M4GTSってどんな車?

パワーアップと軽量化を実現

M4GTS

このM4GTSはM4をベースに仕立てられたスペシャル仕様ですが、その内容を具体的に見てみましょう。大きなポイントはパワーアップと軽量化です。

パワーアップについては、M4の3.0L直6エンジンに市販車初となるウォーターインジェクションを採用しています。これはインテーク内に霧状の水を噴射し、その水の気化熱によって燃焼室の温度を下げてノッキングを抑制するというもの。

これによってターボのブーストを高めることができ、結果として500ps/6250rpm、61.2kgm/4000-5000rpmというパワー&トルクを達成。これは通常のM4よりも69ps、5.1kgmも高い数字です。

そして軽量化については、ボディの各部に軽量素材を採用しています。ボンネットやフロントスプリッター、リヤディフューザーなどはカーボン製ですし、角度調節可能な大きなリヤウイングはアルミ製ステーにウイング本体はカーボン製。インテリアはドア内張りやセンターコンソールを軽量化し、シートも軽量フルバケットを採用。内装だけでも通常モデルと比べて50%の軽量化を実現しています。

これらの変更でM4GTSはM4よりも80kgもの軽量化を達成し、0-100km/h加速は僅か3.8秒と、BMW市販車史上最速タイムをマークしているのです。

そして現代のスーパースポーツカーのひとつの指針となっているニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分28秒。ポルシェ911ターボの7分24秒には僅かに及びませんが、911ターボは540psでAWDですから、M4GTSのすごさが逆によくわかるというものです。

他の部分にもスペシャルチューンが施されています。サスペンションはフロント20mm、リヤ17mmのさらなるローダウンが可能なMコイルオーバー・サスペンション、7速M DCTドライブロジックにはローンチコントロールを搭載。

ブレーキローターはカーボンセラミック製で耐フェード性を高めながら軽量化も実現。マフラーはチタン製として通常より20%の軽量化を果たしています。また日本仕様にはアシッド・オレンジ塗装のロールケージと6点式シートベルトのクラブスポーツ・パッケージが標準装備されるので、購入してすぐにでもサーキット走行が楽しめますね。

このM4GTSは、世界でわずか700台の限定生産で、日本には30台が割り当てられるとのこと。1950万円という価格もすごいですが、間違いなくBMWの歴史に名を残すモデルとなることでしょう。

関連キーワード

この記事をシェアする