新品タイヤにある、赤と黄色の丸いマーク。これってなに?

重量か、真円か…バランスどりの妙…

赤点、黄点の意味が概ねわかったことと思います。しかし、疑問も出たのではないでしょうか。「どっちの点で合わせたらいいのか?」ということです。

重量バランスをとるには黄色の軽点をエアバルブの位置に合わせる必要があります。しかしこの軽点を優先すると、今度は赤点をつかった真円性重視のセッティングはできません。

ただ、重量バランスを優先しないと、ホイールに余分に重り(ウエイト)を付けることになります。

とはいえ、現在のタイヤの工作精度は非常に高く、いずれのマッチングでも充分安定性の高い状態になるという声は多いようです。実際、いずれのマークも採用していないミシュランなどは、その根拠として高い製品精度を挙げているぐらいなのです。

こだわりのあるショップでは、ユニフォミティテスターを導入しているところもあり、高い真円度を追求することも可能です。新品時と大きくコンディションが異なってしまう上に、先の赤点・黄点マークも消失してしまう中古タイヤのセッティングにも助けになってくれるかもしれません。

タイヤ専門店では、それぞれのノウハウを活かしたベストのタイヤセッティングを行っていると思います。こうしたポイントに留意して、お店選びをしてみるのも良いかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives