高速道路の壁面のツタ。あれってどんな役割があるの?

壁面にナツヅタを植えた理由は?

ナツヅタ

ナツヅタを植えたのは、高速道路の緑化を目的としたためです。灰色のコンクリートと道路が延々と続くより、適度に景観も楽しめたほうが、視覚的にも優しく、やわらかい印象になりますよね。

もちろん、視覚的効果だけでなくCO2の削減や地球温暖化など、さまざまな環境負荷を軽減することもできます。

その効果に目をつけたのが、NEXCO総研 緑化技術センターでした。ところが、当初ナタヅタは一般的ではなく、簡単に手の入るものではありませんでした。そこで、甲子園球場にお願いして種子を譲り受けることになったそうです。

その種子をセンターで1年〜1年半かけて育てた後、昭和47年から平成14年まで高速道路脇に植え付けてきました。

他の植物ではだめだった?

ツタ状の植物はナツヅタ以外にもたくさんありますが、なぜNEXCOはナツヅタにこだわったのでしょうか?

その理由のひとつにナツヅタには、成長が早く手がかからないというメリットがあります。

全国の高速道路で栽培するとなれば、世話をするのが大変ですからメンテナンスは少しでもラクなほうが掛かるコストを抑えることができます。

また、ナツヅタにはツタの吸盤で壁に付着するため、コンクリート壁などでもしっかり上に這い上がっていく性質があります。そして、夏は青々と生い茂り、秋は綺麗に紅葉するため四季を通して高速道路の景観を彩ることにひと役買っています。

日本の主要高速道路を管理するNEXCOは、道路環境だけでなく、こうした景観作りにも力を入れているのですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives