クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

【東京オートサロン2018】MTのドライブをより楽しくするエクセディの強化クラッチ

静寂性と快適性をもつ新世代の強化クラッチ

【東京オートサロン2018】エクセディ

クラッチ、トルクコンバータ部品の専門メーカー、エクセディは、開発中のスズキ新型スイフトスポーツ、ホンダ S660と最新のシビックTypeR、トヨタ 86/スバル BRZ各専用の強化クラッチを参考出品しました。

【東京オートサロン2018】エクセディ

参考出品の中でも注目なのが、唯一販売予定が決定している86/BRZ用クラッチ。ブースにはノーマルの86とエクセディの強化クラッチの踏力を比較できるコーナーが用意されており、強化クラッチのフィールを確認できます。

ノーマルではかなり柔らかいクラッチで殊更スポーツモデルと感じるものではありませんが、エクセディの強化クラッチはノーマルの1.3倍の踏力が必要とのこと。しかし硬すぎず柔らかすぎず丁度良い具合で、足背を上下運動させるだけで微妙なクラッチ操作が可能です。

また、強化クラッチとご紹介しましたが、製品名は「Carbon-Dクラッチ」。ノーマルのクラッチよりも振動対策を施しています。スポーティーなミッションフィールとミッション周りの音を抑制する優れもの。愛車の86/BRZに更なる高級車感を与えます。

エクセディの86/BRZ用Carbon-Dクラッチは、2018年7月の販売予定とのこと。

強化クラッチのイメージは改造車に搭載されるのが一般的ですが、ノーマル車でも効果が期待できます。

エクセディの強化クラッチは全品車検対応。また、エンジンレスポンスの向上、ミッションの入りが良くなる、半クラッチが簡便になるなどの効果も期待でき、いつものドライブが楽しくなること請け合いとのこと。

ぜひ一度は試してみたいですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives