メルセデスAMG GTに4ドアクーペが登場!ライバルは、パナメーラ?

強さを醸し出すボディスタイル

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ

フロントグリルには、最強モデルの証として「AMG パナメリカーナグリル」を装着しています。

ちなみにこのグリルデザインは、1952年の”カレラ・パナメリカーナ・メヒコ"という伝説のレースで優勝した300SLのレーシングカーに由来しています。縦のラインが強調されたデザインが、この車のただならぬオーラを醸し出しています。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ

キャビンの形状は、車両後部まで滑らかに続く流麗なスタイル。特に後部は、ポルシェの高級セダン、パナメーラを完全に意識したような形状で、完全勝利を狙うメルセデスAMGの本気を感じさせてくれます。

リアスポイラーは、固定式とアクティブスポイラーの2種類が存在することが、今回のショーで確認できました。リアスポイラ―の効能は、超高速走行時の空力特性最適化による安定性の向上、サーキットでのダウンフォース増加によるコーナリング性能の向上、燃費の改善など、効果が大きいことから、メルセデスAMGにも必須のアイテムなのでしょう。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ

さらにリアラゲッジスペースは、セダンのようなトランクではなく、大開口のテールゲートを持ったファストバックを採用しています。これも、パナメーラを想起させるポイントです。

メルセデスAMG GT4ドアクーペ

後部シートは、独立固定式と左右分割可倒式を選ぶことができ、可倒式のシートを選択すると、広大なラゲッジスペースを作り出すことも可能です。ラゲッジスペースは395Lで、非対称可倒式のシートを倒すことで1,324Lの大容量になるようです。

エンジン、パワートレーン

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ

メルセデスAMG GT 4ドアクーペには、3つのパワートレーンが設定され、そのなかでもっともハイパワーな63S・4MATIC+に搭載されるのが、直噴4.0L V型8気筒ガソリンツインターボです。

最大出力470kW(639hp)/5,500~6,500rpm、最大トルク900Nm(91.8kgm)/2,500~4,500rpmをそれぞれ発生します。この大トルクを吸収するためにシャシーは4WDが必須なのでしょう。

トランスミッションは、9速のAMGスピードシフトMCT・9G。駆動方式は、4WDの4MATIC+。0~100km/h加速3.2秒、最高速315km/hを実現します。

インテリア・シート・居住性

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ

インテリアでひときわ目を引くのが、液晶パネルのメーター類です。ドライバー席の液晶モニターにはフルデジタルのスピードメーターと回転計、中央のモニターにはシャシーコントロールのモード選択、車両状態を示すインジケーター、その他のコントロールを行う画面が表示されています。

メルセデスAMG GT4ドアクーペ

シートは、サイドサポートが大きく張り出したセミバケットタイプです。本革と艶消しのスウェード素材を多用したシートからもただならぬオーラを感じます。

後席シートも、左右独立式のシートの場合は、フロントのシートがそのまま埋め込まれているかのように見えるほど、サポート性の高そうなシートです。若干、乗降性が気になるところではありますが…。

ダイナミックパフォーマンス

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ

先述しましたが、現時点で明らかになっているのは、63S・4MATIC+モデルが0~100km/h加速3.2秒という情報です。パナメーラターボ(ターボS Eハイブリッド)の公式記録が3.4秒なので、それを凌駕してきました。

加速の良さが、そのままクルマの良さにはなりませんが、加速パフォーマンスはポルシェ超えを達成したということになります。

ボディスタイルや、ダイナミックパフォーマンスから、ポルシェ パナメーラの牙城を崩そうと、虎視眈々と狙ってきたのでしょう。欧州では今夏からセールスが始まるとのことで、日本でのセールスはそこから半年以内、といったところでしょうか。

メルセデスAMG GT 63 S

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives