走行中、水たまりの水を歩行者にかけてしまった!罰金・クリーニング代は払うべき?

水はね運転は交通違反?

雨 走行

歩行者への水はねは、立派な交通違反となります。

そもそも水が貯まるような道路上の窪地を看過してきた道路管理責任者に問題があるのでは?とも思いますが、道路交通法第71条第1項には「ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること」と明記されています。

歩行者保護優先の日本の道路交通法では、歩行者に水をはねるような運転をすることは、迷惑行為に他ならず、ドライバーは『泥はね運転違反』に問われます。反則金は大型車7,000円、普通車と自動二輪で6,000円です。行政処分である違反点数はありません。

また、水はね運転は安全運転義務違反に問われる可能性もあります。他にも歩行者に危害を加えられる位置(例えば路側帯など)で運転したとして通行区分違反、歩行者との距離が不十分だったとして歩行者側方安全間隔不保持等違反に問われる可能性も考えられます。

これら3つの交通違反に問われた場合、反則金に加え、行政処分も課されます。違反点数はいずれも2点。酒気帯運転なら呼気中アルコール濃度が0.25以上で25点、0.25未満で14点で一発免停です。

水はね運転で逃走したら?

もし、歩行者に水をはねても停車せず通り過ぎた後、歩行者から被害届けが出され逮捕された場合、当然ながらドライバーの立場は不利になります。

危険防止義務違反が付加される可能性があり、違反点数に5点上乗せされる可能性も考えられます。スマホ、ドライブレコーダー、監視カメラが一般的になった現代日本では、当て逃げやひき逃げの検挙率は90%を超えるそうです。逃げ得は難しいでしょう。

次ページ水はね運転の民事処分

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives