ピックアップ

ピックアップカテゴリ

関連するタグ -

"腐りかけのマッシュルーム"や"全裸"など!? 世界が驚く日本の変な車種名7選

"腐りかけのマッシュルーム"や"全裸"など!? 世界が驚く日本の変な車種名7選

車にはさまざまなネーミングがありますが、日本と海外では異なることがよくあります。これは、車名に使われた単語に対するイメージが、ある地域ではとんでもないことになるからで、そ...

更新日:2017/12/05    
現在のターボエンジンとアイドリングストップの関係とは?ターボチャージャーの冷やし方は?

現在のターボエンジンとアイドリングストップの関係とは?ターボチャージャーの冷やし...

昔からターボエンジンは、「よく冷やしてから」エンジンを止めるようにと言われていました。メーカーの説明書にもそのような記述があり、ターボ車は高速道路を走行した後などは、一定...

更新日:2016/12/19    
余ったオイルはどうする?エンジンオイルを混ぜるのは危険なのか?

余ったオイルはどうする?エンジンオイルを混ぜるのは危険なのか?

カー用品店に行くと、さまざまな銘柄のエンジンオイルが販売されています。ディーラーでは純正品が、ガソリンスタンドでもエンジンオイルが販売されています。愛車にとって最も適した...

更新日:2016/12/09    
冬場に注意が必要なオーバークール…走行中に水温が下がる原因は?

冬場に注意が必要なオーバークール…走行中に水温が下がる原因は?

夏場に怖い「オーバーヒート」。夏場の水温計の温度は注意が必要です。一方、冬は気にしなくていいのかと言えば決してそうではありません。エンジンの熱は上がりすぎてもダメですが、...

更新日:2016/12/01    
アメリカ人が日本車を買う理由は、”安くていいから”ではない!?

アメリカ人が日本車を買う理由は、”安くていいから”ではない!?

アメリカにおける日本車人気は根強いものがあります。特に売れているのがセダン系乗用車とSUVです。また、新車のみならず、80年代の日本製スポーツカーも大変な人気となっており...

更新日:2017/06/13    
なぜゲート式レバーは急速に普及したのか?ストレート式に戻す車種も?

なぜゲート式レバーは急速に普及したのか?ストレート式に戻す車種も?

シフトレバーには、フロア、コラム、パドルなど、いろいろあります。フロアシフトの中でもゲート式か?ストレート式か?さらには、最近ではダイヤル式やボタン式も増えています。どれ...

更新日:2017/02/14    
10年落ち・13万キロ走行のベンツEクラスをタイヤ交換でリフレッシュ?オーナーも唸った、ネクセンタイヤN’FERA SU1の実力はいかに?

10年落ち・13万キロ走行のベンツEクラスをタイヤ交換でリフレッシュ?オーナーも...

スマートチョイスをテーマに掲げ、日本進出を果たしたタイヤメーカー「NEXEN TIRE(ネクセンタイヤ)」高品質のものをお求めやすい価格帯で買うという賢い選択を勧めていま...

更新日:2017/12/09    
「燃料残量警告灯」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?

「燃料残量警告灯」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?

車を運転していれば、ほとんどの人が「燃料残量警告灯」の点灯を経験するでしょう。中には、メーターが「半分になったら給油する」「4分の1以下になったら給油する」という人もおり...

更新日:2017/01/27    
通常できない走行中のナビ操作、今はできるのが当たり前?

通常できない走行中のナビ操作、今はできるのが当たり前?

友人のクルマに乗ったら、マイカーではできない走行中のナビ操作ができた!?なんて経験はありませんか?純正車両に搭載されているナビは走行中の操作が制限されているはず…。これは...

更新日:2017/07/13    
近いようで遠い?スバルのレヴォーグとインプレッサを比べてみました。

近いようで遠い?スバルのレヴォーグとインプレッサを比べてみました。

スバルのレヴォーグとインプレッサ。4代目インプレッサと同じプラットフォームを使って企画されたレヴォーグは、いわばインプレッサの兄弟車種ですが、それぞれのテイスト、訴求層に...

更新日:2017/07/13    
まもなく公開!日産、LAオートショーで映画『スターウォーズ 最後のジェダイ』とコラボ!

