キャンピングカーの乗車定員ってどうやって決まるの?

キャンピングカーの構造要件

キャンピングカー

現在、国内で人気のキャンピングカーは、バンコンと呼ばれるタイプで、ハイエースなどの箱型ワンボックスバンを改造したものです。

通常4ナンバー車として販売されているバンをキャンピングカー(8ナンバー)で登録するには、満たすべき構造要件があります。

その要件は、おもに2点で、調理施設と給排水施設が整っていることと、乗車定員3分の1以上の就寝施設が備えられていることです。(ただし端数は切り上げで、乗車定員3名の場合は最低2名分以上の就寝施設が必要)

キャンピングカーだからといって、乗車定員に関する特別な要件はありません。

キャンピングカーの乗車定員に影響する要因

キャンピングカーショー

たとえば、バンコンを製造する際、後部空間に座席を設置するには、どのような要件があるのでしょうか。

座席幅は、1人につき400mm以上が必要で、設置角度は進行方向と同じ前向きに座席を設置する際は、車両中心線に対して座席の角度が左右10度以内、横向きの座席の場合は、車両中心線に直角に交わる線に対して左右10度以内となっています。

もちろん乗車定員分のシートベルトは必須。以上の保安基準を遵守すれば、スペースが許す限り座席はいくつでも設置できます。

ただし、各種自動車免許で規定される最大乗車定員に、キャンピングカーの乗車定員も例外なく制限されます。普通と準中型免許であれば10人以下、中型免許で29人以下、大型免許で30人以上です。

日本のキャンピングカーの乗車定員の決定要因は、ベース車のスペースと免許制度にあると言えます。

キャンピングカーの横向き座席は禁止になった?

2017年7月26日より、3ナンバー車と5ナンバー車で走行中に横向き座席の利用が禁止されました。以前より1ナンバーと4ナンバーの商用車でも運転中の横向き座席は禁止されていたので、運転中に横向き座席が使用できるのは大型バスなどの2ナンバー車と特殊用途の8ナンバーに限定され、キャンピングカーもそれに含まれます。

8ナンバーを取得していないキャンピングカーといえば、メーカーが架装したキャンプ向け仕様車や軽キャンパーなどですが、規制以前より横向き座席車は数えるほど。事実上、横向き乗車が禁止されたのはラウンジカーやリムジンなどと考えた良いでしょう。

ただしいくら横向き乗車が合法とは言え、その危険性は無視できません。前後縦方向の衝撃に対しては、シートバックのような乗員を衝撃から守る設備がないので、最悪の場合は車内で身体が飛ばされる可能性が考えられます。また横方向からの衝突では、そもそもキャンピングカーの横向き座席のシートバックは運転席のように大型ではないので、十分に乗員を保護できるとは言い難いものです。

安全な乗車を考慮するのであれば乗車中は前向き、目的地に到着したらシートアレンジで横向きにしたり、ベッドにしてくつろぐ利用方法が良さそうです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives