BMW M5がギネス登録!世界最長ドリフト記録更新!

BMW M5が86の世界記録を破る

BMW M5 2017

BMWは、新型M5によって、世界最長ドリフトの記録を更新しました。

前回86が記録を作ったのは2017年6月12日で、168.504kmの距離を連続でドリフトしギネス更新。ちなみにその前は2014年6月で、144.126kmでした。

それから1年もしないうちに、BMWによって新たな記録が樹立されたことになります。ドライバーは、Johan Schwartz(ヨハン シュバルツ)。BMWのインストラクターを務める彼は、2013年にもドリフトの記録を当時のM5で打ち立てています。

M5が更新した記録は?

BMW M5 2017

今回、アメリカ サウスカロライナにあるBMWパフォーマンスセンターの定常円コースを使って、Johan SchwartzがM5で樹立した記録は、なんと374.17km。200km以上も距離を伸ばしました。

時間にして約8時間。当然、それだけ長い間ドリフトを続けていれば、給油も必要。しかし、給油のために停車してしまうとそこで記録は途絶えてしまいます。

そこでBMWが選んだ方法は、給油車も一緒にドリフトをしながら給油を行うこと。そのため給油のため、Johan Schwartzが乗るM5には、特別な給油口がセットされました。

飛行機でいえば、空中給油的なことですが、それをドリフトしながら行うのは、まさに神業。動画では、難なくこなしているように見えますが、給油のために極限まで2台を使づけたりと、距離感やバランスも非常に重要になってしまいます。

どちらかのバランスが崩れ、接触してしまえばそこでドリフトが終わってしまう可能性もあり、精度の高さが求められます。
味方によっては給油の方が難易度が高いということもできそうです。

給油車のドライバーは、BMWパフォーマンスセンターのチーフドライビングインストラクターであるMatt Mullins(マット マランス) です。この方法で、8時間のなかで5回の給油を行うと同時に、1時間に渡りランデブー走行を続け、79.3kmのツインドリフト記録もマークしました。

BMW M5 画像ギャラリー

今回、BMWがチェレンジするに当たって86の姿に掻き立てられるものがあったのでしょうか?「駆け抜ける歓び」をコンセプトに掲げるBMWとしては譲れないものがあったのかもしれませんね。

次にこの記録を破るのはどのメーカーなのか、それともBMW自身なのか気になるところですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives