セダン

各メーカーのセダンについての特集ページです。

新着まとめ

センチュリーやメルセデスSLKなど…100万円でどんな中古車が買える?

車を買うなら安い中古車にしようと考えている人は多いと思いますが、100万円の予算があるとしたらどんな車が購入できると思いますか?いまや軽自動車でも、新車なら150万円以上という車両も少なくありませんから、100万円はあまり夢のない数字のようにも思えます。しかし、中古車マーケットを...

ミニバンから軽まで、多くのユーザーが欲しいアルミホイールを突き詰めたドルフレン・フィニートに注目

ホイールのデザインは、複雑になるほど難しく、シンプルになるほど没個性的になります。ドレスアップを前提としたカスタムでは、できれば似ているものがない個性の強さと、野暮にみえない洗練されたデザインが求められます。そんなワガママなオーナーの期待に応えるホイールを紹介しましょう。

ドリフトのやり方って?おすすめな車はシルビアやアルテッツァ?

Driftとは、"漂う、流れる"という意味の英語ですが、『ドリフト走行』は単にオシリを滑らせて走るだけではなく、漂いつつも上手にアクセルやステアリング、ブレーキ、クラッチペダルなどをコントロールしながらのスポーツ走行を意味します。「イニシャルD」の人気もあって、ド...

新車当時、日陰者だったF31レパードが人気。その理由とは?

F31レパードは、現在でこそ人気車種のひとつですが、新車当時はトヨタ ソアラの陰に隠れ、販売は伸び悩みました。ソアラという存在が大きすぎたこともありますが、当時の日本人には少し地味に映った面もあるかもしれません。そんなレパードが、どうやって現在の人気を得ていったのでしょうか?探っ...

インプレッサとランエボ…世界で勝つために造られた両者の決定的な違いとは?

スバル インプレッサと三菱 ランサーエボリューション。この2台は、長年しのぎを削ってきたライバルでした。サイズ、排気量、値段など、共通項がたくさんあるのは周知の事実ですが、その両車にはいったいどんな違いがあるのでしょうか。

高度経済成長の結晶!ソアラはなぜ人々に求められたのか?

世の中がバブル景気であったとはいえ、年間4万台を売り上げ、ランキングトップ10に顔を出すことも1度や2度ではなかったトヨタの高級車2代目ソアラ。そういった高級パーソナルカーがもてはやされ、売れたことは、今の感覚では少し理解できないところがあります。あの時代はいったい何が内在し、ソ...

FFとFR。それぞれの旋回性能はどんな特徴があるのか?

FFとはフロントエンジン・フロントドライブ(前にエンジンが置かれて、前輪を駆動)、FRとはフロントエンジン・リアドライブ(前にエンジンが置かれて後輪を駆動)のことです。それぞれの旋回性能はどのような特徴があるのでしょうか?

GT-Rを中古で買う際の注意点とは?

日本を代表するGT-Rオーナーを夢見て、中古車を検討中の方はいらっしゃいませんか?GT-Rを中古で買うにあたって、注意すべき点をまとめてみました。

質実剛健を具現化したアルミホイール「アヌヴィアス」

トピー実業がアフターパーツ向けに展開しているブランド「アヌヴィアス」は、デザイン性を重視した同社のアート系ブランド。他車とは違った個性を愛車の足もとに求めるオーナーには、お勧めのホイールなのです。

その歴史は半世紀以上!クラウンやランクルなど…歴史の長い国産車6選

国産車のなかで歴史が長い車種、とりわけ半世紀以上にもわたって発売されてきた車種を紹介します。50年以上も発売され続けるということは、それだけ長い間多くの人々に愛される理由があるようです。

騒音エネルギーを32%低減。史上最高の静粛性を誇るプレミアムタイヤ『ヨコハマ ADVAN dB V5...

走行時、エンジン音の少ないHVやEVの需要がふえるにつれて、タイヤにはより高い静粛性が求められるようになっています。そんな時代のニーズに答えるため、横浜ゴムの高性能タイヤブランド「アドバン」から、史上最高の静粛性を実現したプレミアムタイヤ『ADVAN dB V552(アドバン・デ...

自動アイドリングストップや地図型ナビなど…日本がつくった「世界初」のシステムたち

今回は、自動車に使われている日本から登場した「世界初」の技術を紹介します。そのなかには、こんなものまで!? というシステムもあります。それでは見てみましょう!

新型センチュリー、フェンダーミラーはなぜ消えた?

東京モーターショー2017で、トヨタは来年発売予定の新型センチュリーを発表しました。ひと目でセンチュリーとわかる外観ですが、従来型と異なるのはドアミラーの採用。新型センチュリーにフェンダーミラーは、用意されないのでしょうか。

トヨタマーク一切なし!センチュリーが鳳凰のエンブレムを冠する理由

東京モーターショー2017にて、新型センチュリーがついに世界初公開されました。センチュリーといえば、トヨタの最高級乗用車の代名詞ですが、トヨタの文字はどこにも見当たりません。なぜ、センチュリーにはトヨタのマークがないのでしょうか?

「ケンメリ」でお馴染みのスカイライン。シリーズでもっとも売れたC110とは?

現在もなお、多くの人を魅了し続ける日産 スカイライン。日産だけではなく、日本を代表するモデルと言っても過言ではありません。その長い歴史のなかで”もっとも売れたスカイライン”が、ケンメリの愛称でもお馴染みの4代目です。

かつて国産最速セダンと言われた車!トヨタ アリストって?

1991年に登場したトヨタ アリストは、クラウンが弱かった若者層に向けたモデルで、日本国外では、レクサスブランドからGSとして販売されたモデルです。当時、スープラと同じトヨタ最強の直6 3.0Lツインターボエンジンを搭載したアリストとは、どのようなモデルだったのでしょうか?

最新モデル派?旧車派?あなたが人生最後に乗りたい車はなんですか?

あなたは、人生最後の1台にどんな車を選びますか?2017年版人生最後の1台を、筆者の独断と偏見で選んでみました。

グッバイV12…次期センチュリーはどんな車に?

トヨタは、2017年10月25日から11月5日まで開催される、第45回東京モーターショー2017において、3代目となる新型センチュリーを初披露すします。はたして、どのような車になったのでしょうか。

センチュリーのタクシーがあるって知ってますか?

東京モーターショー2017で、お披露目される予定の次期センチュリーは、トヨタのみならず国内最高級車の新型としての話題で持ちきりです。そんなセンチュリーの2代目モデルが、2017年2月4日をもって販売終了となりましたが、そのタクシーモデルが街で走っていると言うのです。果たして本当な...

お金がなくてもスポーツカーに乗りたい!お手頃国産スポーツカー10選

フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンといった欧州高級スポーツカーは、やはりカッコいいですよね。しかし金額が高い!それでもスポーツカーもしくは、それに準じたクルマに乗ってみたいということであれば、お勧めは国産車です。そこで今回は、国産のお手軽にスポーツ気分を味わえるクルマを紹介...

ピックアップまとめ

将来乗りたい高級セダン第1位!レクサスGSとは

レクサスは2014年に誕生から25年を迎えました!その始まりはアメリカでしたが、2005年には日本に逆輸入。その日本展開と共に登場したのがレクサス GSです。今回は10周年を迎え、現在4代目となるレクサス GSを取り上げていきます。

アリストやセド/グロ…浪漫にあふれた90年代の名セダン車たち

アリストやセド/グロなど、90年代懐かしのセダン車。今回はその中からいくつかをピックアップしてご紹介します。今でも乗りたい、格好良いクルマばかりです。

フーガとシーマ、あなたはどっち?日産発の高級セダン特集

日産のフラッグシップ車『フーガ』、一度生産中止になって復活した『シーマ』日産が繰り出す高級セダンを特集します。

クラウンVSセドグロ。バブル前夜から繰り広げられた熾烈な戦い!

日本という国が豊かになってきた昭和50年代後半から平成にかけて数年間。富の象徴とも言えるハイオーナーカーの人気が高まり、その開発、販売合戦も熾烈を極めました。特にクラウンとセドリック・グロリアは国内二大メーカーを代表する高級乗用車として常にライバル同士でした。新技術をぶつけ合い、...