珍しい3シーターの車3選

その①:S310系ダットサン フェアレディ1500

日産 ダットサンフェアレディ 1500 3シーター

ダットサン スポーツ DC-3の流れを汲むダットサン フェアレディの2代目モデル S310系は、日産 フェアレディZの前身となるモデルです。

3シーターだったのは、1962年から1964年にかけて製造された1.5Lエンジンを積んだフェアレディ1500。シートレイアウトは2+1で、後部座席は現在では考えられない横向きです。運転席後部にシートが左側に向けて設置されており、2点式シートベルトが後部座席には備わっています。

1964年のマイナーチェンジでS310系ダットサン フェアレディは2シーターに改められます。希少価値の高い幻の3シーターですね。

ちなみにこのシート配置は、同時期のメルセデス・ベンツSLにも用意されていました。

その②:マクラーレン F1

マクラーレン F1
マクラーレン F1

伝説のF1ドライバー、アイルトン・セナの名を冠したモデルを発表したことで話題のマクラーレンは、スーパーカーに3シーターレイアウトを持ち込んだ最初のメーカーです。

その記念すべきモデルが、BMWのV12エンジンをミドに搭載したマクラーレン F1です。鬼才との異名を取るデザイナー、ゴードン・マーレーが手がけたマクラーレン F1のシートレイアウトは、ドライバーをセンターにその両サイドに後方にオフセットした位置にパッセンジャーシート2つを配置するというものでした。

これは、フォーミュラマシンから着想を得たもので、車両のセンターに座ることでドライバーは左右前輪の位置を把握しやすくなることに加え、重量配分に対しても利点があるものです。

このレイアウトは、アイルトン・セナの名を冠したモデル ハイパーGT(仮称)に受け継がれることが予想されています。

その③:SCG 400S

アメリカのスーパーカーメーカー、SCG(スクーデリア キャメロン グリッケンハウス)をご存知ですか?カーマニアとして名高い映画監督のジェームズ・グリッケンハウス氏が、自分の理想とする車を製造するために設立したメーカーです。

そのSCGの最新オリジナルモデルが、SCG 004S。最大出力650hp、最大トルク73.4kgmを発生する5.0L V8ツインターボをミドに搭載する3シーターのスーパーカーです。


メリットが多いスポーツカーの3シート配置、今後、世界の高級スーパーカーの世界でトレンドになりそうですね。

番外編:トヨタ ハイエースバン

トヨタ ハイエースバン 3シーター

正真正銘、どなたでも購入できる現在販売中の日本製3シーターといえば、トヨタ ハイエースバンです。

DXグレードならフロント3座席で、リアの広大な空間はカスタマイズし放題!そのまま仕事用やトランポ、レジャー用品を積み込んでも良いですし、改造してキャンパーやカーオーディオを組むこともできます。車検適応内なら、好きなように楽しめますね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives