Mのボタンって何ですか?

快適な乗り心地よ効率の良いシフトチェンジ

「M」はエンジン・レスポンス、ダンパー減衰、パワーステアリングのアシスト量、M DCTの4つの項目を任意にセットできる機能を持っています。

これを使えば、例えばエンジン・レスポンスはスポーツに設定して気持ちのいいエンジンフィールを楽しみながら、街中ではダンパーとトランスミッションをノーマルに設定して快適な乗り心地と効率の良いシフトチェンジを味わう、ということが可能となるわけです。

ボタンひとつで瞬時に自分好みの走りを

無題

そしてM Driveが素晴らしいのは、自分好みのセッティングをメモリーしておけるということ。セッティングはセンターのモニター画面を使ってセンターコンソールのボタンで行いますが、一度決めたセットをメモリーすると、次回からはステアリング上のMボタンでそのセッティングを呼び出すことが可能です。

サーキットや峠ではすべてをスポーツモードに、継ぎ目の多い首都高速ではダンパーをノーマルにして乗り心地を良くし、そして直線の多い高速道路ではダンパーをスポーツにしてパワーステアリングをノーマルに……ということがボタンひとつで簡単にできてしまうのです。

最近のクルマは電子制御が進んでいるので、さまざまなモード切り替えを持つものが多いですが、最初は楽しんであれこれ試していても、段々とめんどくさくなってやらなくなってしまうもの。

その点「M Drive」なら一度セットしてしまえばあとはボタンを押すだけなので、非常に便利ですね。ステージごとに“自分だけの仕様”を簡単に楽しむことができる、それも「M」の大きな魅力なのです。

この記事をシェアする