セダン

各メーカーのセダンについての特集ページです。

新着まとめ

マツダ アテンザが国外ではMazda 6と呼ばれる理由とは?

マツダ アテンザは欧米では「Mazda 6」という車名で呼ばれています。日本での車名と海外での車名が異なる例は珍しくありませんが、「Mazda 6」はどのような経緯で車名がつけられたのでしょうか?

アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

「鼓動デザイン」を導入したマツダは、生まれ変わったようにそのクルマづくりが高く評価されています。もちろん、マツダは以前から特徴あるクルマづくりを行っており、急に品質が向上したというわけではありません。しかしそれだけ好印象のメーカーに躍進した理由の一端はやはり、”デザイン”なのでは...

トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

社用車、あるいは公用車…これらはなんとなく「黒塗りのクラウン」なんてイメージが強いのではないでしょうか。それと困った時に頼れるタクシー。これも旧型のクラウンが多い…なんて印象。これはなぜなのでしょうか?

R32GT-Rがアメリカへ流出!?"25年ルール"で90年代の国産スポーツカーが消えていく?

現在日本では、80~90‘sスポーツカーの残存台数が激減・高騰状況となっています。理由は様々あるわけですが、その一つに挙げられるのが「海外への流出」です。

クラウンのエンブレムはなぜ王冠?その理由と時代背景

日本における高級車の歴史は、クラウンとともに歩んできたといっても過言ではありません。「いつかはクラウン」という言葉通り、60年以上にわたって日本人のための高級車として、車を所有する多くの人々の憧れの車であり続けています。クラウンのフロントグリルにはCROWN(王冠)を意味する王冠...

税金が高くてコストがかかる大排気量車…あえて所有するメリットとは?

今や車のエンジンと言えばエコや低燃費など時代はすっかり環境性能を優先しており、国産車も輸入車もダウンサイジングが主流となりました。大排気量でなくともパワフルでしかも燃費が良いとなると、もはや排気量は不要の時代となったのでしょうか?いいえ、まだまだ一部のメーカーや車種のトップグレー...

所有欲が掻き立てられる…厳選!レクサスの人気モデル10選

今回はトヨタの高級ブランド、レクサスの人気モデルを10種類集めてみました。誰もが憧れるレクサス…一体どんなモデルが登場するのでしょうか…!?

カーデザイナー和田智氏がデザインした車5選

カーデザイナー兼プロダクトデザイナーである和田智氏を知っていますか?現在は独立をしてSWdesignを主宰する和田氏は、1983年に日産自動車に入社し、98年にはドイツのアウディに移籍、数々の車のエクステリアデザインを担当してきました。日本人が海外で活躍するというのは私たちからし...

日産の名車「ブルーバード」の歴史を辿る!

日産 ブルーバードといえば、文字通り「一時代を築いた」モデルです。1959年から2001年まで販売され、その後は、サニーをベースに開発されたブルーバード シルフィへと移行2012年に、車名からブルーバードが取れるまで、50年以上に渡って生産されてきました。その歴史に迫ってみましょ...

どのレクサスを買う?レクサスCTとGSの販売が好調!

トヨタが展開している高級ブランド「レクサス」。その始まりは1989年にまで遡ります。北米市場での成功を目的に立ち上げたブランドですね!今回はアメリカではなく、日本で売れているレクサスの車種をご紹介します。

レクサスGSは先代モデルの中古車が買い時?新車価格と比較!

ブランド価値をも左右するミドルクラスサルーン。販売台数も一定数確保できるうえに、車両本体価格も高めに設定されていることから、メーカーにとってもうまみのあるモデルと言えます。そのため各メーカーは、開発にしのぎを削っており、そこに満を持して、比較的安価な価格設定で投入されたのがレクサ...

スカイラインGT-Rのライバル車、トヨタ チェイサーはなぜ未だに人気なのか?

日産 スカイラインはスポーツサルーンとして不動の地位を築き上げました。なかでもGT-RはR32型を中心に熱烈な支持を得ています。しかしトヨタも黙ってはいませんでした。同じクラスのチェイサーはもともと俊足サルーンという位置付けでしたが、ターボエンジンの搭載やキャラクターの明確化など...

最後のセルシオ…30系セルシオの中古車は本当にお買い得なのか?

国内でセルシオがレクサスLSに移行して早10年。最新のセルシオでも平成18年式で、最終年式は数も少ないです。とはいえ中古車としてはいよいよもって値ごなれが進みつつあります。高嶺の花だったセルシオ。もしかしたら今が手にするチャンスかもしれません!

クラウンやセドリックの激安中古車…それって本当にお買い得?

中古車情報を見ているとどうしても目がいってしまう「激安物件」。しかもそれがクラウンやセドリックなどの高級車だったりすると「本当に大丈夫なの?」といった気持ちにさせられてしまいますよね。事故車じゃないか、メーター戻していないか…そんな想像もしてしまう激安高級車ですが、実際はどうなの...

【完全版】なぜマークⅡはマークXへ?スペック・燃費・中古価格まとめ

かつて、トヨタにはマークⅡという上級ファミリーカーが存在し、バブル景気に沸いた頃には「ハイソカー」と呼ばれ中流層のハートを掴み、販売ランキングの上位を争うような売れ行きを示しました。しかし時代とともにマークⅡはその勢力を弱め、2005年、新たにマークXに改名しリニューアルを図るこ...

BMW 3シリーズってどんな車?魅力や燃費、中古相場について

BMWの中での売れ筋モデルでもあり日本国内でも高い人気を誇る3シリーズ。そんな3シリーズの初代から現行モデルまでどのような車種が販売されてきたのかそれぞれの概要をご紹介します。また、現行モデルの気になる安全装備や燃費性能、中古車価格相場についても詳しく見ていきます。

安全面はピカイチ!新型メルセデスEクラスの最先端技術とは?

日本では2016年7月にモデルチェンジした新型メルセデス・ベンツEクラスですが、その先進技術を使った運転支援システムなど、安全面での装備充実が目立つと話題です。一方、ライバルであるBMW5シリーズ、アウディA6もモデルチェンジのタイミングで追撃してくるのは明らかです。Eクラスの安...

ついに登場!ビジネスアスリートたちへ送るニューBMW5シリーズ

BMWジャパンは2017年1月12日にニューBMW5シリーズを日本で発表しました。ミドルクラスセダンの5シリーズは実に7年ぶりとなるフルモデルチェンジで、ボディの軽量化や燃費、ドライバー支援システムがポイントです。

【対立比較】BMW 3シリーズとレクサス ISどちらが買い?新型3シリーズ情報

国産プレミアムブランドであるレクサスと日本におけるドイツのプレミアム御三家の1つであるBMW。両社のコンパクト~ミドルクラスで販売のボリュームゾーンにも入る、「IS」と「3シリーズ」。この2モデルの特長やターゲットとするユーザー層はどのようなものなのでしょうか?

覆面パトカーにはどのような車種が多いのか?その見分け方は?

高速道路や幹線道路を気分良く走っていると後ろから迫ってくる普通のセダン。しかし瞬く間に赤灯を点滅させハイビームで照らされればメガホンで「はーい、運転手さん!左に寄せてくださいねー!」という声にハッと我に返る…そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんな油...

ピックアップまとめ

将来乗りたい高級セダン第1位!レクサスGSとは

レクサスは2014年に誕生から25年を迎えました!その始まりはアメリカでしたが、2005年には日本に逆輸入。その日本展開と共に登場したのがレクサス GSです。今回は10周年を迎え、現在4代目となるレクサス GSを取り上げていきます。

アリストやセド/グロ…浪漫にあふれた90年代の名セダン車たち

アリストやセド/グロなど、90年代懐かしのセダン車。今回はその中からいくつかをピックアップしてご紹介します。今でも乗りたい、格好良いクルマばかりです。

フーガとシーマ、あなたはどっち?日産発の高級セダン特集

日産のフラッグシップ車『フーガ』、一度生産中止になって復活した『シーマ』日産が繰り出す高級セダンを特集します。

クラウンVSセドグロ。バブル前夜から繰り広げられた熾烈な戦い!

日本という国が豊かになってきた昭和50年代後半から平成にかけて数年間。富の象徴とも言えるハイオーナーカーの人気が高まり、その開発、販売合戦も熾烈を極めました。特にクラウンとセドリック・グロリアは国内二大メーカーを代表する高級乗用車として常にライバル同士でした。新技術をぶつけ合い、...