GT-Rのワゴン版!? 日産 ステージアってどんな車?

ステージアの概要・歴史

ステージア 2代目

日産 ステージアは、スカイラインやローレルとプラットフォームを共用する国産Lクラスツーリングワゴンです。

7代目 R31型スカイラインに設定されていたスカイライン ワゴン(1986〜1990年)の、後継車に相当するモデルですが、ステージアでは専用ボディが開発されました。

初代のデビューは1996年で、2代目は2001年。3代目が発売されることなく消えた悲運のモデルでもありました。

ステージアという車名は、舞台を意味するStageに、前進を意味するAdvanceのAを加えた造語。”一歩進んだ新しいライフステージをユーザーに提供する”という意味を込めて名付けられました。

初代モデルについて

初代ステージア

1996年に発売となった初代モデルは国産初のLサイズワゴンらしく、全長4,880mm×全幅1,755mm×全高1,490-1,515mmの3ナンバーボディが与えられました。

当時としては珍しかったワゴン専用ボディは、バンの設定もなく、シルエットは欧州製ワゴンのような雰囲気。内装もベースとなるスカイラインを超え、クラウンやセドリックなどの高級車に迫る豪華なもの。

搭載エンジンはRB型の3種類で、2.0L 直列6気筒SOHC(RB20E)、2.5L 直列6気筒DOHC24バルブ(RB25DE)、2.5L 直列6気筒DOHCバルブ+インタークーラーターボ(RB25DET)というラインナップでした。

ラゲッジスペースはそれほど広くはなく、スタイル優先のスポーティなスペシャリティワゴンといった位置づけです。

1997年にマイナーチェンジを受け、2.0LエンジンがDOHCのRB20DEに進化。同じ年、R33 スカイラインGT-Rのパワートレーンを流用したオーテックバージョン「260RS」が限定で販売されています。

ミッションは5速MTのみ。電動スーパーハイキャス、ブレンボのブレーキシステムなどを装備した国内最強のステーションワゴンでした。

ステージア オーテックバージョン 260RS

日産 ステージア オーテックバージョン

2代目モデルについて

2代目となるステージアは、2001年に発売されました。

FR用のFMプラットフォームはV35 スカイラインと同様で、抜群の高速安定性と快適性、広いキャビンとラゲッジルーム、世界最高水準の安全性能を実現するとともに、スノーシンクロモード付アテーサE-TSの採用により、高速走行から雪道、不整地路まで快適で安心感のある走りを可能としています。

エンジンは高出力・高レスポンス、低燃費を実現したVQ30DD/VQ25DDに加え、VQ25DET(最高出力:206kW(280ps)/6,400rpm、最大トルク:407Nm(41.5kgm)/3,200rpm)を搭載。

VQ25DETエンジンは、高流量高効率ターボーチャージャー、樹脂タンク製大型インタークーラーにより、圧倒的な加速感を実現するとともに、中速域で2.5リッタークラストップレベルの高トルクを達成し、Lクラスツーリングワゴンとして余裕ある走りを実現しています。

ボディサイズは、全長4,765mm×全高1,510mm×全幅1,760mmと、初代ステージアに比べて全長を短縮。その一方で、リアサスペンションにワゴン専用マルチリンク式を採用。

ラゲッジルームへのサスペンションの張り出しを減らしたことで、5名乗車時のラゲッジ容量は初代に比べて25L拡大した500Lとなっています。

また、ラゲッジスペース下にはアタッシュケースやトノカバーなどの収納を可能とする大容量ラゲッジアンダーボックスも設定。使い勝手も格段に向上しました。

次ページ初代、2代目モデルの燃費や中古相場は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives