ドライブ好きなら気になる!? 日本一長いトンネルは?

日本の長いトンネルランキング

アクアライン

※写真提供:NEXCO東日本

日本には、長いトンネルが多く存在します。おそらく利用したことがあるという方も、多くおられることでしょう。そのトップ5をチェックしてみましょう。

5位…栗子トンネル(福島県〜山形県:東北中央自動車道)8,972m、2017年開通
福島県福島市と山形県米沢市の県境にある栗子峠にあるトンネル。開通前は、峠越えの国道(13号)で、冬期には通行止めが発生しやすいポイントとして有名でした。東北地方では最長、無料で通行できるトンネルとしては日本最長です。

4位…アクアトンネル(神奈川県~千葉県:東京湾アクアライン)9,610m、1997年開通
ご存じ東京湾アクアラインのトンネルです。開通当時は価格が4000円もしたので話題になりましたね。現在では、低廉な料金で利用でき、東京・神奈川と千葉を繋ぐ重要なインフラとして活用されています。

3位…飛騨トンネル(岐阜県・東海北陸自動車道)10,710m、2008年開通
非常に難工事となったといわれている飛騨トンネルは、対面通行で供用されている道路トンネルでは国内最長とされています。また青函トンネル以上の難工事といわれながらも死亡事故0という、日本の技術力を証明するトンネルでもあります。

2位…関越トンネル(群馬県~新潟県・関越自動車道)11,055m、1985年開通
これは利用した方も多いと思いますで。山岳道路トンネルでは日本最長であり、また高速自動車国道としても日本最長となっています。

5位から2位を紹介してきましたが、じつはもうすぐ開通予定の長いトンネルがあります。それが、関越自動車道路大泉ICと東名高速道路の東名JCT(二子玉川付近)を結ぶ東京外環トンネルです。

その長さは約16,000mで、開通時点で2位となります。このトンネルの躯体底部深度は最大で70mで、物流のみならず技術的な面でも大きな注目を浴びるのは間違いなさそうです。

では、気になる1位はどこのトンネルでしょうか?

次ページ日本最長のトンネルは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives