クーペ

各メーカーのクーペについての特集ページです。

新着まとめ

インテグラ タイプRやスカイラインGT-Rなど…墓場まで持っていきたい車5選!

魅力溢れる車が開発され、毎月のようにリリースされています。しかし街を走っている車が新車ばかりかといえば、そうではありません。なかには、強いこだわりを持って古い車に乗られている方もいますよね。 今回は、一生乗り続けたい、あるいは墓場まで持っていきたいと思える車を、走行性能、人気、さ...

世界限定500台のLFAには前身となる車があった!? その車とは?

LFAとは、レクサスの超高級スポーツクーペです。美しいボディラインに惚れた方も多いと思いますが、じつはこのLFAには前身となる車があったのをご存知ですか?今回は、その元となったトヨタ 4500GTをご紹介します。

改造車に乗る中高年の「ヤンジー」が増加中!? 老後の車の楽しみ方とは?

高齢化が物凄いスピードで進む日本、「介護」、「高齢者のうつ」、取り巻く様々な問題があります。しかしその一方で好きな事のために大胆にお金を使う「やんちゃな」高齢者=「ヤンジー」?が増えているといえます。そんな中高年におけるクルマ事情に迫ってみましょう。

スカイラインを名乗れなかったGT-R…世界に1台しか存在しないモデル「GT-R LM」とは?

GT-R LMとは、世界でただ1台。ル・マン参戦のために1995年に開発、製造された公道を走れるロードゴーイングマシンです。こちらをベースにしたGT-Rはル・マン24時間を無事完走し総合10位という結果を残しました。どんな車だったのでしょうか?

80年代の象徴、リトラクタブルヘッドライトの国産名車5選

今ではすっかり下火になってしまったリトラクタブルヘッドライト。しかし、これが一大ブームとなっていた1980年代には数々の車種に採用されて、羨望の眼差しを集めていました。今回は忘れられないリトラクタブルヘッドライトの日本の名車5車をご紹介しましよう。

GT-Rをオープンカーにする企業が存在!! 気になる費用は?

メーカーのカタログには無いコンバーチブル(オープン)仕様の車両の多くは、コーチビルダーと呼ばれる工房で製作されます。そのなかには、メーカーから依頼を受けてカタログモデルを製作する会社から、ワンオフでオーナーの希望に応える会社まで。さまざまあるようです。そのなかに、日産GT-Rのオ...

16年間放置されたRX-7…搭載されたロータリーエンジンは果たして息を吹き返すのか?

長年動かさなかったクルマは、さまざまな箇所に劣化が押し寄せるもの。まずエンジンを始動することすら困難な状況になります。今回は、ベルギーで16年間放置されていたRX-7の顛末を紹介したいと思います。

カローラやマーチが1,000万円!? なぜシンガポールでは車がこれほど高いのか?

シンガポールでは自家用車の購入制限が厳しく、1台の価格でプリウス1,540万円、アコード1,300万円、カローラ1,000万円もの費用がかかるといわれています。その額は本当なのでしょうか?なぜそんなに高くなるのか、検証してみましょう。-----------------------...

旧NSXが「日本車で唯一のスーパーカー」と呼ばれた3つの理由

ホンダ 初代NSXは1990年に販売が始まり、2005年まで生産が続きました。約15年に渡って愛されてきたNSXは「日本車で唯一のスーパーカー」と呼ばれています。NSXがこのような誉れ高い称号を持っている理由とは何なのでしょう?

バブル期を象徴する名車 シーマ|一大旋風を起こしたシーマ現象とは何だったのか?

今では珍しくない国産3ナンバー車ですが、1980年代末頃までは国産3ナンバー車といえば、日産プレジデントやトヨタセンチュリーなど、法人・要人向けのいわゆるVIP車しかありませんでした。1988年に発売された日産シーマは国産初のパーソナルユース3ナンバー車。爆発的ヒットとなり「シー...

ポルシェ911カレラの中古車は新車と比べて得なのか?オススメモデルをピックアップ!

ポルシェ911カレラシリーズは最もベーシックなモデルとなる「911カレラ」(7MT)が1244万円で、最上級モデルは2000万円を超えています。相当な高嶺の花ではありますが、カレラシリーズは日本でも人気の高いモデルが多いため、中古車のタマ数が豊富なのもうれしいところ。中古車になる...

次期BRZには、ターボもSTIも設定されないのか?

トヨタと共同でスバルが開発した86/BRZ。世界中のスポーツカーファンが、諸手を挙げて歓迎したモデルといえるでしょう。その心臓部には、スバルWRXなどでお馴染みの水平対向エンジンが搭載されています。はたして、さらなるハイスペックモデルは登場するのでしょうか?

レクサスの販売台数過去最高!なぜレクサスは世界で受け入れられているのか?

レクサスは、4年連続で過去最高の販売台数を記録していることを発表しました。日本では2005年にブランドをスタートさせ、現在では高級イメージを定着させたといえます。そして世界を見渡しても、大きな支持を受けているのです。

アメリカでは300ZXが約1,000万円!? アメリカにおけるZの人気とは?

現在アメリカでは、日本製のスポーツカーが大人気です。なかでも日産フェアレディZは、アメリカの各地にオーナーズクラブができるほど、熱狂的なファンが多数存在しています。

カーボン製のホイール!? やっぱり走行性能アップするの?

足回りのカスタマイズの定番メニューとして挙げられるのが、ホイールの交換です。豪奢なアルミホイールには、鍛造と鋳造があり、それぞれにメリットがあります。また古くからレースで用いられているのが、マグネシウム。アルミよりも軽量で剛性も高いと言われます。このような多くのホイールがマーケッ...

頭文字D仕様と湾岸ミッドナイト仕様…果たしてどちらが速いチューニングなのか?

クルマでのバトルをテーマにした漫画は、いつの時代も存在するものです。中でも近年大成功した作品として、「頭文字D」と「湾岸ミッドナイト」の2つが挙げられます。それぞれカスタマイズしたクルマ達が躍動するストーリーですが、チューニングカーとして考えると、どちらの作品の方が速いチューニン...

ワイスピ7に登場した4億円のアラブ初スーパーカー、ライカン ハイパースポーツがスゴイ!最高時速は40...

サウジアラビアの会社Wモーターズによって、超高級なスーパーカーが作られました。このスーパーカー、なんとアラブ初!お金持ちが多そうなアラブで初めて作られたこのクルマ、とっても値段が高すぎる!億レベルの車、いったいどんなものなのでしょうか?ライカン・ハイパースポーツの魅力を探っていき...

インドに正規輸入できないトヨタ86…その理由は?日本にも同様の事例がある?

世界中で人気のトヨタ86ですが、インドでは正規輸入ができないそうです。どうしてダメなのでしょう?そこには、インドならではの事情がありました。

メーターのハイテク化が止まらない!アウディ、BMW、レクサスのメーターはどう変化する?

近年のクルマ作りは、エンジン性能や走り、居住性、といったベーシックな要素以外に、「情報の視認性」といった点も重視されるようになってきています。各メーカー、それぞれハイテク装備を用意してきております。

パトカーにも採用されたフェアレディZ…あなたはどの型がタイプ?

日産 フェアレディZは、GT-R同様、日本が世界に誇るスポーツカーです。現行モデルは2008年に発売された6代目となります。これまで数多くのフェアレディZが警察車両にも採用されてきました。

ピックアップまとめ

2000万円であなた専用のポルシェ911が手に入る?

21世紀に入って、ボクスター、カイエン、パナメーラ、そしてマカンとクーペのみならず様々なボディタイプの車を開発・販売してきたポルシェ。しかし、未だにポルシェ=911のイメージを持っている人も多いのでは?今回はそんなポルシェ911にフォーカスしていきます!

実はBMW 420iグランクーペのほうが安い?320iと420iグランクーペを比較!

BMWの中でも人気が高い3シリーズ。世界中のFRサルーンの基準とも言われております。また、現行型となるF30系はこれまでと同様に非常に出来が良く伝統の直6ではなく、直4ダウンサイジングターボが主体となりましたが、その走りの質感はBMWそのもの。BMWを欲しい…となると、まずは32...