まもなく公開!日産、LAオートショーで映画『スターウォーズ 最後のジェダイ』とコ...

2017年12月1日から12月10日まで開催されたLAオートショーで、日産とスターウォーズのコラボレーション企画が話題となっていました。どんなコラボモデルが展示されていた...

更新日:2017/12/13    
2018年最も安全な車は?アメリカ(IIHS)が発表!

2018年最も安全な車は?アメリカ(IIHS)が発表!

アメリカのIIHS(アメリカ道路安全保険協会)が、その年に発売されたモデルのなかで安全性の高い車を選ぶ、 TOP SAFETY PICK award(トップ セーフティー...

更新日:2017/12/12    
日本のオフロード車

日本のオフロード車

空前のSUVブームが到来したこの数年、世界中の自動車メーカーがこぞってSUVを発売し続けている。ブームの加速によりクロスオーバーが常識となり、サルーンと変わらない内装を装...

更新日:2017/12/12    
その駐車、必要ですか 〜障害者等用駐車場を巡って

その駐車、必要ですか 〜障害者等用駐車場を巡って

ショッピングセンターやパーキングエリアに設定された車椅子マークの駐車スペース。これに関して、ネット上で大論争が起こったことがあるのをご存知だろうか。text:今井優杏 [...

更新日:2017/12/12    
年末に洗車を考えている方必見!内装・インテリアの洗車方法をプロに聞いてきました!

年末に洗車を考えている方必見!内装・インテリアの洗車方法をプロに聞いてきました!

シュアラスターカーウォッシュ講座で学んだことで、愛車はいつでもピカピカの夏目さん。……のハズが、外装がキレイになったがゆえに、あるコトに気づいたようです。「外装がキレイに...

更新日:2017/12/11    
WRCに参戦するTOYOTA Gazoo RacingヤリスWRCの影の立役者!PIAAのライティングパーツが世界で戦う

WRCに参戦するTOYOTA Gazoo RacingヤリスWRCの影の立役者!...

2017年から再び世界ラリー選手権(WRC)に参戦することとなったトヨタ自動車。その参戦車両は日本でもおなじみのヴィッツ(輸出名:ヤリス)で、復帰第2戦目のラリー・スウェ...

更新日:2017/12/13    
LED、HID、ハロゲン...ヘッドライトの光源の種類と違いは?

LED、HID、ハロゲン...ヘッドライトの光源の種類と違いは?

現在、自動車用ヘッドライトの光源には、ハロゲン、ディスチャージ(HID、キセノン)、LEDの3種類が主流です。それぞれに特徴があり、メーカーは車種によって、この3つを使い...

更新日:2017/12/08    
10年落ち・13万キロ走行のベンツEクラスをタイヤ交換でリフレッシュ?オーナーも唸った、ネクセンタイヤN’FERA SU1の実力はいかに?

10年落ち・13万キロ走行のベンツEクラスをタイヤ交換でリフレッシュ?オーナーも...

スマートチョイスをテーマに掲げ、日本進出を果たしたタイヤメーカー「NEXEN TIRE(ネクセンタイヤ)」高品質のものをお求めやすい価格帯で買うという賢い選択を勧めていま...

更新日:2017/12/09    
SUPER GTで絶対的な信頼を集めるBBS鍛造ホイール ドライバー・チーム監督の評価は?

SUPER GTで絶対的な信頼を集めるBBS鍛造ホイール ドライバー・チーム監督...

BBS鍛造ホイールの高い性能は、F1をはじめとしたモータースポーツの現場で証明されてきました。最初の挑戦は、1991年。フェラーリF1へのマグネシウム鍛造ホイール供給でし...

更新日:2017/12/08    
"腐りかけのマッシュルーム"や"全裸"など!? 世界が驚く日本の変な車種名7選

"腐りかけのマッシュルーム"や"全裸"など!? 世界が驚く日本の変な車種名7選

車にはさまざまなネーミングがありますが、日本と海外では異なることがよくあります。これは、車名に使われた単語に対するイメージが、ある地域ではとんでもないことになるからで、そ...

更新日:2017/12/05