なぜBMW M2 は370馬力もあるのに取り回しがしやすいのか?

超高性能なプレミアムコンパクトM2

BMW M2

初代モデル1シリーズ(E87)の登場は2004年ですが、2007年にはクーペ(E82)が発表されました。

なかでも全長4.3mとあまりのコンパクトなボディに、300psオーバーの6気筒ターボエンジンを搭載した135iは、モータースポーツを楽しむカスタマーにも注目を浴びる存在で、その動力性能と運動性能を堪能した方は多かったようです。

この流れをくむ2ドアクーペは、2011年にデビューした2代目モデル(F20)をベースとしながらも、新たに2シリーズのネーミングを掲げ2013年に本国デビューしました。

F22というコードネームが与えられたクーペの最強版は、M235i。

240kW (326ps)/5800rpm、450Nm(45.9kgm)/1300~4500rpmを発揮するN55B30A型 3L直6シングルターボを搭載。

ちなみにこのエンジンは、340iや440iに搭載される最新モジュラーユニットのB58B30A型3リッターとは別物で、135iの流れをくむエンジンです。

そういう意味でも135iの流れをくむ高性能コンパクトスポーツですが、これをベースに別次元の超高性能モデルへとさらに進化したのが、F87 BMW M2です。

N55B30A型エンジンを搭載

BMW M2 engine

新たに誕生したM2は、M235i等に搭載されているN55B30A型がベースとしたエンジンを搭載。

加えて、M3に搭載されるS55系と呼ばれるツインターボではなく、ツインスクロールのシングルターボが特徴。

とはいえ、ピストン、クランクシャフト・ベアリングシェルなどさまざまなパーツをM3/M4用ユニットから譲り受け、272kW(370ps)/6500rpm、465Nm (47.4kgm)/1400~5560rpmを発揮。さらに最大トルクはオーバー・ブースト機能により一時的に500Nm(51.0kgm)まで引き上げることができます。

この強心臓が組み合わされるボディサイズ&重量を改めて確認すると、全長4475mm、全幅1855mm、全高1410mm、ホイールベース2695mm、1580kgという値。

これは同じ2ドアクーペスタイルのM4より全長が210mm、ホイールベースも115mm短く、モータースポーツはもちろんのこと、タイトなワインディングロードなどでも、このコンパクトさがM2のアドバンテージになります。

しばしば引き合いに出されるのが2000〜2006年に生産されていた3代目のE46 M3。4490×1780×1370mm、2730mm、1560kgですから、E46 M3とイメージを重ねるBMWファンが少なくないことも頷けます。

BMW Mとはひと味違うBMW M2

BMW M2

さて、足回りの仕様を確認すると、2シリーズをベースとしながら、M235iに比べるとフロントのトレッドは70mm、リアは65mmも拡大しており、それぞれ1580mmと1600mmという値。

じつはM2にはM4用の前後アクスルが組み込まれており、ほぼM4と同じトレッドとなっているのです。ホイールベースはそのままに、トレッドを広げれば、基本的に回頭性能を向上させることができます。

コントロールアームやホイール・キャリアをアルミ製にするなど軽量化も図られ、M2は卓越したハンドリングマシンに仕立てられているのです。

 たしかにその立ち位置を冷静な目で眺めれば、このクルマには“M”のエントリーモデルという形容がふさわしいのかもしれません。

しかし、よりコンパクトで軽いボディに身を収めてステアリングを握れば、クルマとの一体感の濃密さに驚くはず。

2シリーズをベースにしつつ、Mのスパイスをふりかけたからこそ味わえるドライブフィール。それが、他のMともひと味違ったBMW M2の魅力なのです。

関連キーワード

この記事をシェアする