セダン

各メーカーのセダンについての特集ページです。

新着まとめ

その歴史は半世紀以上!クラウンやランクルなど…歴史の長い国産車6選

国産車のなかで歴史が長い車種、とりわけ半世紀以上にもわたって発売されてきた車種を紹介します。50年以上も発売され続けるということは、それだけ長い間多くの人々に愛される理由があるようです。

騒音エネルギーを32%低減。史上最高の静粛性を誇るプレミアムタイヤ『ヨコハマ ADVAN dB V5...

走行時、エンジン音の少ないHVやEVの需要がふえるにつれて、タイヤにはより高い静粛性が求められるようになっています。そんな時代のニーズに答えるため、横浜ゴムの高性能タイヤブランド「アドバン」から、史上最高の静粛性を実現したプレミアムタイヤ『ADVAN dB V552(アドバン・デ...

自動アイドリングストップや地図型ナビなど…日本がつくった「世界初」のシステムたち

今回は、自動車に使われている日本から登場した「世界初」の技術を紹介します。そのなかには、こんなものまで!? というシステムもあります。それでは見てみましょう!

新型センチュリー、フェンダーミラーはなぜ消えた?

東京モーターショー2017で、トヨタは来年発売予定の新型センチュリーを発表しました。ひと目でセンチュリーとわかる外観ですが、従来型と異なるのはドアミラーの採用。新型センチュリーにフェンダーミラーは、用意されないのでしょうか。

トヨタマーク一切なし!センチュリーが鳳凰のエンブレムを冠する理由

東京モーターショー2017にて、新型センチュリーがついに世界初公開されました。センチュリーといえば、トヨタの最高級乗用車の代名詞ですが、トヨタの文字はどこにも見当たりません。なぜ、センチュリーにはトヨタのマークがないのでしょうか?

「ケンメリ」でお馴染みのスカイライン。シリーズでもっとも売れたC110とは?

現在もなお、多くの人を魅了し続ける日産 スカイライン。日産だけではなく、日本を代表するモデルと言っても過言ではありません。その長い歴史のなかで”もっとも売れたスカイライン”が、ケンメリの愛称でもお馴染みの4代目です。

かつて国産最速セダンと言われた車!トヨタ アリストって?

1991年に登場したトヨタ アリストは、クラウンが弱かった若者層に向けたモデルで、日本国外では、レクサスブランドからGSとして販売されたモデルです。当時、スープラと同じトヨタ最強の直6 3.0Lツインターボエンジンを搭載したアリストとは、どのようなモデルだったのでしょうか?

最新モデル派?旧車派?あなたが人生最後に乗りたい車はなんですか?

あなたは、人生最後の1台にどんな車を選びますか?2017年版人生最後の1台を、筆者の独断と偏見で選んでみました。

グッバイV12…次期センチュリーはどんな車に?

トヨタは、2017年10月25日から11月5日まで開催される、第45回東京モーターショー2017において、3代目となる新型センチュリーを初披露すします。はたして、どのような車になったのでしょうか。

センチュリーのタクシーがあるって知ってますか?

東京モーターショー2017で、お披露目される予定の次期センチュリーは、トヨタのみならず国内最高級車の新型としての話題で持ちきりです。そんなセンチュリーの2代目モデルが、2017年2月4日をもって販売終了となりましたが、そのタクシーモデルが街で走っていると言うのです。果たして本当な...

お金がなくてもスポーツカーに乗りたい!お手頃国産スポーツカー10選

フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンといった欧州高級スポーツカーは、やはりカッコいいですよね。しかし金額が高い!それでもスポーツカーもしくは、それに準じたクルマに乗ってみたいということであれば、お勧めは国産車です。そこで今回は、国産のお手軽にスポーツ気分を味わえるクルマを紹介...

新型比較!メガーヌとシビック タイプR、どちらを買う?

2018年導入予定のルノー メガーヌR.S.と、ひと足早く発売されたシビック タイプR。両車は、FF最速カーを目指してつくられているモデルです。あなたなら、どちらを買いますか?

新型クラウンのコンセプトモデルを公開!新型はどんな車になるのか?

トヨタを象徴するモデルとも言えるクラウンの初代モデルが登場したのは、1955年のこと。それから60年以上、次期型でなんと15代目となります。クラウンの歴史は、トヨタの歴史そのものと言っても過言ではないでしょう。今回は、新型クラウンのコンセプトモデルを紹介します。

観音、涙、クジラ…クラウンの愛称覚えていますか?

東京モーターショー2017において15代目がローンチされる日本の名車トヨタ クラウン。初代トヨペット クラウンの発売(1955年)から現在まで、各世代にさまざまな愛称が付けられています。みなさんは覚えていますか?

生産台数554台の美しき名車、初代「シルビア」…なぜ生産台数が少なかったの?

1965年に発売された初代日産 シルビアは、欧州の香り漂う非常に美しいモデルでした。しかし生産台数はわずか554台…。現存している台数も極めて少ない稀少車といえるでしょう。そんな美しい名車について触れてみます。

600馬力超え!世界最速セダンとなったスバル WRX STIってどんな車?

スバル WRX STIが、ドイツのニュルブルクリンクサーキット旧コースで、6分57秒5というタイムをマークし、4ドアセダン最速の称号を手に入れました。このタイムは、ポルシェ918スパイダーにも匹敵するタイムです。はたして、どんなチューニングがなされたWRXなのでしょうか?

あなたは知ってますか?4WDかつ4WSの車

現代で4WDから想起するのは、日産 GT-R、ランボルギーニ、アウディなどのハイパフォーマンスカーでしょう。そして4WSと言われると、なにやらマニアックでスポーティーな車に搭載されているイメージです。では、この2つのシステムを搭載した車種はあるのでしょうか?

アウディの4WD「quattro(クワトロ)」が2度も世間を驚かせた理由

現在は、VWグループとなっているアウディの創業は、1909年のことでした。1932年には、4つの自動車メーカー(アウディ、DKW、ホルヒ及びヴァンダラー)を統合したことで、現在にいたる4リングスのエンブレムが完成。新しくアウトウニオンAGが創設されます。その後、大戦を経て1964...

丸の内20代OLに聞いた、お父さんに乗って欲しい車5選

皆さんも、免許取り立ての時は、お父さんやお母さんのクルマを借りて、友達を乗せてドライブに出かけたり、デートに行ったりしたことでしょう。そんなとき、ちょっといい車だったりすると鼻が高かったものです。そこで今回は、丸の内20代OLに「お父さんにどんなクルマに乗って欲しい」のか、ヒアリ...

復活が噂されるシルビア、そもそもなぜ販売中止になったの?

日産が東京モーターショー2017に出品すると噂のe-POWERスポーツカーですが、情報が錯綜しているようです。2ドアとも4ドアとも言われ、2ドアはかつての人気車「シルビア」を名乗るとも聞こえてきます。ところで、どうしてシルビアは2002年に生産中止となったのでしょうか。

ピックアップまとめ

将来乗りたい高級セダン第1位!レクサスGSとは

レクサスは2014年に誕生から25年を迎えました!その始まりはアメリカでしたが、2005年には日本に逆輸入。その日本展開と共に登場したのがレクサス GSです。今回は10周年を迎え、現在4代目となるレクサス GSを取り上げていきます。

アリストやセド/グロ…浪漫にあふれた90年代の名セダン車たち

アリストやセド/グロなど、90年代懐かしのセダン車。今回はその中からいくつかをピックアップしてご紹介します。今でも乗りたい、格好良いクルマばかりです。

フーガとシーマ、あなたはどっち?日産発の高級セダン特集

日産のフラッグシップ車『フーガ』、一度生産中止になって復活した『シーマ』日産が繰り出す高級セダンを特集します。

クラウンVSセドグロ。バブル前夜から繰り広げられた熾烈な戦い!

日本という国が豊かになってきた昭和50年代後半から平成にかけて数年間。富の象徴とも言えるハイオーナーカーの人気が高まり、その開発、販売合戦も熾烈を極めました。特にクラウンとセドリック・グロリアは国内二大メーカーを代表する高級乗用車として常にライバル同士でした。新技術をぶつけ合い、...