まとめ一覧

タイヤの扁平率と乗り心地の関係。低扁平タイヤの良さとは?

タイヤの扁平率と乗り心地の関係。低扁平タイヤの良さとは?

近年は車体の剛性向上や走行性能の上昇に伴い、車の足元であるタイヤもパッとみて以前とは異なると一目でわかる違いがあります。それはズバリ「扁平率」です。扁平率といえば乱暴に解...

更新日:2015/12/24    
トヨタ センチュリーの新車価格1,219万円は高い・安い?中古で買えるの?

トヨタ センチュリーの新車価格1,219万円は高い・安い?中古で買えるの?

国内で唯一、V12エンジンを搭載するトヨタ センチュリー。トヨタブランドが誇る最高級車で、価格は約1,220万円となっています。とはいえ、同じトヨタのレクサスブランドから...

更新日:2017/01/12    
なぜマフラーを換えるのか?マフラー交換のメリットとデメリット

なぜマフラーを換えるのか?マフラー交換のメリットとデメリット

車のマフラーの交換する効果には諸説がありますが、実際のところどうなのでしょうか?マフラー交換のメリット・デメリットを見ていきます。

更新日:2017/01/11    
ポルシェの維持費は年間100万円!?その内訳は?

ポルシェの維持費は年間100万円!?その内訳は?

ポルシェが欲しい!でもかかる費用は本体価格のみならず、維持費についてもちゃんと検討しなければいけませんよね。ポルシェの維持費って大体みなさんどのくらいかかっているのでしょ...

更新日:2016/12/12    
デロリアンはいくらくらいで買えるのか?維持費や車検は?

デロリアンはいくらくらいで買えるのか?維持費や車検は?

1981年にアメリカで登場した「デロリアン・DMC-12」。その後世界的にヒットした映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ」に登場した事により、一躍有名な車となりま...

更新日:2016/12/08    
マツダ好調の立役車はどちらが買い?CX-3とCX-5の選び方

マツダ好調の立役車はどちらが買い?CX-3とCX-5の選び方

近年、その評価と人気が高まっているマツダ。そのマツダの好調を象徴するかのように同社の展開するSUV、CX-3およびCX-5の人気が高まっています。コンパクトクロスオーバー...

更新日:2017/01/19    
最後のセルシオ…30系セルシオの中古車は本当にお買い得なのか?

最後のセルシオ…30系セルシオの中古車は本当にお買い得なのか?

国内でセルシオがレクサスLSに移行して早10年。最新のセルシオでも平成18年式で、最終年式は数も少ないです。とはいえ中古車としてはいよいよもって値ごなれが進みつつあります...

更新日:2017/01/20    
わずか197台生産の幻のGT-R「ケンメリ」はどんな車?

わずか197台生産の幻のGT-R「ケンメリ」はどんな車?

ケンとメリーと聞くと何を思い浮かべますか?もちろん「ケンメリ」ですよね!ケンメリの先代モデルであるハコスカも大変人気ですが、今回はケンメリをご紹介!また、たった4ヶ月の販...

更新日:2016/12/08    
あえてのスチールホイール選択!? メリットや注意点を紹介

あえてのスチールホイール選択!? メリットや注意点を紹介

アルミホイールが純正品として多く装着されている現代。スタッドレスタイヤ用にスチールホイールを購入する方や、あえてスチールホイールへ変更する人も?注意点を紹介します。

更新日:2017/01/19    
中古でマツダ RX-7を買う場合、FCとFDどちらが良いのか?

中古でマツダ RX-7を買う場合、FCとFDどちらが良いのか?

1985年2代目RX-7としてFC3Sは誕生しました。日本初のアルミキャリパーや、トーコントロールハブなど当時としては最先端の装備を採用していました。初代から続くロータリ...

更新日:2017/01/19    
リセールバリューが高い車は?ランキングでご紹介!

リセールバリューが高い車は?ランキングでご紹介!

誰でも自分の車を買取に出すときは、一番高い価格で査定してほしいものですよね...!実際、リセールバリューが高い車種、低い車種それぞれが存在しています。では、どの車種がリセ...

更新日:2016/12/12    
トヨタ至高のスポーツカー、80スープラを今買うと維持費は年間約50万円!?その内訳とは?

トヨタ至高のスポーツカー、80スープラを今買うと維持費は年間約50万円!?その内...

国内だけでなく海外で現在も人気のトヨタ80スープラ。その美しいスタイリングはもちろん、数少ない2Jターボエンジン搭載のスポーツカーとして未だ絶大な人気を誇っています。です...

更新日:2016/12/01    
FJクルーザー後継?次期4ランナー(ハイラックス)?…トヨタ FT-4Xは2017年4月NYショーで公開か?

FJクルーザー後継?次期4ランナー(ハイラックス)?…トヨタ FT-4Xは201...

駆け込み需要で生産終了時期が延長されているトヨタ FJクルーザーですが、いよいよ生産終了が近そうです。その後継車の存在を示唆する情報も入っていますが、「FT-4X」という...

更新日:2016/12/09    
「タイエース」と呼ばれるハイエースはどんな車?日本での発売予定はないのか?

「タイエース」と呼ばれるハイエースはどんな車?日本での発売予定はないのか?

頑丈で機能美に優れる本格的なワンボックスカーとして人気のトヨタハイエース。カスタムカーのベースとするユーザーも多くいます。そんなハイエース、タイには豪華なワゴン車もあるん...

更新日:2017/01/18    
2017年に登場?S660のタイプRが100馬力超えで追加される可能性は?

2017年に登場?S660のタイプRが100馬力超えで追加される可能性は?

S660に続いて新型シビックタイプR、新型NSXを発表しようとするホンダ。スポーツカーラインナップへの明確なテコ入れを感ずるところ。そんな中、S660にタイプRが追加され...

更新日:2016/06/01    
エンジンマウントの交換時期はどれくらいが良い?マウントのヘタリのチェック方法は?

エンジンマウントの交換時期はどれくらいが良い?マウントのヘタリのチェック方法は?

現在のクルマは非常に高性能になっており、10万km以上でも平気で乗る事ができます。とはいえ、その間にオイルやブレーキパッド等々、消耗品は交換していく必要があります。その中...

更新日:2016/12/07    
ジムニーやハスラー等…なぜ軽自動車は雪道に強いと言われるのか?その強さはどこからくる?

ジムニーやハスラー等…なぜ軽自動車は雪道に強いと言われるのか?その強さはどこから...

軽自動車は雪に強いという声があります。たしかに軽く、取り回しの良い軽自動車は雪の上でもスイスイと走ってくれそうなイメージはありますよね。しかしそれはいったいどんなところか...

更新日:2016/12/12    
なぜF1は排気量が小さいのに700馬力以上だせるのか?

なぜF1は排気量が小さいのに700馬力以上だせるのか?

現在の1.6リッターV6シングルターボ時代のF1は、なぜ700馬力ものハイパワーを出せるのでしょうか?同じV6でも、GT-Rのようにもっと大排気量でF1より馬力が小さいエ...

更新日:2016/12/09    
車高を簡単に調整できるエアサス…そのメリットとデメリットは?

車高を簡単に調整できるエアサス…そのメリットとデメリットは?

バブル期のシーマ、あるいはセルシオといった高級車に搭載された装備に「エアサスペンション」があります。この「エアサス」は金属の弾力性を利用する通常のサスペンションでは吸収で...

更新日:2016/12/08    
ポルシェとフェラーリのエンブレムの馬は同じ馬…!?そこには隠されたストーリーが。

ポルシェとフェラーリのエンブレムの馬は同じ馬…!?そこには隠されたストーリーが。

今回はポルシェとフェラーリのエンブレムの由来に迫ります!そこには意外な共通点が…!?マークに隠された歴史を振り返ってみましょう。

更新日:2016/12/07    
【動画】ポール・ウォーカーも絶賛したマインズR35 GT-R!1000馬力超えの実力は?

【動画】ポール・ウォーカーも絶賛したマインズR35 GT-R!1000馬力超えの...

大のクルマ好きで知られる、ポールウォーカー。愛車に日本車も多くあり、とくにR34 GT-Rは大のお気に入りでした。GT-Rのチューニングショップで有名な、マインズでの試乗...

更新日:2017/01/23    
【動画】かっこよすぎ!マツダ新型ロードスターのプロモーション映像が公開!

【動画】かっこよすぎ!マツダ新型ロードスターのプロモーション映像が公開!

今回は、発売に先駆けて公開されたプロモーション映像をご紹介します!歴代のロードスターも登場…必見です!

更新日:2017/01/23    
10年前に話題となった神のシフトチェンジ…同乗者を疲れさせない運転とは?

10年前に話題となった神のシフトチェンジ…同乗者を疲れさせない運転とは?

86をはじめとする国産スポーツカーの人気で、マニュアル車(以下 MT車)の人気が静かに復活しつつある昨今。このMT車を滑らかにシフトチェンジしながら、カッコよく、同乗者を...

更新日:2017/01/23    
トヨタ2000GTが現代版仕様で復活!1680万円で買える2000GTとは?

トヨタ2000GTが現代版仕様で復活!1680万円で買える2000GTとは?

旧車を現代の技術で”リバイバル”するカスタムでも知られる「ロッキーオート」。そのロッキーオートが、現在ヒストリックカーで最も人気で多くの人々が憧れるトヨタ2000GTを復...

更新日:2017/01/23    
輸入ミニバンにあって、国産ミニバンにない装備とは?

輸入ミニバンにあって、国産ミニバンにない装備とは?

実用性や快適性が重視されるミニバンですが、海外に目を向けると日本ではあまり見られない装備を持つミニバンが多くあります。今回は輸入ミニバンにはあって、国産ミニバンにはない装...

更新日:2017/01/23    
低価格でローダウンを実現!イエローハットの車高調に注目!

低価格でローダウンを実現!イエローハットの車高調に注目!

ドレスアップの基本中の基本「ローダウン」。古風な言い方をすればシャコタンです。そのローダウンを実現するには、車高調整式のサスキットがベストです。けれど、これまで車高調整式...

更新日:2017/01/23    
『シエクル レスポンスリング』で、誰でも手軽に低中速トルク&燃費向上!

『シエクル レスポンスリング』で、誰でも手軽に低中速トルク&燃費向上!

小排気量の車に乗り換えた時や、重たいミニバンに乗ったときに「もっうちょっと低中速トルクがあれば…」と思ったことがある方も多いのでは?もちろんエンジンにチューニング(改造)...

更新日:2017/01/23    
現行モデルになってから10年?!なぜエスティマはフルモデルチェンジしないのか?

現行モデルになってから10年?!なぜエスティマはフルモデルチェンジしないのか?

トヨタ エスティマは2016年6月、「ビッグマイナーチェンジ」を行いました。現在の3代目エスティマのデビューは2006年。すでに10年が経過しています。エスティマは、なぜ...

更新日:2017/01/23    
ミニバンにもAMGライン。メルセデスがVクラスにかける思い

ミニバンにもAMGライン。メルセデスがVクラスにかける思い

セダンやクーペ、SUVがメジャーなメルセデス・ベンツですが、ミニバンモデルもしっかりラインナップされています。街中で見かける機会が少ないメルセデス・ベンツのミニバン・Vク...

更新日:2017/01/23    
エスティマ、まるっとした卵型にデザインされた秘密とは?

エスティマ、まるっとした卵型にデザインされた秘密とは?

1989年の幕張メッセで行われた第28回東京モーターショーにて、コンセプトモデルとして出展されたエスティマは、翌1990年に市販化。その独特で斬新なフォルムから「天才タマ...

更新日:2017/01/20    
アウディA、S、RSの違いとは?グレードヒエラルキーを考える。

アウディA、S、RSの違いとは?グレードヒエラルキーを考える。

アウディには多くのラインナップがありますが、その頭文字は「A」、「S」、「RS」などシンプルなローマ字に数字を組み合わせたものとなっています。このラインナップの違いを読み...

更新日:2017/01/20    
Dが足りない!?メルセデスのDクラスは、今後も誕生しないのか?

Dが足りない!?メルセデスのDクラスは、今後も誕生しないのか?

メルセデスのグレード名は、欧州メーカーによくみられるようにアルファべットからなっています。Aクラス、Bクラス、Cクラス…しかしその次のDクラスはなく、一つとばしてEクラス...

更新日:2017/01/20    
トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

トヨタ クラウンが公用車や社用車、タクシーに多く採用される理由とは?

社用車、あるいは公用車…これらはなんとなく「黒塗りのクラウン」なんてイメージが強いのではないでしょうか。それと困った時に頼れるタクシー。これも旧型のクラウンが多い…なんて...

更新日:2017/01/20    
アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

アテンザとアクセラのフロントグリルがそっくり!そのマツダの戦略とは?

「魂動デザイン」を導入したマツダは、生まれ変わったようにそのクルマづくりが高く評価されています。もちろん、マツダは以前から特徴あるクルマづくりを行っており、急に品質が向上...

更新日:2017/01/22    
マツダ アテンザが国外ではMazda 6と呼ばれる理由とは?

マツダ アテンザが国外ではMazda 6と呼ばれる理由とは?

マツダ アテンザは欧米では「Mazda 6」という車名で呼ばれています。日本での車名と海外での車名が異なる例は珍しくありませんが、「Mazda 6」はどのような経緯で車名...

更新日:2017/01/23    
Vol.13 52歳既婚男性、初心者にBMWはネコに小判じゃなかったというハナシ

Vol.13 52歳既婚男性、初心者にBMWはネコに小判じゃなかったというハナシ

ボクが普通自動車の免許を取得したのは約30年前。免許に記された12月20日という日付を見ると、クリスマスのドライブデートのために、足繁く教習所に通ったことを思い出す。そん...

更新日:2017/01/20    
"絶対的"オデッセイ。アブソルートはノーマルとなにが違う?

"絶対的"オデッセイ。アブソルートはノーマルとなにが違う?

スポーティなミニバンとして人気の高いホンダ オデッセイ。エンジンはガソリンとハイブリッドをラインナップしており、そこからさらに細かくグレードが分けられています。一通りカタ...

更新日:2017/01/23    
3列目シートが跡形なく消える?!オデッセイの代々引き継ぐ収納力

3列目シートが跡形なく消える?!オデッセイの代々引き継ぐ収納力

クルマの収納力や快適性は日本メーカーの得意分野の一つです。ミニバンでは、ほとんどのモデルが3列シートを備える7〜8人乗りのモデルとなっていますよね。しかし普段は3〜4人乗...

更新日:2017/01/20    
R32GT-Rがアメリカへ流出!?"25年ルール"で90年代の国産スポーツカーが消えていく?

R32GT-Rがアメリカへ流出!?"25年ルール"で90年代の国産スポーツカーが...

現在日本では、80~90‘sスポーツカーの残存台数が激減・高騰状況となっています。理由は様々あるわけですが、その一つに挙げられるのが「海外への流出」です。

更新日:2017/01/20    
クラウンのエンブレムはなぜ王冠?その理由と時代背景

クラウンのエンブレムはなぜ王冠?その理由と時代背景

日本における高級車の歴史は、クラウンとともに歩んできたといっても過言ではありません。「いつかはクラウン」という言葉通り、60年以上にわたって日本人のための高級車として、車...

更新日:2017/01/19