ミニバン界を牽引するトヨタの3兄弟!ヴォクシー、ノア、エスクァイアの違いって?

トヨタ ヴォクシー(ネッツ店)

トヨタ ヴォクシー 2017

ノアと同時に登場した姉妹車で、トヨタの多チャンネル販売体制のなかで若年者層をおもな対象とするネッツ店向けがヴォクシーです。

ネッツ店の客層に合わせたシャープで若々しいデザインを持つことが特徴で、3代目ではドレスアップベースとしての要素を強めています。

現行、3代目モデルのエンジンは、ノアと同様、2.0Lガソリンと1.8Lのハイブリッド。3列シートの7/8人乗りも同じです。

3兄弟のなかの1台ではありますが、ネッツ店専売のトヨタ国内向けハイエンドミニバン、ヴェルファイアの弟分でもあります。

トヨタ ノア(カローラ店)

トヨタ ノア Si ハイブリッド 2017

トヨタオート店(現在のネッツ店)向けのライトエース ノア、カローラ店向けのタウンエース ノアが統合され、2001年にカローラ店向けミドルクラスワゴンとして登場したモデルが、ノアです。

ライトエース/タウネース ノア時代までの「商用バンとベースを同じくする、FRを基本としたミニバン」から脱却し、イプサムとプラットフォームを共用するFFの低床ミニバンとなりました。と同時に、ハイルーフ化によって室内空間を拡大して快適性を大幅に向上させています。

2001年の初代モデル以来、一貫して2.0Lガソリンエンジンを搭載していましたが、2014年にデビューした3代目では1.8Lハイブリッドモデルが追加されました。

ノア、ヴォクシー、エスクァイアといった3兄弟のベーシックモデルにあたるノアのスタイリングは、保守的な印象。2代目までラインナップのあった5乗り仕様は、3代目で廃止され、現在は7/8人乗りの3列シート仕様のみとなっています。

トヨタ エスクァイア(トヨタ店/トヨペット店)

トヨタ エスクァイア 2017

それまでハイルーフのミドルクラスミニバンを持たなかった、トヨタ店/トヨペット店向けに、3代目ノア/ヴォクシーをベースに開発されたモデルがエスクァイアです。

クラウンやマークXを扱い、伝統的にネッツ店やカローラ店よりやや格上のクルマを販売しているトヨタ店/トヨペット店の客層に合わせ、質感を向上。ノア、ヴォクシーとの差別化を図っています。

ただし、保守的で年齢層も高い客層から、ノアやヴォクシーのような3ナンバーのエアログレードは用意されていないことが特徴です。

次ページ3台の違いは何?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives