間もなくセレナにも登場!あらためて日産 e-POWERとは?

日産 e-POWERのメリット

日産 ノート

外部充電機能を持たないe-POWERは、自動車の動力源が内燃機関からモーターへ移る際の端境期の技術と見ることもできますが、それだけに現在の交通環境にマッチした設計となっていることが魅力です。

その①:近隣に充電スタンド/充電器がなくても導入可能

100パーセントEVと比較すると、中途半端な感じがしないでもないe-POWERは、その中途半端さが最大のメリットと言えます。

もしあなたがEVの日産 リーフを導入するのであれば、自宅駐車場に充電器を設置したり、通勤やドライブの経路上の充電スタンドの存在を確認する必要があります。公共の充電スタンドは、全国で約2万1千箇所(GoGo EVより)で、いまのところは都市部に集中する傾向にあります。

その点、ガソリンスタンドで給油できるe-POWERは、導入までの敷居が低くなります。

その②:地球環境とお財布に優しい

e-POWERに搭載されるエンジンは、1.2L直3のHR12DE型エンジン。ガソリン仕様のノートにも搭載されるエンジンですが、e-POWERでは発電に適したチューニングが施されています。

具体的には、エンジンの圧縮比を高め、最大トルクを3,600-5,200rpmという回転域で発生。ノートe-POWER Sの燃費は37.2km/Lを達成しています。e-POWER Sの燃料タンクは35Lなので、1度の満タンで1,300kmの走行が可能となる計算です。日常用途なら月に1度の給油で十分ですね。

また減速時には回生システムが作動し、アクセルOFFだけで減速することが可能で、ブレーキのフェードはもちろんライフにもひと役かっています。

その③:中低速域のドライバビリティに優れる

e-POWERの動力源は、初期から最大トルクを発揮できるモーターなので、内燃機関と比較すると停車時の発進から力強く、街中での加速でパワー不足を感じることは少ないでしょう。

e-POWERの最大トルクは、254Nm(25.9kgm)/0-3,008rpmで、これは2.5L自然吸気ガソリンエンジンや2.0Lターボエンジン並です。

日産 e-POWERのデメリット

実用的なEVとして魅力的なe-POWER搭載車ですが、慣れるまではいくつか気になることがあるかもしれません。

そのひとつが動力源の特性の違いで、発進時から最大トルクを発生するモーターと、回転数を上げながら高出力を生み出すエンジンとでは、アクセル操作で慣れが必要です。

またモーターは最大トルクを発生できる回転数が広いため、日常域の運転速度ではパワー不足を感じることは少ないものの、高速域でエンジンのように湧き出るパワー感を感じることもありません。この点はガソリンエンジンの出力特性に慣れている方には、運転のしづらさやモーターのデメリットとして感じるかもしれません。

しかしいずれも慣れてしまえば、ガソリンエンジンにはないモーター独自の魅力として感じることでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives