ヘッドライト内側に水滴。その対応策は?

ヘッドライトの構造

ヘッドライト

ヘッドライトユニット内にはバルブやLEDなどの光源があり、発光することで車両前方を明るく照らし出します。LEDならほぼ熱を発生しないので結露は起こりづらいと考えられますが、バルブタイプの光源では光とともに熱を発生し、結露の原因となります。

ヘッドライトユニットには、その熱や水分を逃がすための通気口があります。もしバルブとヘッドライトカバーの間の空間が密閉されていたら、ヘッドライトユニット自体に歪みが生じたり、シール材が傷む可能性があります。

またフロントヘッドライトンの近くには、自動車で最大の熱源となるエンジンがあります。エンジンの熱とヘッドライトバルブの熱が合わさることで、ユニット内部は高温になりレンズカバーに結露が発生します。

ヘッドライトは結露前提に設計されている!?

ヘッドライト 水滴

ヘッドライトユニット内に湿気を帯びた空気が侵入し結露が発生することは、自動車メーカーやヘッドライトメーカーでは先刻承知のこと。つまりヘッドライトは、ユニット内に結露が発生すること前提に開発・製造されているのです。

またヘッドライト内に結露が発生しても、配線はショートしないように対策されています。ヘッドライトの照度が低下しない限り、結露を恐れることはないといえるでしょう。

ヘッドライトに結露が発生する原因と対策

設計上ヘッドライトに結露対策が施されれているとは言え、想定外は起こるもの。同じ車両を長年使用していれば、いずれヘッドライトカバー内に発生する結露が多くなりライトの照度を低下させる場合もありますし、照度が落ちないまでも天気の良い日などにヘッドライト内に水滴が付いているなんてことがあります。

ノーマル状態で愛車を使用しているのなら、疑わしいのはヘッドライトユニット周囲に設けられたパッキンの経年劣化。最寄りのディーラーに持ち込んで対策してもらいましょう。

また、バルブを交換している場合は、バルブを収めるホール部分の密閉具合や裏ブタ、ダストカバーの密着度を疑ってみてください。正しく装着されていなかったり、噛み合わせの悪い場所があるかもしれません。

また、ヘッドライトユニット全体をアフターパーツに交換して結露が発生するのであれば、製品不良の可能性もあります。まずはパッキンやシーリングを疑ってみましょう。パッキンの一部がめくれていたり、シーリングが一部破損しているなどの事態も考えられます。

このような場合の対処法は自分で修理する他、ディーラーや工場に持ち込んで有償での修理になります。

すぐには大きなトラブルにつながらないヘッドランプユニットの結露ですが、長年続けるとカバー内部の曇りの原因になることもあります。そうなると、夜間の視界が低下するばかりか、見た目も美しくありません。結露が激しいようなら、ディーラーや整備工場で点検してもらいましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives