中古で買える!今乗っていたらお洒落なコンパクトカー5選

マニアックでも日常を豊かにしてくれるモデル

ボルボV40

ボルボ V40  T4 Momentum

'90年代に日本にワゴンブームが訪れた時、その頂点にいたのが「ボルボ」でした。スウェーデンの老舗が造るエステートワゴンは、豊かさの象徴であり、多くの日本人の憧れでもありました。ボルボというと、やはり大きいクルマというイメージが強いようですが、実はコンパクトカーにも非非常に力を入れています。

その代表格が「V40」です。実質の先代モデルであるC30は日本でそれほど人気が出ませんでした。ですが2013年に導入されたV40は、手頃なサイズと魅力的なデザインが功を奏して、ボルボでは成功を収めた車種となりました。

グリルやリアビューなど各部ではボルボらしさをアピールしているものの、全体的には従来のボルボらしさを感じさせないエクステリアデザインが、欧州車ファンの目を惹きました。車内に視線を移せば、スカンジナビアのモダンデザインが遺憾なく具現化されており、プロダクトデザインマニアを唸らせました。

スイッチひとつで表情と機能を変えるメーター、ユニバーサルデザインのHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)、現在すべての自動車メーカーが追随している安全装備など、発売からすでに5年が経過している現在でも、まったく色褪せてはいません。

まだ新しい車種のため、購入予算は150万円くらいですが、手がかからないという点では日本人の気質に合っているかもしれません。また、人とはちょっと違う欧州コンパクトを考えたいなら、個性は十分と言えるのではないでしょうか。

ちなみにV40にはクロスオーバーモデルもあり、こちらもイマドキのトレンドを狙うには手頃なモデルと言えるのではないでしょうか。

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives