まとめ一覧

8,000回転をキープして車を走らせたらどうなる?やはり壊れてしまうのか?

8,000回転をキープして車を走らせたらどうなる?やはり壊れてしまうのか?

エンジンが最高出力を発生する回転数は千差万別。レッドゾーンも6,000回転だったり、8,000回転だったりとさまざまです。そんな最高回転数に近いところでエンジンを回し続け...

更新日:2018/06/23    
ノーズブラってどんな役割をしているの?

ノーズブラってどんな役割をしているの?

北米などでは古くから定番で、日本でもドレスアップアイテムとして使われている「ノーズブラ」。あれって、なんのために装着しているか、ご存じですか?いろいろな説があるノーズブラ...

更新日:2018/06/22    
1馬力ってどれくらいのパワー?人間でもだせるの?

1馬力ってどれくらいのパワー?人間でもだせるの?

自動車のエンジン出力を示す単位として使われている"馬力"。「このクルマ、○○馬力もある!」という会話があるかと思いますが、1馬力とは一体どれくらいのパワー...

更新日:2018/04/13    
ノーズブラやUSレンズなど…日本車をわざわざUS仕様にカスタムするUSDMとは?

ノーズブラやUSレンズなど…日本車をわざわざUS仕様にカスタムするUSDMとは?

カスタムカーのジャンルに「USDM」が登場してからしばらく経ちますが、2017年現在でも北米仕様にカスタムされた車を「右ハンドルなのに北米仕様?そんな車売っているの?」と...

更新日:2017/07/13    
新型ジムニー、ついに情報解禁!どう進化した?

新型ジムニー、ついに情報解禁!どう進化した?

2018年6月18日、正式な発表を前に新型ジムニーのティザーサイトが公開されました。20年ぶりのモデルチェンジに、ジムニーファンのみならず多くのクルマ好きから注目されてい...

更新日:2018/06/22    
軽自動車10台分の600馬力!? 馬力のある国産車トップ5

軽自動車10台分の600馬力!? 馬力のある国産車トップ5

車の動力性能を表す馬力。誰しも一度は高出力なハイパフォーマンスカーに乗ってみたいと思うのではないでしょうか?厳密にはボディの空気抵抗や車体重量も大きく影響するので、必ずし...

更新日:2018/01/22    
スズキのジムニーとジムニーシエラは何が違うのか?

スズキのジムニーとジムニーシエラは何が違うのか?

軽自動車クロスカントリーの代名詞といえば、スズキ ジムニーでしょう。パジェロ ミニが販売終了となった現在、選択肢はジムニーのみとなりました。そんなジムニーには、兄弟車とし...

更新日:2017/03/22    
だれでもわかる!自動車のトルクってなあに?

だれでもわかる!自動車のトルクってなあに?

エンジンを代表するスペックといえば、最高出力(馬力)と最大トルクとがありますが、きちんと理解できていますか?今回は、トルクについての理解を深めるために、その概念を勉強して...

更新日:2018/03/26    
再燃するか、好敵手の戦い!ジムニーvsパジェロミニ

再燃するか、好敵手の戦い!ジムニーvsパジェロミニ

この2月で20年の歴史に区切りを付けた、JB23/43型のジムニー。いよいよ夏前には新型が出そうです。名車となったこのジムニーには、かつて強力なライバルがありました。それ...

更新日:2018/04/03    
車両価格、内装の豪華装備など…マイバッハとメルセデス・マイバッハはこんなに違う!

車両価格、内装の豪華装備など…マイバッハとメルセデス・マイバッハはこんなに違う!

2002年にダイムラー・ベンツ(現ダイムラー)の独立したブランドとして復活を遂げたMAYBACH(マイバッハ)。その後、マイバッハのブランド廃止を経て、2014年にメルセ...

更新日:2018/06/22    
最後の水平対向6気筒MRポルシェ、981型とはどんな車?

最後の水平対向6気筒MRポルシェ、981型とはどんな車?

誰もが知っている自動車メーカー「ポルシェ」。ただ、そのポルシェが作るクルマ、1台1台について詳しく知る人は、意外と少ないかもしれません。ポルシェはよく、981とか996と...

更新日:2018/06/22    
馬力がカタログ値と実測値で異なる理由

馬力がカタログ値と実測値で異なる理由

とある自動車専門誌が行った調査で、カタログに記載された馬力と実測値に、大きな開きがあったという結果が出たことがあります。なぜそんな違いが出てしまうのでしょうか?理由を探り...

更新日:2018/05/07    
一般人は買えない、違反しても捕まらない!?センチュリーにまつわる都市伝説4選

一般人は買えない、違反しても捕まらない!?センチュリーにまつわる都市伝説4選

トヨタの最高級車、センチュリー。新車価格は1,208万円〜と、かなりの高額設定がされたセンチュリーは、御料車や首相専用車など公用車として使われることが多い車です。今回は、...

更新日:2017/02/10    
事故率4倍に!? 梅雨時の運転で気をつけたいこと

事故率4倍に!? 梅雨時の運転で気をつけたいこと

雨の日のクルマは、窓の曇りや油膜、他のクルマが跳ね上げた水しぶきなどで、車外の様子が確認しづらくなります。また、晴れた日に比べて制動力が低下するなど、注意すべき点がたくさ...

更新日:2018/06/22    
エンジンルームからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

エンジンルームからのキュルキュル音…その原因と対処法は?

快調だったはずの車のエンジンをかけると、「キュルキュルキュル」と異音がするようになる…故障かと慌てる人もいるかと思いますが、大抵はボンネットを開けて、音が鳴っているのを確...

更新日:2017/05/02    
関東 今どき女子おすすめ!日帰りで行けちゃう関東のドライブおすすめスポット48選!

関東 今どき女子おすすめ!日帰りで行けちゃう関東のドライブおすすめスポット48選...

自然と密室になるドライブデートは二人の距離をグッと縮めてくれる絶好のチャンス!車内での会話や音楽、行く先々での観光などは、電車でなく車で行ったほうが自由が効くうえ、女性か...

更新日:2017/07/19    
ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

タイヤの側面が白くなっている、または白いラインがぐるっと丸く入っているタイヤのことを「ホワイトウォールタイヤ」「ホワイトリボンタイヤ」と言います。クラシックカーなどでは現...

更新日:2018/05/22    
根強い人気。なぜハンドルカバーをつけるのか?

根強い人気。なぜハンドルカバーをつけるのか?

ステアリングホイールに取りつけるハンドルカバー(ステアリングカバー)は、根強い人気の商品です。装着によって無機質なハンドルのドレスアップに役立つほか、太さが増すことでしっ...

更新日:2018/06/01    
車のホイールの最大インチ、最小インチっていくつ?

車のホイールの最大インチ、最小インチっていくつ?

年々、大径化が進む車のホイール。確かに大きいほうが足回りが引き立って見え、車の印象が変わりますよね。また、カスタムのなかでも手を出しやすく、見た目にもわかりやすいというメ...

更新日:2018/03/12    
気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

気になる車の足回りからの「ギシギシ」「ゴトゴト」という異音…その原因と対処法は?

クルマに乗車中にどうも気になってしまうのが足回りから発せられる異音ですよね。ギシギシ、ゴトゴト…この得体の知れない奇怪な音、いったいどんな部分から発生しているのでしょうか...

更新日:2016/12/07    
埋もれちゃいけない名車たち VOL.20 日本に導入された最後の上級セダン「ルノー 25」

埋もれちゃいけない名車たち VOL.20 日本に導入された最後の上級セダン「ルノ...

今、ルノーがかなり熱い。去年の秋口から導入が始まった4代目ルーテシアはスタンダード版もスポーツ版も評価がすこぶる高く、今年の2月からデリバリーがスタートしたキャプチャーも...

更新日:2018/06/20    
ジャンルを飛び越えろ

ジャンルを飛び越えろ

ジャンルは人間が創造したものを区分するために使われる言葉である。本来ジャンルとは芸術作品や文学作品をひとつの側面から客観的に分類することをいう。明確な基準を持つカテゴリー...

更新日:2018/06/20    
夜ドラ

夜ドラ

夜は昼とはまったく違う時間が流れる。どこかで聞いた話だけれど、夜を見方につければ、人は人生をより豊かに彩ることができるという。夜を見方につけるには、クルマに乗るのが一番い...

更新日:2018/06/20    
女性がモータースポーツをするということ

女性がモータースポーツをするということ

二輪四輪問わず数々の走行会やイベントを主催しているWithme Racingの丸山 浩さんからの誘いを受け、「袖ヶ浦・マル耐」に参加することになった。初めての人もレースに...

更新日:2018/06/20    
久しぶりの軽井沢 軽井沢千住博美術館を訪ねて

久しぶりの軽井沢 軽井沢千住博美術館を訪ねて

その昔、よく行ったあの場所。でも忙しく年月を重ねるうち、すっかりご無沙汰している場所がある。その間、自分も変わったけれど、あの場所も多分、変化している。思い切って出掛けて...

更新日:2018/06/20    
Rolling 40's vol.40 全てが「リーチ」の2012

Rolling 40's vol.40 全てが「リーチ」の2012

ようやく新しい年になりましたが、皆さんはどんな思いで激震の2011年を見送ったのでしょうか。どの忘年会でも、「こんな御時世」という言葉が「枕詞」のように使われた年の瀬でし...

更新日:2018/06/20    
「iQ」ベースのアストン・マーティン

「iQ」ベースのアストン・マーティン

イギリスの超高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンからコンパクトカーが発売された。その名は白鳥の雛を意味する「シグネット」。このクルマ、ベースはトヨタ「iQ」である...

更新日:2018/06/20    
岡崎五朗のクルマでいきたい vol.31 本質に立ち向かった軽

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.31 本質に立ち向かった軽

軽自動車の燃費競争がすごいことになっている。ダイハツが「ミラ・イース」で30㎞/ℓの大台に乗せてきたと思ったら、今度はスズキがアルトに「アルト・エコ」という燃費スペシャル...

更新日:2018/06/20    
アンダー250ccが未来を創る

アンダー250ccが未来を創る

ビッグバイクのラインアップが充実する一方で小型車、中型車の選択肢は少なかった。しかし、いま、Ninja250Rを皮切りに魅力的な小排気量車が続々と登場している。text:...

更新日:2018/06/20    
自動車評論家から見た“犬にやさしいクルマ”って?

自動車評論家から見た“犬にやさしいクルマ”って?

イヌの寿命は10年から15年。人間とくらべとても短い犬生。家族の一員として迎えた以上、できるだけ多くの幸せな時間、楽しい思い出を作ってあげるのが飼い主の役目だと思います。...

更新日:2018/06/20    
忘れられないこの一台 vol.37 スズキ フロンテ・クーペGXCF

忘れられないこの一台 vol.37 スズキ フロンテ・クーペGXCF

'71年にデビューした2代目フロンテ『LC10W』。そのスペシャリティ版が、イタリアの巨匠ジウジアーロがデザインしたフロンテ・クーペである。水冷となった360c...

更新日:2018/06/20    
ROLLING 40's vol.43 決死隊

ROLLING 40's vol.43 決死隊

3月3日より公開された、映画「キリン」。私が企画・脚本・監督を務めさせていただいたのだが、池袋シネマ・ロサは初日から数日間はほぼ満員御礼。その後も当初の予想を上回る広がり...

更新日:2018/06/20    
“W”という名に託した思い ~W800 Special Editionが誕生した背景~

“W”という名に託した思い ~W800 Special Editionが誕生した...

カワサキが'98年にW650を発表した際、開発陣は静かにその決意を語っている。曰く「10年は継続するモデルです。生産規模とコストとのバランスを考えると、それくら...

更新日:2018/06/20    
“働くEV”が蒔く種

“働くEV”が蒔く種

人で使うクルマだけでなく働くクルマに浸透してこそ、電気自動車(EV)は身近な存在になったと言える。その意味で、軽商用電気自動車『MINICAB-MiEV』の発売は、EVの...

更新日:2018/06/20    
ポタナビで見つけた風景

ポタナビで見つけた風景

「行くべき方向は示してやろう。だがそこへ至る道は自分で探せ」と、書くとなんだか人生訓めいて聞こえるが、これはパイオニアから発売された自転車散歩ナビゲーター《ポタナビ》のコ...

更新日:2018/06/20    
日本の誇れるクルマ

日本の誇れるクルマ

本車にはもう魅力のあるクルマはないのだろうか。しかし、見回せば、世界からリスペクトを受けるクルマはある。日本が世界に発信する「誇れるクルマ」を紹介したい。text:嶋田智...

更新日:2018/06/20    
「MINI」はレースで活躍し、さらに “サブカルチャー”を育てたクルマだった

「MINI」はレースで活躍し、さらに “サブカルチャー”を育てたクルマだった

'99年、20世紀の名車を選出する式典がアメリカで行われた。そこで量産自動車のエポックとなったT型フォードに次いで2位に選ばれたのはミニ(クラシック・ミニ)だっ...

更新日:2018/06/20    
おしゃべりな クルマたちvol.43 オンナふたり

おしゃべりな クルマたちvol.43 オンナふたり

私が住むアパートの隣りはミラノに住むイタリア人のセカンドハウスで、3ヶ月に一度くらいの割合でオーナー夫婦がやってくる。大学生の息子が友達と使うこともあるし、親戚らしき年配...

更新日:2018/06/20    
忘れられないこの1台 vol.36 GSX1100Sカタナ サイドカー

忘れられないこの1台 vol.36 GSX1100Sカタナ サイドカー

大人から子どもまで、ほとんどの人が存在を知りながら乗ったことのない乗り物の一つがサイドカー。僕にとっても決して近い存在ではなかったが、出会いは突然訪れた。20歳で限定解除...

更新日:2018/06/20    
Smartphone × Automobile vol.9 「ドライブレコーダー」ManiaQmeterアプリの登場

Smartphone × Automobile vol.9 「ドライブレコーダー...

普段使っているスマートフォンがドライブレコーダーになるアプリを紹介します。text:近藤正純ロバート [aheadアーカイブス vol.113 2012年4月号]

更新日:2018/06/20    
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives