クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

【東京オートサロン2018】CLIMATE発「SUW」の独自デザイン

SUWブランドのボディキットとホイールを装着した4台が展示

【東京オートサロン2018】CLIMATE

他社の2倍ほどのスペースに構えたCLIMATEブース。SUWブランドのボディキット(エアロパーツ)とホイールを装着したトヨタ C-HR、ハリアー、ランドクルーザー、ランドクルーザープラドの4台が鎮座し、その背後に新作ホイールを壁掛けで見やすく展示されていました。

SUWブランドのコンセプトは、世界のストリートカルチャーやスポーツファッションに精通したデザイナー鈴木一泰氏による『"日本発"のホイールデザインを世界に!』。モータースポーツマシンにインスパイアされた従来のデザインテイストとは一味違うホイールやボディキットが特徴です。

【東京オートサロン2018】CLIMATE

東京オートサロン2018では、2018年新作のホイールとボディキットを展示。なかでも注目なのがトヨタ C-HR用ボディキット。

内容はフロントとリアのバンパースポイラー、サイドパネル、サイドステップ、オーバーフェンダー、ルーフ用GTウイング、エアロボンネット、フロントバンパー用ディライト、マフラー。

リアバンパースポイラーの中央部はリアディフューザー状のデザインで、マフラーはそのすぐ横に開孔された孔から突出します。両側4本出しですが、左右それぞれ縦に2本出しなので、マフラーも専用品を選びたいところです。

C-HRを愛車にするのなら、検討したいボディキットです。というのもフロントバンパーのディテールがうるさすぎず良い具合に密集しており、これが好印象。ノーマル状態のフロントマスクののっぺり感に今ひとつC-HRに食指が動かなかった筆者には、積極的に検討したいアフターパーツです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives