さよならビートル…。2019年日本での販売を終了!

VW The Beatleとは?

VW ビートル 2016

VW The Beatleは、てんとう虫の愛称で知られたVW タイプ1のデザインをモチーフしたNew Beatleの後継モデルです。日本では、2012年から販売を開始し、2018年1月30日までに約35,000台を販売しました。

ボディは、ジェッタ用(ゴルフ5系)のA5プラットフォームを採用したことで、ゴルフ4用A4プラットフォームをベースとした先代のNew Beatleよりも、全長、全幅が拡大。居住性が改善されています。

またターボエンジンを搭載したR-Lineは、Type1の開発にポルシェ博士が参加したエピソードに思いを馳せることができるスポーツモデルに仕上がっています。

VW The Beatle日本販売終了の理由は?

VW The Beatle 2018

The Beatleは、前述の2018年1月までの実質5年間で、約35,000台を販売。年7,000台の販売台数は、輸入車としては上々の数だと思いますが、なぜ2019年で日本での発売が中止になるのでしょうか。その理由を考察してみました。

その①:安全装備が時代遅れ

VW ビートル 2016

2012年に発売開始されたThe Beatleは、ゴルフ5系をベースに設計されています。そのため安全運転装備は、ABSやESC、リアトラフィックアラートなどで構成されるひと世代の前のもの。

アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシストシステム、渋滞時追従支援システム、プリクラッシュブレーキシステムなどを取り入れた予防安全装備はオプションでも用意されません。

日本では、経産省のサポカーキャンペーンにより、自動運転レベル2の技術をベースにした自動衝突回避システムや自動ブレーキを備えた安全運転サポート車の普及を目指しており、その目標は2020年に9割とされています。

つまりThe Beatleの安全装備は、今後の市場ニーズに合致しない可能性が高まっているのです。

その②:大ヒットが見込まれるT-Rocは、2018年発売?

VW T-Roc

2017年に発表された小型SUVのT-Rocが、2018年度中に日本導入されるかもしれません。昨今のブームに加え、都会的な洗練さが融合したT-Rocは、大ヒットが予想されます。

MQBプラットフォームがベースのボディサイズは、全長4,234×全幅1,819×全高1,573mm。エンジンは、1.0L、1.5L、2.0LのTSIと、2.0Lのディーゼルになる予定。エントリーグレードは、The Beatleより自動車税も軽減され、コスパも良さそうですし、運転支援技術は現代的なものになるでしょう。

となると、どちらの車種に販売店のリソースを振り分けるかは、予想がつきますね。

次ページ2019年以降にThe Beatleを購入するには?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives