オープンカー

各メーカーのオープンカーについての特集ページです。

新着まとめ

【完全版】MR2の中古価格・カスタム事情は?北米で900馬力MR2が誕生!?

いまだに多くの人が忘れられないであろうトヨタ MR2。日本の自動車メーカー初の市販ミッドシップ車と言う事で、多くの車好きから愛されたモデルです。その特徴とともに、中古車市場もあわせてチェックしてみましょう。また、北米等ではエンジンスワップし、ハイパワーを得るカスタムが盛んですが、...

【東京オートサロン 2017】マツダ車のチューニングに拘りをみせるKNIGHT SPORTS

一瞬、MAZDAのブース!?と見紛うほど、レッドのマツダ車で彩られていたのがKNIGHT SPORTS。マツダ車チューンのパイオニアとしての誇りを感じるブースでもありました。

【東京オートサロン 2017】マツダが自信を持って送り出す新型CX-5…ロードスターカップカー仕様も...

東京オートサロンはカスタムカーの祭典でありますが、近年ではメーカーも新型車発表の機会ともしてるのは周知のこと。マツダブースでは新型CX-5が、メインステージに鎮座していたのです。

【東京オートサロン 2017】まさかの「グラチャン」仕様も!?軽の楽しさを発信する「KLC」

Spiegelと隣接するブースで楽しいK-CARを発信していたのが「KLC」。今回は遊び心あふれるアルトと先代コペンを出展しています。

「魂動(こどう)」から考える今後のマツダデザインの方向性は?

デザインテーマ「魂動(こどう)」を取り入れてから、マツダのクルマづくりは大きく変わったといえます。折しも新型CX-5も発表され、ますます進化を続ける「マツダデザイン」。今後の方向性は…?※一部誤った表現があったため修正致しました。(2017年1月11日)

マツダが魅せた造形美…ロードスターRFとは?

2015年に発売された4代目マツダ ロードスターは、ファンの期待を裏切らぬ出来栄えで好意的に受け入れられています。しかしマツダはここで手綱を緩めず、ハードトップ仕様の「ロードスターRF」を投入、12月22日に販売をスタートさせたのです。

2016年発売!ネット上で話題となった車トップ5

2016年も間もなく終わろうとしていますが、振り返れば今年も話題となった車が多数ありました。今回は、その中でも特に注目度の高かった5台のクルマを取り上げてご紹介したいと思います。

マツダ ロードスターRF 遂に公式発表!ロードスターとどう違う?

ワールドカー・オブ・ザ・イヤーとワールドカー・デザイン・オブ・ザ・イヤーのダブル受賞という偉業を成し遂げたマツダのロードスター。世界で最も生産された2シーターオープンカーとしてギネスにも認定されています。車は実用性が重視される時代の中、二人乗りで荷物もほとんど積めないオープンカー...

2016年、最もカラーデザインが良かった車は?「ロードスターRF」グランプリ受賞!

クルマ好きなら各種「カー・オブ・ザ・イヤー」は網羅していると思いますが、クルマの賞というものはいろんなものがあるようです。「オートカラーアウォード」と聞いて、聞きなれない賞だと思った方も多いかもしれませんが、その2016年度グランプリは、マツダ ロードスターRFが受賞しました!

Vol.7 24歳独身男性会社員!デイトナ、ポルシェを持っていても…小金持ちの葛藤と呪縛

以前にも書いた記憶があるが、僕は22歳の新入社員のタイミングでロレックスのコスモグラフ デイトナを購入し、2年目でベルベストのジャケットやグッチのスーツ、流行りのクロケットアンドジョーンズの靴などを買い続けてきた。それは、自己プロデュース的な意味合いもあるが、客観的に自分を見ると...

ロードスターと言えばガレージベリー、初代より作り続けた経験が織り成す、最新ロードスター専用エアロ

初代NAロードスターよりエアロパーツを作り続け、最新のNDロードスターでもその経験が生きる「WINDING DANCER」シリーズをリリースしているのが、埼玉県和光市のガレージベリー。東京オートサロン2016でその勇姿を見た人も多いのでは?

マツダ、SEMAショーにて新型ロードスター RF初のカスタムモデル「MX-5 RF KURO」を出展...

マツダは2016年11月に開催されたSEMAショーにて、2台のクールなMX-5(日本名ロードスター)を出展しました。1台は昨年の同ショーでもお披露目された、日本のロードスターファンを虜にした「スピードスター」のさらなる進化版「MX-5 スピードスターエボリューション」。そしてもう...

セカンドカーにはやはりオープンカー?維持費が安いオープンカー7選

オープンカーはニッチな乗り物というイメージが強いですが、マツダのロードスターやホンダのS660の登場により、少し身近に感じるようになったという人もいるのではないでしょうか?最近は肌寒い日が多くなりましたが、秋から冬にかけてが快適にオープンエアが楽しめる季節だったりもします。実用車...

「COPEN × D-SPORT」ディーラー専売のLA400Kコペン用パーツが予想以上に熱い!

自動車メーカー各社は傘下ブランドによる純正カスタマイズパーツをディーラーで販売しています。ダイハツには傘下ブランドこそ無いものの、トータルチューニングブランド「D-SPORT」が、現行LA400Kコペン用パーツを開発し、ダイハツディーラーとのタッグにも力を入れているのです。

Vol.2 24歳独身男性会社員が、ブルジョアに憧れて初めて購入する車

思いきり背伸びをして何かを手に入れたりすることが多い。ファッションでいえば、僕は中学1年生の頃に"裏原系”のブランドのジーンズやスウェットに数万円を費やしたり、新卒でサラリーマンとなって新品で購入したロレックスのコスモグラフ デイトナなどだ。一見、馬鹿げているようだが、そ...

ピックアップまとめ

ボクスター?TT?Z4?あなたはどのオープンカーを選ぶ?

春になるとオープンカーが気持ちいい!今回はボクスターとTTとZ4という大人の憧れのスポーツカーをそれぞれ比較してみました。

オープンカーに乗るとどんな苦労がある?それでもオープンカーに乗る醍醐味は?

スポーツカーの中でも、特別な存在であるオープンカー。しかし、車を購入する際になかなかオープンカーには手が出にくいのも事実でしょう。少し大きめのサンルーフなら…などと思ってしまう事もあるかもしれません。実際のところオープンカー乗るとどのような苦労と楽しさがあるのでしょうか。