13    
月給30万円からの輸入車生活。新車でどんな輸入車が買える?

月給30万円からの輸入車生活。新車でどんな輸入車が買える?

「月給30万円からの輸入車生活」ここでは、税引き後の手取りが30万円、ボーナスは60万円ずつ年2回。さらに既婚者は、金銭面以外の問題も発生してきますので、条件は独身子供な...

更新日:2018/10/17    
4輪、6輪、12輪、16輪の車…車輪が増える事のメリット・デメリット

4輪、6輪、12輪、16輪の車…車輪が増える事のメリット・デメリット

たまにトラックやトレーラー等を見ていて、タイヤが沢山つけられているタイプを見たことがあるかと思います。通常1本のところを、奥にもう1本付いて(ダブルタイヤ)いたり、縦に2...

更新日:2017/07/13    
最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピードルフレン・ビゲープがスパイスに?

最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピード...

2017年9月のリリースから一年たち、そろそろカスタム欲が湧いてきたマツダCX-8。なんだかんだ言っても3列シートだし、ファミリーユースであることは否めない。そこで、家族...

更新日:2018/10/19    
コレクションの価値が上がる車10台を発表!1位は日本のあの車!

コレクションの価値が上がる車10台を発表!1位は日本のあの車!

愛車を手放す時、少しでも高値で売れれば…と、誰しもが思うことでしょう。ヒストリックカーなどになると、ワインのように経年とともに価値が高騰していくケースが多くあります。さて...

更新日:2017/07/10    
前後で異径サイズのホイールや、幅が異なるタイヤのメリットとは?

前後で異径サイズのホイールや、幅が異なるタイヤのメリットとは?

FR車に採用される前後で幅が異なるタイヤや、MR車で見かけることがある前後異径のホイール。どのようなメリットがあるのでしょうか?

更新日:2017/03/29    
ラダーフレームを採用する車5選〜国産車編〜

ラダーフレームを採用する車5選〜国産車編〜

トラックなどを除く、乗用車カテゴリーではすっかり絶滅危惧種となっている「ラダーフレーム構造」。SUVの一部に残るこのメカニズムについて、今回はスポットを当ててみました。文...

更新日:2018/04/03    
本当に必要なの?ドアバイザーのメリット・デメリット

本当に必要なの?ドアバイザーのメリット・デメリット

多くの国産車には、ドアバイザー(サイドバイザー)が装着されています。エアコンが今ほど普及していなかった時代には、雨の日に窓を少し開けて外気を入れたい時や、車内でタバコを吸...

更新日:2017/06/15    
【樽見祐佳の“女子流”】ハンドルを握れば、ポルシェのDNAを感じ取れる…ポルシェ カイエン

【樽見祐佳の“女子流”】ハンドルを握れば、ポルシェのDNAを感じ取れる…ポルシェ...

外苑前、いちょう並木。やっと冷たくなった風にのって、あのツンとした銀杏の香りが匂ってきた。まだ葉っぱは青々としているのに、もうすぐそこまで秋がやってきている。文・樽見祐佳...

更新日:2018/10/17    
メルカリやオークションなど…クルマを個人から購入する際に気をつけること

メルカリやオークションなど…クルマを個人から購入する際に気をつけること

いまやオークションサイトはもちろんフリマアプリでも、自動車本体が販売されています。そこでは、さまざまなクルマが個人間で売買されていますが、いずれにしてもそれなりの出費が強...

更新日:2018/10/19    
どこにある?ドアノブに鍵穴が消えた理由

どこにある?ドアノブに鍵穴が消えた理由

最近はスマートキー搭載車が多くなり、鍵穴にキーを差し込んで解錠&施錠することが少なくなりました。外見上も鍵穴が目立たなくなり、鍵穴が無いクルマも増えています。ここでは、消...

更新日:2018/10/19    
1位はプリウス!盗難されやすいクルマは?

1位はプリウス!盗難されやすいクルマは?

イモビライザーやGPS、テレマティクスサービスなどの普及によって、自動車盗難の認知件数は年々減少しています。とはいえ、なお車両の盗難事件は後をたちません。ここでは、盗難さ...

更新日:2018/10/19    
最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピードルフレン・ビゲープがスパイスに?

最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピード...

2017年9月のリリースから一年たち、そろそろカスタム欲が湧いてきたマツダCX-8。なんだかんだ言っても3列シートだし、ファミリーユースであることは否めない。そこで、家族...

更新日:2018/10/19    
【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第五章:ポルシェ カイエン

【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第五章:ポルシェ カイエン

2002年のパリ・サロンにてポルシェ初代カイエンがデビューしたことが、現代のSUV(Sports Utility Vehicle)全盛時代の幕開けとなった……、とする見方...

更新日:2018/10/17    
会話するクルマが登場!! 新型メルセデス・ベンツAクラスにAIを積んだ対話型インフォテイメントシステムを搭載

会話するクルマが登場!! 新型メルセデス・ベンツAクラスにAIを積んだ対話型イン...

メルセデス・ベンツAクラスが4代目にスイッチした。Aクラスといえば、初代と2代目は、衝突安全性を確保し、EV化やFCV化も見据えた「サンドイッチコンセプト」と呼ばれる二重...

更新日:2018/10/19    
インチアップ、インチダウン…タイヤは標準サイズと違っても問題ないの?

インチアップ、インチダウン…タイヤは標準サイズと違っても問題ないの?

標準装備されたタイヤのサイズは、メーカーがその車にもっとも適していると考え選んだものです。しかし、ドレスアップを目的として、メーカー推奨とは違うサイズのタイヤを装着してい...

更新日:2018/10/18    
復活したクラブマン

復活したクラブマン

クラブマンを復活させたいという思いは昔からあった。理由は簡単だ。ここ最近、自分が読みたい本がなかったからである。友人達に聞いても同じような答えが返ってくる。それなら自分が...

更新日:2018/10/17    
【悲報】特別な電子制御が「運転が下手になる」クルマにしてしまう!?

【悲報】特別な電子制御が「運転が下手になる」クルマにしてしまう!?

クルマ好きの会話で「運転がうまくなるクルマ」という表現がある。マツダ ロードスターなどは、その筆頭格といえるクルマだが、車両側のバランスが良いためベーシックな運転技術を学...

更新日:2018/10/18    
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives