R32やスープラ…旧車の購入をする際に気をつけるべきこと7選

⑤達人を見つけておこう!

自動車整備工場

90年代、あるいはそれ以前のほとんどは2002年で廃盤になりましたから、そうした車種は、メーカーによる純正部品の保管期限である15年を過ぎています。現時点で欠品が出ているパーツも多いはずで、今後は維持も修理も困難になります。

また、さまざまな事情により、正規ディーラーは旧車に関してはあまり役に立てません。パソコンで純正部品の在庫を調べ、メーカー在庫も無ければ、なにもできなくなっています。

そういう時、純正部品が無くてもなんとかしてくれてる達人を車の”主治医”として頼れる環境がなければ、旧車ライフは絶対に行き詰まります。

達人の多くは、早く仕上げることよりも、確実に修理することを前提に作業をすすめてくれます。これは逆にいえば、ディーラー作業のように、持ち込んだときに作業が完了する日にちを確約できないということにもなるわけで、思った以上に工場に預けっぱなしになることもあります。

そんな達人と付き合う歴史が、そのまま旧車と付き合う歴史だ、くらいに考えておきましょう。

⑥手に入ったらまずは徹底的に点検!

車を手に入れたら、まずは徹底的な点検をします。

業者による納車前の確認などは、できることが限られますし、完全なレストア直後でも無ければ新車と同じように乗れるわけも無く、調子が悪かったり、交換が必要になるところの10や20はすぐ見つかると思ったほうがいいです。

そういう意味でも購入前のチェック!などは、たいした意味がありません。むしろ購入前に試乗して調子の悪いところを見つけたら、事前に治す必要のあるところが把握できて良かった!と喜ぶべきかもしれません。

⑦盗難には本当に注意!

ガレージ

日本では一般的な需要が少ない旧車でも、世界的に見れば貴重品になることもあります。そのためバイヤーとは別に、窃盗を狙う輩が発生します。

自宅の駐車場に停めていても、朝起きたら盗まれていた!というケースすらありますので、けして油断せず盗難防止の手段を尽くしましょう。

可能であれば自宅敷地内の駐車場で、物理的に物音も立てずに運び出せないような対策を施すか、それが無理なら機械式駐車場やタワーパーキングなど簡単に出せないような場所がベストです。

どうしても一般の月極駐車場に止めなければいけないなら、一番奥で出し入れが難しく、見通しの悪い場所に、フォルムを偽装するようなボディカバーをつけておくくらいの用心が必要です。

最近では、GPSで追跡可能な盗難防止装置もありますから、そういった対策も施しておきたいですね。


旧車と生活をともにする場合、問題のほとんどは購入後に発生しますから、対処できる環境を購入前に作っておけば問題ありませんし、そこを考えておかないと購入後に必ず困ります。

購入前に気をつけることと言えば、車体が原型を保ちオリジナルのエンジンが載っていること、そして修理では治せない致命的な故障がないかくらいで、その他の細かいところは購入してからどうにでもなります。

旧車ライフは、購入後に維持できる環境づくりから始めましょう!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives