最高グレードは3000万円超!35周年のメルセデス・ベンツ Gクラス

メルセデス Gクラス

35年間、基本のフォルムは変えず

剛健な四角いボディがアイコンのGクラス。

元々は軍用車両としてNATOに正式採用されていたものを市販化しました。


こちらが1979年の初代モデル。現行モデルとさほど違いはありません。基本を変えずに35年の長きにわたって生産を続けていることが窺えますね!

販売終了の危機もあった?

ベンツ GLクラス

2006年には同社の高級SUVとして、「GLクラス」が発売されました。

これに伴い、生産終了が噂されたこともありましたが、結局終了したのはショートボディの2ドアタイプのみ。ロングボディの4ドアまだまだ健在です!たとえ、GLクラスが発売してもその地位は不動。その存在感は揺らぎません。

見た目と裏腹にモダンなインテリア

見た目は重厚感溢れるGクラスですが、インテリアに目を向けてみると流石は高級SUV、モダンで高品質な作りになっています。現在のようなインテリアのデザインになったのは2011年のことです。テレビやナビ、オーディオ機能が手元のコントローラーで直感的に選べるシステムの「COMMANDシステム」が導入されました!

コントローラーを上下左右に動かしたり、左右に回転させたりすることで簡単にモードを変更することができます。

ディーゼルエンジン搭載の「G 350 ブルーテック」に注目

現在、Gクラスには4つのグレードが存在しますが注目を集めているのが「G 350 ブルーテック」。

搭載されている3.0L V6 ブルーテックエンジンは、ハイパワーでありながら環境にも優しく、日本の厳しいディーゼル規制をクリアすることに成功しました!ディーゼルというと、騒音や振動が気になると思いますがGクラスのディーゼルはその問題を解決済み。

どんな道でも涼しい顔で走れること間違いなしです!

そして、G 350 ブルーテックが注目されているもう1つの理由は価格。現行の4つのモデルの中で唯一1000万円を切る998万円です!

最上級の「G65 AMG」になると価格は約3300万円・・・このレベルまで来ると、超高級SUVと言わざるを得ません。

憧れの高級SUV、メルセデス・ベンツ Gクラス。興味のある方はまず試乗から始めてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事