ピックアップ

ピックアップカテゴリ

関連するタグ -

セルフスタンドにある静電気除去パッド。触れずに給油は危険です!

セルフスタンドにある静電気除去パッド。触れずに給油は危険です!

セルフ式ガソリンスタンドで給油するとき、必ず耳にする「静電気除去パッドに触れてから給油を始めてください」というアナウンス。じつはこれ、あなたの命にかかわる大事なアナウンス...

更新日:2018/04/23    
【速報】スズキ、新型エルティガをIIMS2018で発表

【速報】スズキ、新型エルティガをIIMS2018で発表

2018年4月19日から29日までインドネシア・ジャカルタで開催中のIIMS2018(インドネシア・インターナショナル・モーターショー)で新型Ertiga(エルティガ)を...

更新日:2018/04/24    
ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

タイヤの側面が白くなっている、または白いラインがぐるっと丸く入っているタイヤのことを「ホワイトウォールタイヤ」「ホワイトリボンタイヤ」と言います。クラシックカーなどでは現...

更新日:2018/04/17    
青を使ってないのに青く見える!? レクサスLCの塗装の秘密

青を使ってないのに青く見える!? レクサスLCの塗装の秘密

通常、自動車のボディカラーは、青色なら青、赤色なら赤の顔料を主原料にしています。ところが、レクサスLCの限定モデルに採用されたストラクチュアルブルーは、青色の顔料を使わず...

更新日:2018/04/20    
カッコイイのに...日の目を見ることのなかったスポーツカーたち

カッコイイのに...日の目を見ることのなかったスポーツカーたち

カテゴリーという概念がなかった初期の自動車に、スポーツカーというカテゴリーを創出したのは1913年にデビューした、イスパノ スイザだったそうです。その後、多くのスポーツカ...

更新日:2018/04/20    
横風に負けない!クルマが横に流されにくくなる対処法

横風に負けない!クルマが横に流されにくくなる対処法

高速道路を走っているとき、突然の強い横風によってクルマが流されることがあります。特にミニバンや背の高い軽自動車は、この横風の影響を受けやすくなっています。今回は、横風を受...

更新日:2018/04/20    
ハンドルはまっすぐなのに!どうして左右に流れていっちゃうの?

ハンドルはまっすぐなのに!どうして左右に流れていっちゃうの?

ハンドルをまっすぐにしているのに、クルマが勝手に左右に流れていってしまう。こんな現象に遭遇したことはありませんか?わずかな片流れでも、気になり始めたらストレスが溜まってし...

更新日:2018/04/25    
【プロフェッサー武田の試乗記】懐古派ジャガー愛好家、良い意味で裏切られた4気筒ターボ「F-TYPE」

【プロフェッサー武田の試乗記】懐古派ジャガー愛好家、良い意味で裏切られた4気筒タ...

1922年に「スワロー・サイドカー」として創業して以来、あと数年で100周年を迎えようとしているジャガー。その長い歴史の中で創造された「最高傑作」と言えば、筆者を含む多く...

更新日:2018/04/24    
中国の2億円のSUV!? 防弾仕様もあるらしいKarlmann Kingって?

中国の2億円のSUV!? 防弾仕様もあるらしいKarlmann Kingって?

2017年11月に開催されたドバイ国際モーターショーでお披露目され、その後世界を騒然とさせた1台のSUV。それが、形も値段も超弩級の「Karlmann King(カールマ...

更新日:2018/04/23    
メーカー純正装着のホイールとアフターマーケット向けホイールに違いはあるの?BBSジャパンに聞いてみた!

メーカー純正装着のホイールとアフターマーケット向けホイールに違いはあるの?BBS...

プレミアムアルミホイールメーカーBBSジャパンから生み出される鍛造アルミホイール。アフターマーケットでも絶大な人気を誇る他、高級車にも純正で装着されています。ではアフター...

更新日:2018/04/12    
ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

タイヤの側面が白くなっている、または白いラインがぐるっと丸く入っているタイヤのことを「ホワイトウォールタイヤ」「ホワイトリボンタイヤ」と言います。クラシックカーなどでは現...

更新日:2018/04/17    
トヨタではなく、"トヨダ"だった!トヨタ初の生産型乗用車「トヨダAA」とは?

トヨタではなく、"トヨダ"だった!トヨタ初の生産型乗用車「トヨダAA」とは?

豊田自動織機製作所(現在のトヨタ自動車)初の生産型乗用車が『トヨダ AA』です。そう、発表時の社名(車名)はトヨタではなく、”トヨダ”でした。お値段3,350円(名古屋店...

更新日:2018/04/17    
3点式シートベルトを世界で初めて採用した車「ボルボ PV544」

3点式シートベルトを世界で初めて採用した車「ボルボ PV544」

ボルボは高い安全性で知られる自動車メーカーで、世界に先駆けた先進の安全装備を長年にわたって世に送りだしてきました。いまや自動車安全装備のスタンダードとなった3点式シートベ...

更新日:2018/04/17    
マイバッハG650ランドレー、メルセデス・ベンツGクラスとどう違う?

マイバッハG650ランドレー、メルセデス・ベンツGクラスとどう違う?

2017年2月、人気のオフロード4WD「Gクラス」のバージョンのひとつとして登場した「メルセデス・マイバッハG650ランドレー」。G63AMG 6×6を彷彿とさせるスタイ...

更新日:2018/04/17    
“足りない”がNA型の魅力。僕は初代ロードスターの中古車を自分好みに変えた

“足りない”がNA型の魅力。僕は初代ロードスターの中古車を自分好みに変えた

マツダ・ロードスターと言えば、世界中の人々を魅了してきたオープン2シータースポーツです。すでに4代目となっていますが、いまだ輝きを失っていないのが、初代NA型です。そして...

更新日:2018/04/17    
8万キロ、価格50万円!コスパ最強の非日常を味わうートヨタ MR-Sの中古車を選択

8万キロ、価格50万円!コスパ最強の非日常を味わうートヨタ MR-Sの中古車を選...

私はずっと2シーターの車に憧れを抱いていました。そこには、利便性を排除し、走りに特化された車へのロマンがあります。そんな2シータースポーツカーの中で、私が最初に選んだのは...

更新日:2018/04/16    
今こそもう一度見つめたいオリジナル・ゲレンデ

今こそもう一度見つめたいオリジナル・ゲレンデ

メルセデス・ベンツ Gクラスが約40年ぶりにモデルチェンジというニュース。ロングライフモデルがモデルチェンジするときに、嬉しさと共に寂しさも感じますが、「ついにその時が来...

更新日:2018/04/13    
高速道路の看板で見かける「 i 」マーク。これってなに?

高速道路の看板で見かける「 i 」マーク。これってなに?

ピクトグラムという言葉をご存知でしょうか?馴染みのあるところだと、デパートや駅などのトイレの案内板に描かれてる人形のマークのことです。文字よりも視覚的に表現することで、情...

更新日:2018/04/13    
見たことある?グーグル ストリートビュー撮影車

見たことある?グーグル ストリートビュー撮影車

グーグルマップには道路がパノラマで表示される「ストリートビュー」という機能が備わっています。その画像データの収集には、実際にカメラを積んだ自動車で撮影しています。あなたは...

更新日:2018/04/13    
【高山正寛のテレマティクス Now!】キャデラックXT5クロスオーバー、初期とは比較にならない「CUE」の大幅な進化

【高山正寛のテレマティクス Now!】キャデラックXT5クロスオーバー、初期とは...

キャデラックXT5クロスオーバーは大ヒットモデルとなったSUV「SRX」の実質後継モデルである。このSRX、2012年にキャデラックの新しいインフォテインメントシステムで...

更新日:2018/04/23    
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives