スマホの「ながら運転」が問題視!今後は運転中の喫煙も規制されるのか?

スマホの「ながら運転」取り締まり強化

スマホ ながら運転

近年、スマートフォンや携帯電話の「ながら運転」による交通事故が増加していることを受けて、運転中のスマートフォン・携帯電話の操作で危険が生じた場合について、道交法の見直しが行われることになりそうです。

具体的には、運転中のスマートフォン・携帯電話の操作で危険が生じた場合、従来の「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」。直接危険を生じない場合についても、「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化される予定です。

携帯電話などの使用による交通事故は2011年の1,557件に対し、2016年には2,628件にまで増加。内閣府が2017年に行った調査では、約13%の人がスマートフォンや携帯電話を走行中に使う、いわゆる「ながら運転」の経験があると回答しています。

これだけ「ながら運転」が問題視されると、気になるのは、運転中のたばこは飲食。厳密には、ながら運転にあたるそれらの行為は、運転は取り締まりの対象になったりはしないのでしょうか?

ちなみにスマホのナビは?

明確にはなっていないのですが、ホルダーなどに固定してカーナビとして使うのであれば問題はなく、手に持って操作すると違反ということになると思われます。

また、運転中の操作は、車載のカーナビ同様、画面を注視することになるので違反です。

さらに、スマホをカーナビとして使う場合、前方の視界をさえぎる位置にホルダーを設置していても、取り締まりの対象になる可能性があります。

車内でスマホ、どこまでセーフ?
フロントガラス内側にぬいぐるみ。これって違反?

次ページたばこの「ながら運転」はいいの?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives