カプチーノやラテなど…飲み物を想起させる車名7選

その①:スズキ カプチーノ

カプチーノ
スズキ カプチーノ

カプチーノは、深入りしたコーヒー豆を加圧式抽出したエスプレッソに、クリーム状に泡立てたミルクを加えたもの。イタリアで好まれる飲み方です。

その名前をいただいたモデルが、スズキが1991年に発売したオープンカー、カプチーノです。軽自動車ながらロングノーズショートデッキスタイルで、エンジンはアルトワークス用に開発されたDOHCターボ(F6A。後期型はK6A)をフロントの縦置きで搭載。

ボディは、ルーフを3分割にしたことで、フルオープン、タルガトップ、Tトップ、クローズドの4形態を1台で楽しめるようにデザインされていました。

小さなカップに入ったクセのあるお洒落な飲み物と、世界的にも小さいFRオープンカーのイメージを重ねた命名でした。

その②:ダイハツ ムーブラテ

カフェラテ
ダイハツ ムーヴラテ

ラテとは、イタリア語でミルクのこと。日本では紅茶にミルクを加えたティーラテなる商品も販売されています。またカフェラテを省略して、ラテと呼ぶこともありますね。

2004年、3代目ムーブの派生車として発売されたムーブラテの由来は、ミルクの意味。コーヒーや料理にミルクを加えると豊かでコクのある味わいになるように、生活に潤いと豊かさを与えるクルマでありたいという思いが込められています。

後継車はムーブコンテで、現在のムーブキャンバスの源流と言えます。

その③:トヨタ コロナ

コロナビール
トヨタ コロナ 1972

1960~1970年代、トヨタ自動車の屋台骨の1台であったトヨタ コロナ。車名は、真赤に燃える太陽、そのまわりの淡い真珠色の光。太陽の冠から取りました。

そのコロナから連想される飲み物は、コロナ エクストラ(コロナビール)。栓を抜いたビンにライムを指して、ラッパ飲みするスタイルのあれです。製造するモデーロ社は、太陽信仰があるメキシコのメーカーなので、おそらく同じ語源ではないかと考えられます。

ちなみにコロナは、2千年以上前から存在するラテン語で、英語のCrown(クラウン)の語源ともなった言葉。上級車種にクラウンがあったことは、偶然でしょうか?

その④:ダイハツ ミラ ココア

ココア
ダイハツ ミラココア

冬にありがたいココアは言わずと知れたカカオ豆を原料とした飲み物。一方、7代目ミラの派生車として2009年に誕生したミラ ココア。

丸をモチーフにした女性向けデザインで、ムーブラテのデザインエッセンスを受け継いでいます。名前の由来は飲み物のココアで、ココアのようにホッとして落ち着く雰囲気。ココロ・気持ちが落ち着く車を意味しています。

次ページ他にもまだまだある…飲み物を想起させる車

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives