噂がついに実現!新型スープラ発表は、ジュネーブモーターショーか?

待望の新型スープラ、2018年ついにベールを脱ぐか…

トヨタ FT-1

※画像はTOYOTA FT-1

ここ数年、新型スープラの復活話は、ことあるごとに取り沙汰されてきました。その内容は、BMW Z4のリソースを活用するなど、具体的なところも見えてきています。

スープラといえばクルマ好き日本人にとっては、特別な意味を持つモデル。それだけにBMWのパワーユニット搭載には、複雑な思いもあるのですが、裏を返せば、天下のトヨタといえど、本格スポーツモデルを開発・リリースするには多大なリスクがある、ということを示しているといえるかもしれませんね。

新型スープラのパワーユニットは、すでに2.0L直4エンジン(最高出力250ps)と、3.0L直6エンジン(最高出力340ps)の塔載が噂されています。またプラットフォームは、BMW製のCLARが採用されるようです。価格帯は500万円~800万円で、グレード展開がなされるとも想定されています。

新型スープラの在りようについて、皆様も賛否さまざまあろうと思いますが、エコカー、ことさらEVの存在感が増している昨今、あの伝説的なスポーツモデルが復活するという事実は、前向きに捉えるべきでしょう。

存在感を高めたい「GRブランド」

トヨタ GRブランド

新型スープラは、トヨタの「GRブランド」からリリースされるという話もあります。

現在、WRC参戦中のヤリス(ヴィッツ)が好調なこともあり、ここ日本でも足回り、ミッションなどチューニングしたヴィッツ GRスポーツ”GR”もリリースしています。また1.8Lスーパーチャージャーを搭載したホットハッチGRMNヴィッツも今春に限定発売されるなど、トヨタのスポーツブランドとしての位置づけに注力している感があります。

いわば、日産におけるNISMO、スバルのSTIのようなブランディングを目指しているのは間違いありません。そのブランディングの要として、新型スープラがもっとも収まりの良いモデルであるのはいうまでもないでしょう。

まだGRブランドからスープラがリリースされると決定しているわけではありませんが、リリースの暁にはGR仕様、あるいはGRMN仕様が登場するのは時間の問題といえましょう。

また車名に関しても議論がなされているようですが、日本のみならず、北米マーケットでもスープラのネームバリューは大きく、やはり新型スープラとして我々の前に姿を現すのでは…と思うところです。

ジュネーブモーターショーで全貌が明らかになるのか!?

※画像はGRスーパースポーツコンセプト

ジュネーブモーターショーは、2018年3月8日~3月18日にスイス・ジュネーブで開催予定です。兄弟車であるBMW Z4も、昨年の夏以来、公式な場に登場していないので、そろそろ市販モデルがローンチされても良い頃合いです。それとともに、新型スープラもなんらかの発表がなされるものと思われます。

トヨタ関連でいえば、先の東京オートサロンにおいて「GRスーパースポーツコンセプト」も発表しており、ここ数年来、エコのみならずスポーツ色もしっかりと強めているのは間違いのない事実。またヤリスでのWRC参戦も、トヨタのブランディングに奏功している感があります。

”トヨタ”のフラッグシップスポーツの帰還を見ることとなるのか、今年のジュネーブモーターショーには注目しておきましょう。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives