オービスの手前に看板がある理由

オービスとは?

オービス

オービスの正式名称は「自動速度取締装置」といい、交通量の多い幹線道路や高速道路に多く設置されています。制限速度を大幅に超えると、自動で速度を記録してナンバープレートと運転手の顔を撮影します。

オービスの種類はいくつかありますが、作動するとカメラのフラッシュのような光を放ちます。(ものによっては点滅だったりする場合もあります)

ちなみに何km/hオーバーになると反応するかですが、正式なデータはなく基準はまちまち。よく言われるのは、一般道で30km/hオーバー、高速道路で40km/hオーバーと、一発免停になるような速度超過ですが、あくまでもそう言われているだけで公式な発表ではありません。噂レベルのデータを信用しすぎるのは禁物です。

オービスの手前に看板がある理由

オービスが設置されている道路には、その1〜3kmほど手前に「速度自動取締機設置路線」といった看板が2つ以上設置されています。色は地域によって違います。

冒頭でも触れましたが、スピード違反を取り締まりたいのなら、警告看板を無くしたほうが検挙率は上がりそうなのに、どうして親切に私たちに教えてくれるのでしょうか?

それは、撮影されたドライバーの肖像権やプライバシーを侵害する恐れがあるためで、そのためオービスの設置を警告看板で知らせています。

過去の裁判の判例(写真を犯罪の証拠として採用するためには、撮影の事前告知と犯罪行為の瞬間の撮影が必要)からも、警告看板で事前に告知することはオービスを設置するうえでの義務となっており、違反者を取り締まりたい警察側からすると少々不本意なのかもしれませんね。

住み慣れた場所であればオービスの設置個所で、意識してスピードを落とすこともできますが、土地勘のない道路では、疲れていたり同乗者との会話に夢中になっていて見落としてしまうということもあるかもしれません。

とはいっても、オービスの前でだけスピードを緩めるというような運転方法は、いつか見落として検挙される可能性が非常に高いといえます。たとえ10km/hオーバーであってもスピード違反であることには変わりありません。普段から安全運転を心がけるようにしたいものですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives