クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

【東京オートサロン2018】グッドイヤー、静粛性を究めた2種のコンフォートタイヤを出展

目玉は静粛性を究めた2種のコンフォートタイヤ

【東京オートサロン2018】グッドイヤー

今年のオートサロンでは「Premium Goodyear」をテーマとした出展となりました。

出展の目玉となるのは2018年2月に発売される新製品のサマータイヤ2種で、デモカーのプリウスに装着されていた乗用車用コンフォートタイヤEfficientGrip Comfort(以下E-Grip Comfort)と、レクサスRXに装着されていたSUV用コンフォートタイヤE-Grip Performance SUVです。

いずれも静粛性を究めたコンフォートタイヤで、ブース内では発売に合わせて2018年2月1日より放映される「喧騒を、置き去りにしよう。」をキャッチフレーズとした新TVCMも流されていました。

【東京オートサロン2018】グッドイヤー
【東京オートサロン2018】グッドイヤー

乗用車用向けのE-Grip Comfortの「E」はEfficient(効率が良い)を意味するもので効率よくグリップするタイヤという意味です。併せて高い静粛性・乗り心地を提供しています。

サイズは15インチ~20インチまで合計51サイズと幅広く揃えており、多くの純正サイズ・インチアップサイズに適合しているのも特徴です。

【東京オートサロン2018】グッドイヤー
【東京オートサロン2018】グッドイヤー

SUV向けのE-Grip Performance SUVは2015年に発売されているHP01のオンロード性能をさらにアップさせています。静粛性向上をうたうだけあって、パターンノイズは9%減してますます静かで快適なタイヤになりました。

また、ブレーキ停止距離も大幅に短縮されており、ドライブレーキ停止距離は9%短縮、ウエットブレーキ停止距離は15%もの短縮を実現しています。サイズは17~20インチまで25サイズの展開となります。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives