「ビックス情報を受信しました」ビックスってなに?

1996年に実用化されたビックスとは?

渋滞

ビックスはVICSと表記し、Vehicle Information and Communication Systemの頭文字を取ったものです。日本語に直せば、道路交通情報通信システムのことです。

1986年より研究が始まったVICS。1996年には東京、神奈川、埼玉、千葉で実用化され、その後日本全国にVICS網は拡大し、2004年の北海道・北見地区への導入をもって全国のVICS網が完成しました。

VICSは、昨今、進化が著しい自動車のConnectivity(コネクティビティ)の元祖とも言うべき技術。VICSセンターからの情報を、各車両の端末で受け取る単方向情報通信です。

情報は、日本道路交通情報センター、各都道府県警察、道路管理者などから収集し、編集したもの。内容はおもに、渋滞、所要時間、交通障害、交通規制、駐車場があります。

これを道路に設置された各種ビーコンやFM多重放送を通じ、VICS対応カーナビや各種ビーコンの受信機を搭載した端末に伝えられます。それら情報を、搭載しているナビが受信したときに「ビックス情報を受信しました」というメッセージが流れます。

ナビの渋滞情報は、このVICS情報をもとにしているか、自動車メーカーやAVメーカーが独自の情報をもとに発信しているかの2通りがありますが、一般的に活用されているのはVICSです。

道路の渋滞状況を受信し、ナビが快適に走行できるルートを探すことができるなど、利点の多いVICSですが、いくつかの弱点があります。

次ページVICSにはいくつか弱点がある!?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives