クルマ

クルマ本体についてのカテゴリーです。

関連するタグ -

約200万円のS660、購入する前に確認しておきたい4点と、”無限”の概要は?

約200万円のS660、購入する前に確認しておきたい4点と、”無限”の概要は?

発売がずっと噂されていたホンダの新型軽自動車、S660が遂に発売されました!どんな車なのか、チェックしましょう!

更新日:2017/07/10    
GT-Rを購入、維持していくために必要な年収はいくら?

GT-Rを購入、維持していくために必要な年収はいくら?

日本が世界に誇る、スポーツカー日産 GT-Rは多くの車好きにとって憧れの車。年間の維持費はどれくらいかかるのでしょうか?※2017年3月時点での情報です。

更新日:2017/07/13    
SUVとRVの違いとは?ランドクルーザーはどっちに分類される?

SUVとRVの違いとは?ランドクルーザーはどっちに分類される?

日本ではいわゆるアウトドアに向いてそうな見た目の大きな車を「SUV」や「RV」と呼びますよね。なんとなく使っているこの2つの名称ですが、SUVとRVにはどんな違いがあるの...

更新日:2017/07/10    
1500馬力3億円のブガッティ・シロン!どんな人たちが買ってるの?

1500馬力3億円のブガッティ・シロン!どんな人たちが買ってるの?

かつて世界最速の1台といわれた自動車といえばブガッティ ヴェイロンでした。その後継車がシロンです。エンジン出力も魅力ですが、ヴェイロンをさらに洗練させたスタイリングと、ラ...

更新日:2017/07/13    
RX-7(FD3S)の維持費はどのくらいかかるのか?

RX-7(FD3S)の維持費はどのくらいかかるのか?

国産スポーツカーとして、現在でも人気のあるマツダ(アンフィニ)RX-7。なかでもFDは、それまでのFRポルシェ路線から脱却し、独自のスポーツカースタイルを作り上げたモデル...

更新日:2017/12/04    
車のキーレスとスマートキーは何が違うのか?キーレスを最初に採用した国産車は?

車のキーレスとスマートキーは何が違うのか?キーレスを最初に採用した国産車は?

今や多くの車に標準装備されるキーレスエントリーシステム。その一方で、スマートキーは日々進化して、最近では車外からキーを操作して車庫入れをしてくれるシステムまで登場。

更新日:2017/03/16    
2018年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

2018年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

アメリカでは、製造から25年経過しなければ輸入できないというルールがあります。2017年から2018年かけて輸入解禁になることで、中古市場に影響を及ぼしそうな1992-1...

更新日:2017/12/13    
GT-Rのエンジン「RB26DETT」と「VR38DETT」の性格の違いとは?

GT-Rのエンジン「RB26DETT」と「VR38DETT」の性格の違いとは?

日産のRB26DETTとVR38DETT。ともにGT-R専用エンジンとして開発されながら、これほど性格の異なるエンジンは少ないかもしれません。かたや「制御された野獣」、か...

更新日:2017/07/12    
わずか197台生産の幻のGT-R「ケンメリ」はどんな車?

わずか197台生産の幻のGT-R「ケンメリ」はどんな車?

ケンとメリーと聞くと何を思い浮かべますか?もちろん「ケンメリ」ですよね!ケンメリの先代モデルであるハコスカも大変人気ですが、今回はケンメリをご紹介!また、たった4ヶ月の販...

更新日:2017/03/12    
ランボルギーニの人気モデル7選|ランボルギーニの新車/中古価格はいくら?

ランボルギーニの人気モデル7選|ランボルギーニの新車/中古価格はいくら?

1970年代、日本でスーパーカーブームが起こりました。火付け役の1台はランボルギーニ カウンタック。それまでの日本車では見たこともないスタイリングと跳ね上げ式のドア(シザ...

更新日:2017/03/31    
日産 GT-Rが、エンジンの手組みにこだわるワケ

日産 GT-Rが、エンジンの手組みにこだわるワケ

日本を代表するスポーツカー、日産 GT-Rのエンジンは、究極の走りを実現するために欠かすことのできない大事な要素の一つです。このエンジンの凄さは、設計・技術はもとより、熟...

更新日:2018/05/14    
新型フォレスター発表。注目すべきは、進化した中身

新型フォレスター発表。注目すべきは、進化した中身

スバルは、先のニューヨーク国際自動車ショーで、フルモデルチェンジした新型「フォレスター」を発表しました。第4世代の旧型フォレスターのデザインを踏襲しつつ、現行型「インプレ...

更新日:2018/04/23    
20年間お疲れ様ジムニー!新型はどんな姿になって登場する?

20年間お疲れ様ジムニー!新型はどんな姿になって登場する?

2018年2月いっぱいで受注を終了したスズキのSUV、ジムニーとジムニー シエラ。1998年の発売以来、20年間にわたって販売され続けてきた、超ロングセラーな名車です。次...

更新日:2018/04/21    
ヘリテージモデルをメーカーが出す理由

ヘリテージモデルをメーカーが出す理由

2008年の登場からすでに10年が経った日産 フェアレディZ。次期型のうわさも聞こえてきましたが、先日、現行モデルに「ヘリテージ・エディション」が追加され、2018年5月...

更新日:2018/04/16    
デザインモチーフはロケット!? キャデラック エルドラドってどんな車?

デザインモチーフはロケット!? キャデラック エルドラドってどんな車?

古き良きアメ車といえば、やたらと長い前後オーバーハングとリアのテールフィンが印象的でした。そのなかで、キャデラックが初めてデザインしたテールフィンは世界中で大流行し、ラグ...

更新日:2018/04/10    
名車・三菱GTOの弟分?「FTO」を覚えていますか?

名車・三菱GTOの弟分?「FTO」を覚えていますか?

1994年にデビューした三菱 FTOを覚えていますか?当時のミラージュのコンポーネントを使用したFF2ドアノッチバックのスペシャリティカーで、国産では初めてマニュアル操作...

更新日:2018/04/05    
再燃するか、好敵手の戦い!ジムニーvsパジェロミニ

再燃するか、好敵手の戦い!ジムニーvsパジェロミニ

この2月で20年の歴史に区切りを付けた、JB23/43型のジムニー。いよいよ夏前には新型が出そうです。名車となったこのジムニーには、かつて強力なライバルがありました。それ...

更新日:2018/04/03    
ランドクルーザーが世界100か国以上で長きにわたって愛される理由

ランドクルーザーが世界100か国以上で長きにわたって愛される理由

世界各地で大活躍している希代のワークホース「ランドクルーザー」。一般的な乗用車のライフサイクルが走行距離10万キロと言われる中で、ランドクルーザーはそれを軽く凌ぐ寿命を持...

更新日:2018/03/27    
なぜ日産 GT-Rは海外で人気なのか?

なぜ日産 GT-Rは海外で人気なのか?

2007年10月の第40回東京モーターショーで正式に発表され、同年12月に、国内販売が開始された日産 GT-R。発売から10年を経ていますが、いまだに進化を続け、日本はも...

更新日:2018/03/23    
迷ったらカムリ!? アメリカで年間40万台も売れるほど人気な理由

迷ったらカムリ!? アメリカで年間40万台も売れるほど人気な理由

昨年、モデルチェンジを行って話題を呼んだトヨタ カムリ。じつは、日本よりも海外で評価が高いモデルです。特に北米では定番の車で、どのトヨタ車よりも売れ続けているという実績が...

更新日:2018/03/20    
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives