まとめ一覧

関東 今どき女子おすすめ!日帰りで行けちゃう関東のドライブおすすめスポット48選!

関東 今どき女子おすすめ!日帰りで行けちゃう関東のドライブおすすめスポット48選...

自然と密室になるドライブデートは二人の距離をグッと縮めてくれる絶好のチャンス!車内での会話や音楽、行く先々での観光などは、電車でなく車で行ったほうが自由が効くうえ、女性か...

更新日:2017/07/19    
カウンタックにミウラなど…デザイン界の巨匠マルチェロ・ガンディーニのクルマ5選

カウンタックにミウラなど…デザイン界の巨匠マルチェロ・ガンディーニのクルマ5選

イタリア人デザイナー、マルチェロ・ガンディーニは、カーデザインのみならず、バスやトラック、家具や小型ヘリコプターなど多岐に渡って才能を発揮し、デザイン界全体にその名を轟か...

更新日:2018/10/17    
【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第五章:ポルシェ カイエン

【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第五章:ポルシェ カイエン

2002年のパリ・サロンにてポルシェ初代カイエンがデビューしたことが、現代のSUV(Sports Utility Vehicle)全盛時代の幕開けとなった……、とする見方...

更新日:2018/10/17    
前後のタイヤサイズを変える理由、ご存じですか?

前後のタイヤサイズを変える理由、ご存じですか?

普通の車両は、前後のタイヤサイズは同じですよね。しかしスポーツカーなどには、ノーマルでも前後のタイヤサイズが違う車種が存在します。なぜでしょう?

更新日:2017/04/11    
標準装備となりつつある車のTRC…なぜON/OFFの切り替え機能が付いているのか?

標準装備となりつつある車のTRC…なぜON/OFFの切り替え機能が付いているのか...

現在のクルマでは標準装備となりつつあるトラクションコントロール。荒れた路面や滑りやすい路面でもトラクションを確保する電子制御デバイスであり、非常に有用な安全装備でもありま...

更新日:2017/05/19    
標準で10インチ!? 小さいタイヤを装着する車4選

標準で10インチ!? 小さいタイヤを装着する車4選

最近はコンパクトカーやミニバンであっても、17や18インチといったホイールを履いていることが珍しくありません。なかには大径ホイールを装着している車も見受けられます。しかし...

更新日:2017/11/08    
R35 GT-Rを維持するにはどの程度の予算が必要か?

R35 GT-Rを維持するにはどの程度の予算が必要か?

日産GT-Rの維持費については諸説飛び交うところで、ネットで検索すれば軽く100万円ですという人もいれば、いえいえ普通のクルマと変わりませんという声まで多数あります。ただ...

更新日:2017/07/11    
ランボルギーニに1日だけ乗りたいんだけど、レンタルってできるの??

ランボルギーニに1日だけ乗りたいんだけど、レンタルってできるの??

だれでも一度はランボルギーニなどのスーパーカーに乗ってみたいと夢見たことがあるはずです。しかし当たり前ですが、ランボルギーニの新車価格は数千万を超え、維持費にも相当の金額...

更新日:2017/03/28    
なぜタイヤに窒素を入れるのか?果たして本当に効果はある?

なぜタイヤに窒素を入れるのか?果たして本当に効果はある?

タイヤ交換時に、窒素ガスの充填を薦められたことはありませんか?これ、本当に言われるほどの効果があるのでしょうか。有名店などでは1本540円の料金で、4本に充填するなら2,...

更新日:2017/02/06    
厄介なフロントガラスの内側の汚れ…綺麗にする良い方法は?

厄介なフロントガラスの内側の汚れ…綺麗にする良い方法は?

エアコンを稼働させずに走っているとフロントガラスの内側が曇ってしまうので、エアコンをつけっぱなしにしているという方は、意外に多いのではないでしょうか?しかし、それは応急的...

更新日:2017/07/13    
【鈴木ケンイチのダンガン一閃!】王道をゆく、安心感たっぷりの進化を見せた新型カイエン

【鈴木ケンイチのダンガン一閃!】王道をゆく、安心感たっぷりの進化を見せた新型カイ...

ポルシェとはいわず、いまや世界のスポーティSUVの代表格となるカイエン。その最新モデルを試乗した。昨年の夏に欧州で発表され、日本にも今年になってようやくデリバリーが始まっ...

更新日:2018/10/18    
ホイールスペーサーを装着するメリット・デメリットとは?

ホイールスペーサーを装着するメリット・デメリットとは?

どちらかといえばドレスアップパーツとしての認識が強いと思われる「ホイールスペーサー」ですが、それを装着するメリットとは何でしょうか?似ているけどちょっと違う「ワイドトレッ...

更新日:2017/03/29    
ドライブレコーダーで危険運転車を録画!警察は捕まえてくれる?

ドライブレコーダーで危険運転車を録画!警察は捕まえてくれる?

近年、日本においてもドライブレコーダーの装着率が高まり、交通事故の捜査や過失割合の判断などに役立っています。ところで、ドライブレコーダーに危険運転をする車が映っていた場合...

更新日:2017/08/16    
【対立比較】トヨタ86(ハチロク)とスバルBRZはどう違う?燃費・中古価格まで徹底比較!

【対立比較】トヨタ86(ハチロク)とスバルBRZはどう違う?燃費・中古価格まで徹...

今回は、トヨタとスバルが共同開発したハチロクとBRZの違いに迫ります!その基本設計を殆ど同じとする二車ですが、実は様々なところにその差異が表れています!どちらのタイプがあ...

更新日:2017/07/10    
中古でマツダ RX-7を買う場合、FCとFDどちらが良いのか?

中古でマツダ RX-7を買う場合、FCとFDどちらが良いのか?

1985年2代目RX-7として、FC3Sは誕生しました。日本初のアルミキャリパーや、トーコントロールハブなど当時としては最先端の装備を採用していました。初代RX-7から続...

更新日:2017/07/10    
【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第二章:VOLVO(ボルボ)XC60

【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第二章:VOLVO(ボルボ)XC60

ボルボのエステートワゴンに、愛する家族やゴールデンレトリーバーなどの大型犬を乗せてお出かけ。1980-90年代の日本では、そんな様子が幸福なファミリーの象徴のように受け止...

更新日:2018/01/10    
知らないうちに違反に!? 車に積んでおかないと違反になるもの4つ

知らないうちに違反に!? 車に積んでおかないと違反になるもの4つ

ドライバーのうっかりミスの代表的なものといえば「免許不携帯」です。平成28年の交通違反取り締まりでは、約6万5千人のドライバーが検挙され、反則金を納めています。この免許証...

更新日:2018/08/20    
いまさら聞けない?R32スカイライン…GTSとGT-Rの違いとは?

いまさら聞けない?R32スカイライン…GTSとGT-Rの違いとは?

ある日、電車の中で大学生と思しき若者グループがクルマの話に興じていたのが耳に入ってきました。会話の内容はどうやらあの「スカイライン」のよう。彼らのような若い世代でも、スカ...

更新日:2017/02/09    
ホイールをインチアップすると「乗り心地」が悪くなる!? 乗り心地を確保する方法は?

ホイールをインチアップすると「乗り心地」が悪くなる!? 乗り心地を確保する方法は...

気軽に行えるカスタムの1つであるホイール交換。インチアップも行えば見た目にもカッコ良くなります。しかし、一般的にホイールのインチアップを行うと燃費が悪化したとか、乗り心地...

更新日:2017/03/29    
GT-Rの維持費ってどれくらい?

GT-Rの維持費ってどれくらい?

2007年にデビューした日産R35型GT-Rは優れた走行性に絶大な人気を博しています。しかし一方で、維持費の高さが日本車の常識をはるかに上回っているというのも事実。ただ、...

更新日:2018/04/05    
【樽見祐佳の“女子流”】ハンドルを握れば、ポルシェのDNAを感じ取れる…ポルシェ カイエン

【樽見祐佳の“女子流”】ハンドルを握れば、ポルシェのDNAを感じ取れる…ポルシェ...

外苑前、いちょう並木。やっと冷たくなった風にのって、あのツンとした銀杏の香りが匂ってきた。まだ葉っぱは青々としているのに、もうすぐそこまで秋がやってきている。文・樽見祐佳...

更新日:2018/10/17    
メルカリやオークションなど…クルマを個人から購入する際に気をつけること

メルカリやオークションなど…クルマを個人から購入する際に気をつけること

いまやオークションサイトはもちろんフリマアプリでも、自動車本体が販売されています。そこでは、さまざまなクルマが個人間で売買されていますが、いずれにしてもそれなりの出費が強...

更新日:2018/10/19    
どこにある?ドアノブに鍵穴が消えた理由

どこにある?ドアノブに鍵穴が消えた理由

最近はスマートキー搭載車が多くなり、鍵穴にキーを差し込んで解錠&施錠することが少なくなりました。外見上も鍵穴が目立たなくなり、鍵穴が無いクルマも増えています。ここでは、消...

更新日:2018/10/19    
EVオヤジの未来予想図 VOL.4 狂気のエキゾーストノート

EVオヤジの未来予想図 VOL.4 狂気のエキゾーストノート

自動車ファンと競馬ファンをごっちゃにすると、双方から叱られそうだが、少なくとも現在は競馬ファンの方が純粋にファンでいられるのではないだろうか。なぜって、「2030年から我...

更新日:2018/10/19    
Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.9 夫婦円満のワザ

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.9 夫婦円満のワ...

発売されたばかりの『カーズ/クロスロード』のDVDを見ながら、娘と私が盛り上がっている横で、夫はなにやらスマホを睨み、せわしなく画面をスクロールしていた。こりゃ始まったな...

更新日:2018/10/19    
1位はプリウス!盗難されやすいクルマは?

1位はプリウス!盗難されやすいクルマは?

イモビライザーやGPS、テレマティクスサービスなどの普及によって、自動車盗難の認知件数は年々減少しています。とはいえ、なお車両の盗難事件は後をたちません。ここでは、盗難さ...

更新日:2018/10/19    
最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピードルフレン・ビゲープがスパイスに?

最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピード...

2017年9月のリリースから一年たち、そろそろカスタム欲が湧いてきたマツダCX-8。なんだかんだ言っても3列シートだし、ファミリーユースであることは否めない。そこで、家族...

更新日:2018/10/19    
【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第五章:ポルシェ カイエン

【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第五章:ポルシェ カイエン

2002年のパリ・サロンにてポルシェ初代カイエンがデビューしたことが、現代のSUV(Sports Utility Vehicle)全盛時代の幕開けとなった……、とする見方...

更新日:2018/10/17    
会話するクルマが登場!! 新型メルセデス・ベンツAクラスにAIを積んだ対話型インフォテイメントシステムを搭載

会話するクルマが登場!! 新型メルセデス・ベンツAクラスにAIを積んだ対話型イン...

メルセデス・ベンツAクラスが4代目にスイッチした。Aクラスといえば、初代と2代目は、衝突安全性を確保し、EV化やFCV化も見据えた「サンドイッチコンセプト」と呼ばれる二重...

更新日:2018/10/19    
インチアップ、インチダウン…タイヤは標準サイズと違っても問題ないの?

インチアップ、インチダウン…タイヤは標準サイズと違っても問題ないの?

標準装備されたタイヤのサイズは、メーカーがその車にもっとも適していると考え選んだものです。しかし、ドレスアップを目的として、メーカー推奨とは違うサイズのタイヤを装着してい...

更新日:2018/10/18    
日産リーフがもたらしたもの

日産リーフがもたらしたもの

「電気自動車に乗る時はね、いつもエンプティーランプが点灯しているような気分になる。だって、『今ここで充電がなくなったらどうしよう』って、そのことばっかり気になっちゃうもん...

更新日:2018/10/17    
Rolling 40's VOL.111 水物

Rolling 40's VOL.111 水物

最近、今となっては旧車の部類に入るトヨタ・レビン・AE86の改造車に触れる機会があった。久しぶりに見たノスタルジー全開の車種であるが、一番驚いたのはその車体の大きさである...

更新日:2018/10/17    
インターチェンジとジャンクションの違い

インターチェンジとジャンクションの違い

高速道路や有料道路には「インターチェンジ」と「ジャンクション」があることは、みなさんご存知でしょう。しかし、その違いがなんとなくわかっているようで、じつはよくわかっていな...

更新日:2018/10/18    
【鈴木ケンイチのダンガン一閃!】王道をゆく、安心感たっぷりの進化を見せた新型カイエン

【鈴木ケンイチのダンガン一閃!】王道をゆく、安心感たっぷりの進化を見せた新型カイ...

ポルシェとはいわず、いまや世界のスポーティSUVの代表格となるカイエン。その最新モデルを試乗した。昨年の夏に欧州で発表され、日本にも今年になってようやくデリバリーが始まっ...

更新日:2018/10/18    
路肩に乗り上げただけでも!? エアバッグが開く条件

路肩に乗り上げただけでも!? エアバッグが開く条件

前席のエアバッグは、標準装備されている安全装置のひとつですが、誤作動により事故以外の場面で開いてしまうことが過去に報告されています。エアバッグはどんな条件で開くのでしょう...

更新日:2018/10/18    
【悲報】特別な電子制御が「運転が下手になる」クルマにしてしまう!?

【悲報】特別な電子制御が「運転が下手になる」クルマにしてしまう!?

クルマ好きの会話で「運転がうまくなるクルマ」という表現がある。マツダ ロードスターなどは、その筆頭格といえるクルマだが、車両側のバランスが良いためベーシックな運転技術を学...

更新日:2018/10/18    
ハンドルの付け根にある黒い物体。これってなに?

ハンドルの付け根にある黒い物体。これってなに?

クルマに装着できる便利アイテムは、時代によって変化しています。近年なら、スマートフォンに関するアイテムがその代表例といえるでしょう。あると本当に便利なものが多いわけですが...

更新日:2018/10/18    
イギリスとアメリカが生み出した毒ヘビ"コブラ"とはどんな車?

イギリスとアメリカが生み出した毒ヘビ"コブラ"とはどんな車?

1960年代までのイギリスには、小中規模の自動車メーカーが数多く存在していました。そのひとつが、ACカーズです。20世紀初頭に産声を上げたACカーズは、伝統あるイギリス自...

更新日:2018/10/17    
カウンタックにミウラなど…デザイン界の巨匠マルチェロ・ガンディーニのクルマ5選

カウンタックにミウラなど…デザイン界の巨匠マルチェロ・ガンディーニのクルマ5選

イタリア人デザイナー、マルチェロ・ガンディーニは、カーデザインのみならず、バスやトラック、家具や小型ヘリコプターなど多岐に渡って才能を発揮し、デザイン界全体にその名を轟か...

更新日:2018/10/17    
月給30万円からの輸入車生活。新車でどんな輸入車が買える?

月給30万円からの輸入車生活。新車でどんな輸入車が買える?

「月給30万円からの輸入車生活」ここでは、税引き後の手取りが30万円、ボーナスは60万円ずつ年2回。さらに既婚者は、金銭面以外の問題も発生してきますので、条件は独身子供な...

更新日:2018/10/17    
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives