ウインカーの点滅速度って変えてもいいの?

ウインカーとは?

車線変更 ウインカー

私たちがウインカーと呼んでいるランプの正式名称は「方向指示器」です。カタログや整備書では、ターンシグナルランプやターンランプと記載されることもあるウインカーは、右左折や車線変更をする際、周囲にこちらの意思を知らせるために重要な役割をはたしています。

日本国内におけるウインカーランプはオレンジ色で統一されていますが、1973年以前までは特に規定がありませんでした。過去には赤色や白色のウインカーが用いられていたこともあります。ちなみにアメリカでは現在も赤いウインカーが認められており、ブレーキランプと兼用になっている車種も多く見られます。

ウインカーが一定の速度で点滅することは世界共通。点滅の制御には、リレーというパーツが使われています。2014年10月の保安基準の改訂により普及が進んでいる流れるウインカー(シーケンシャルウインカー)にもリレーが用いられています。

では、ときおりやたら速く点滅するウインカーを見かけることがありますが、ウインカーの点滅する速度は、好き勝手に変えても良いのでしょうか?

次ページウインカーの点滅速度は変えていいの?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives