まとめ一覧

8,000回転をキープして車を走らせたらどうなる?やはり壊れてしまうのか?

8,000回転をキープして車を走らせたらどうなる?やはり壊れてしまうのか?

エンジンが最高出力を発生する回転数は千差万別。レッドゾーンも6,000回転だったり、8,000回転だったりとさまざまです。そんな最高回転数に近いところでエンジンを回し続け...

更新日:2018/06/23    
ノーズブラってどんな役割をしているの?

ノーズブラってどんな役割をしているの?

北米などでは古くから定番で、日本でもドレスアップアイテムとして使われている「ノーズブラ」。あれって、なんのために装着しているか、ご存じですか?いろいろな説があるノーズブラ...

更新日:2018/06/22    
1馬力ってどれくらいのパワー?人間でもだせるの?

1馬力ってどれくらいのパワー?人間でもだせるの?

自動車のエンジン出力を示す単位として使われている"馬力"。「このクルマ、○○馬力もある!」という会話があるかと思いますが、1馬力とは一体どれくらいのパワー...

更新日:2018/04/13    
ノーズブラやUSレンズなど…日本車をわざわざUS仕様にカスタムするUSDMとは?

ノーズブラやUSレンズなど…日本車をわざわざUS仕様にカスタムするUSDMとは?

カスタムカーのジャンルに「USDM」が登場してからしばらく経ちますが、2017年現在でも北米仕様にカスタムされた車を「右ハンドルなのに北米仕様?そんな車売っているの?」と...

更新日:2017/07/13    
新型ジムニー、ついに情報解禁!どう進化した?

新型ジムニー、ついに情報解禁!どう進化した?

2018年6月18日、正式な発表を前に新型ジムニーのティザーサイトが公開されました。20年ぶりのモデルチェンジに、ジムニーファンのみならず多くのクルマ好きから注目されてい...

更新日:2018/06/22    
軽自動車10台分の600馬力!? 馬力のある国産車トップ5

軽自動車10台分の600馬力!? 馬力のある国産車トップ5

車の動力性能を表す馬力。誰しも一度は高出力なハイパフォーマンスカーに乗ってみたいと思うのではないでしょうか?厳密にはボディの空気抵抗や車体重量も大きく影響するので、必ずし...

更新日:2018/01/22    
スズキのジムニーとジムニーシエラは何が違うのか?

スズキのジムニーとジムニーシエラは何が違うのか?

軽自動車クロスカントリーの代名詞といえば、スズキ ジムニーでしょう。パジェロ ミニが販売終了となった現在、選択肢はジムニーのみとなりました。そんなジムニーには、兄弟車とし...

更新日:2017/03/22    
だれでもわかる!自動車のトルクってなあに?

だれでもわかる!自動車のトルクってなあに?

エンジンを代表するスペックといえば、最高出力(馬力)と最大トルクとがありますが、きちんと理解できていますか?今回は、トルクについての理解を深めるために、その概念を勉強して...

更新日:2018/03/26    
再燃するか、好敵手の戦い!ジムニーvsパジェロミニ

再燃するか、好敵手の戦い!ジムニーvsパジェロミニ

この2月で20年の歴史に区切りを付けた、JB23/43型のジムニー。いよいよ夏前には新型が出そうです。名車となったこのジムニーには、かつて強力なライバルがありました。それ...

更新日:2018/04/03    
車両価格、内装の豪華装備など…マイバッハとメルセデス・マイバッハはこんなに違う!

車両価格、内装の豪華装備など…マイバッハとメルセデス・マイバッハはこんなに違う!

2002年にダイムラー・ベンツ(現ダイムラー)の独立したブランドとして復活を遂げたMAYBACH(マイバッハ)。その後、マイバッハのブランド廃止を経て、2014年にメルセ...

更新日:2018/06/22    
最後の水平対向6気筒MRポルシェ、981型とはどんな車?

最後の水平対向6気筒MRポルシェ、981型とはどんな車?

誰もが知っている自動車メーカー「ポルシェ」。ただ、そのポルシェが作るクルマ、1台1台について詳しく知る人は、意外と少ないかもしれません。ポルシェはよく、981とか996と...

更新日:2018/06/22    
馬力がカタログ値と実測値で異なる理由

馬力がカタログ値と実測値で異なる理由

とある自動車専門誌が行った調査で、カタログに記載された馬力と実測値に、大きな開きがあったという結果が出たことがあります。なぜそんな違いが出てしまうのでしょうか?理由を探り...

更新日:2018/05/07    
一般人は買えない、違反しても捕まらない!?センチュリーにまつわる都市伝説4選

一般人は買えない、違反しても捕まらない!?センチュリーにまつわる都市伝説4選

トヨタの最高級車、センチュリー。新車価格は1,208万円〜と、かなりの高額設定がされたセンチュリーは、御料車や首相専用車など公用車として使われることが多い車です。今回は、...

更新日:2017/02/10    
事故率4倍に!? 梅雨時の運転で気をつけたいこと

事故率4倍に!? 梅雨時の運転で気をつけたいこと

雨の日のクルマは、窓の曇りや油膜、他のクルマが跳ね上げた水しぶきなどで、車外の様子が確認しづらくなります。また、晴れた日に比べて制動力が低下するなど、注意すべき点がたくさ...

更新日:2018/06/22    
エンジンルームからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

エンジンルームからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

快調だったはずの車のエンジンをかけると、「キュルキュルキュル」と異音がするようになる…故障かと慌てる人もいるかと思いますが、大抵はボンネットを開けて、音が鳴っているのを確...

更新日:2017/05/02    
関東 今どき女子おすすめ!日帰りで行けちゃう関東のドライブおすすめスポット48選!

関東 今どき女子おすすめ!日帰りで行けちゃう関東のドライブおすすめスポット48選...

自然と密室になるドライブデートは二人の距離をグッと縮めてくれる絶好のチャンス!車内での会話や音楽、行く先々での観光などは、電車でなく車で行ったほうが自由が効くうえ、女性か...

更新日:2017/07/19    
ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

タイヤの側面が白くなっている、または白いラインがぐるっと丸く入っているタイヤのことを「ホワイトウォールタイヤ」「ホワイトリボンタイヤ」と言います。クラシックカーなどでは現...

更新日:2018/05/22    
根強い人気。なぜハンドルカバーをつけるのか?

根強い人気。なぜハンドルカバーをつけるのか?

ステアリングホイールに取りつけるハンドルカバー(ステアリングカバー)は、根強い人気の商品です。装着によって無機質なハンドルのドレスアップに役立つほか、太さが増すことでしっ...

更新日:2018/06/01    
車のホイールの最大インチ、最小インチっていくつ?

車のホイールの最大インチ、最小インチっていくつ?

年々、大径化が進む車のホイール。確かに大きいほうが足回りが引き立って見え、車の印象が変わりますよね。また、カスタムのなかでも手を出しやすく、見た目にもわかりやすいというメ...

更新日:2018/03/12    
気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

クルマに乗車中にどうも気になってしまうのが足回りから発せられる異音ですよね。ギシギシ、ゴトゴト…この得体の知れない奇怪な音、いったいどんな部分から発生しているのでしょうか...

更新日:2016/12/07    
新時代のメルセデスベンツ

新時代のメルセデスベンツ

クルマに詳しくない人でも、ほとんどの人が知っている「スリーポインテッドスター」。そう、メルセデスベンツのエンブレムです。 そんなメルセデスのイメージと言えば、「高級」「エ...

更新日:2018/06/20    
専門店めぐりで探す1台

専門店めぐりで探す1台

時間はたっぷりあり、お金はあんまりなかった学生時代。それでも夢は一人前に大きくて、VWカルマンギアのオープンカーが欲しかった。まだインターネットなんて珍しかった頃だから、...

更新日:2018/06/20    
オンナにとってクルマとはVol.19 サーキット走行の勧め

オンナにとってクルマとはVol.19 サーキット走行の勧め

F1グランプリが開幕すると、もうすぐ春だなぁと感じる。なんて感覚は女友達には通用しないのだけれど、近頃ちょっと変化を感じていることがある。東京都内に住んでいて、愛車は持っ...

更新日:2018/06/20    
F1ジャーナリスト 世良耕太の知られざるF1 vol.25 “空気”の力で曲がる

F1ジャーナリスト 世良耕太の知られざるF1 vol.25 “空気”の力で曲がる

F1はスピードを出せば出すほど、コーナーを速く通過することができる。こんな説明をしたら「はぁ?」と思うに違いない。原理的には、という注釈は必要だが、事実だ。普通に考えれば...

更新日:2018/06/20    
オートバイの未来を考える S1000RR vs V-Strom650ABS

オートバイの未来を考える S1000RR vs V-Strom650ABS

今年から国内販売されたということを除けば、ジャンルや排気量、価格帯までもが異なるこの2台のバイクを“VS”と括るのは、いささか無理があるように思えるだろう。text:神尾...

更新日:2018/06/20    
現代のスーパーカー3 Lamborghini Aventador LP700-4 王道を邁進するフラッグシップモデル

現代のスーパーカー3 Lamborghini Aventador LP700-4...

今後も何度となく繰り返すことになるだろうが、“スーパーカー”の定義は曖昧だ。が、誰もが「うん。それは間違いなくスーパーカーだよね」と認めざるを得ない髄の髄がある。text...

更新日:2018/06/20    
'90年代、なぜ日本人は強かったのか。自分であり続けるための闘い ~坂田和人氏~

'90年代、なぜ日本人は強かったのか。自分であり続けるための闘い ~坂...

連載第三回目となる今月は、世界GP 125ccクラスで2度の世界チャンピオンを獲得した坂田和人氏。その冷静な走り、圧倒的な強さの秘密はどこにあったのか…。text:ahe...

更新日:2018/06/20    
スマホが導くスマートなドライブ

スマホが導くスマートなドライブ

マルチに使えるスマートフォンが、カーナビとしても機能する。もう、目的地までのルート案内や、立ち寄りどころの指示は使い慣れたドコモのスマートフォンに任せてしまおう。text...

更新日:2018/06/20    
ahead meets KTM vol.3 伊勢谷友介

ahead meets KTM vol.3 伊勢谷友介

とりとめもない会話の途中、ふとしたことでモトGPの話になった。それは、伊勢谷友介さんの口調に俄然、熱が加わった瞬間でもある。text:伊丹孝裕 photo:長谷川徹 [a...

更新日:2018/06/20    
ECO時事通信 vol.10 技術がコラボする時代

ECO時事通信 vol.10 技術がコラボする時代

東京モーターショー開催期間中の2011年12月2日、トヨタとBMWの共同記者会見が行われた。2014年から欧州で生産・販売されるトヨタ車にBMW製ディーゼル・エンジンが搭...

更新日:2018/06/20    
忘れられないこの1台 vol.33 BMW 325i カブリオレ

忘れられないこの1台 vol.33 BMW 325i カブリオレ

「蜜月が長く続く分だけ様々なエピソードが生まれ、愛情が深まるほどにこの関係は永遠に続くとすら思えてしまう。それでも別れなければいけないのなら、ハッピーエンドで終わりたい」...

更新日:2018/06/20    
45歳からの原点回帰

45歳からの原点回帰

年齢を重ねるごとに、「感じること」が段々難しくなってくる。クルマやオートバイに対する情熱も以前のようには持てなくなってくるものだ。クルマやオートバイに乗り始めた頃のことを...

更新日:2018/06/20    
間違えて通過すると1時間のタイムロスに!? インターチェンジの間隔が一番長い区間はどこ?

間違えて通過すると1時間のタイムロスに!? インターチェンジの間隔が一番長い区間...

高速道路の乗り降りで必ず通過するインターチェンジ。このインターチェンジの間隔・距離がもっとも長い区間はどこでしょうか。間違えて降りずに通過すると、かなりのタイムロスに…!...

更新日:2018/06/20    
日産、2018年秋に実用化!? 夢の可変圧縮比エンジンとは?

日産、2018年秋に実用化!? 夢の可変圧縮比エンジンとは?

かつては「夢のエンジン」といわれた可変圧縮比エンジンを、日産が2018年秋に実用化する予定です。圧縮比を条件に応じて最適化することによって、低燃費と高出力を両立する画期的...

更新日:2018/06/20    
じゃじゃ馬っぷりがたまらない…ドッカンターボといわれた車5選

じゃじゃ馬っぷりがたまらない…ドッカンターボといわれた車5選

「ドッカンターボ」という言葉を聞かなくなって数十年。読者のなかには、すでにこの表現を知らない方もいるかもしれませんね。決してターボ車が珍しいわけではないのですが、いったい...

更新日:2018/06/20    
BBS RI-Dは世界初の超超ジュラルミン鍛造ホイール 航空機にも使われる軽量金属の秘密とは?

BBS RI-Dは世界初の超超ジュラルミン鍛造ホイール 航空機にも使われる軽量金...

BBSの鍛造アルミホイールと言えば、レースの世界で磨かれた鍛造技術を駆使して作り上げた軽量、高剛性な鍛造ホイールが知られるところです。しかし、そのホイールの素材のアルミニ...

更新日:2018/06/20    
断熱ガラスクールベールを7万円のオンボロ軽自動車に装備 夏場の放置で温度差は10度以上?効果はあるのか?

断熱ガラスクールベールを7万円のオンボロ軽自動車に装備 夏場の放置で温度差は10...

すでにカスタムCarMe読者にもお馴染みとなりつつある「7万円オンボロ軽自動車」シリーズ。過去、編集担当のU原の18年落ちのダイハツミラバン(L700V)にアルミ鍛造ホイ...

更新日:2018/06/19    
耳抜きが必要!? 標高が一番高いところを走っている高速道路は?

耳抜きが必要!? 標高が一番高いところを走っている高速道路は?

日本国内に設けられた高速道路のなかで、標高が一番高いところを通っているのは、どこなのでしょう?今回は、日本一標高が高い場所を通っているインターチェンジ区間とそこにあるパー...

更新日:2018/06/19    
S660とコペン、どっちが売れているの?

S660とコペン、どっちが売れているの?

ホンダ S660とダイハツ コペン、この2台は現在でも新車で買うことができる軽スポーツカーですが、はたしてこの2台の軽スポーツカーはどちらがよりたくさん販売されているので...

更新日:2018/06/19    
今じゃありえない!? カーナビのない時代、どうやって目的地まで辿り着いていたの?

今じゃありえない!? カーナビのない時代、どうやって目的地まで辿り着いていたの?

カーナビゲーションやスマートフォンのナビ機能などが、スタート地点から目的地までを、最短時間で結ぶ道順を教えてくれる時代になりましたが、これらがなかった時代は、どうやって目...

更新日:2018/06/19    
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives