クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

【東京オートサロン2018】TWSが放つ鍛造ホイールの美

2018年ニューモデルが多数展示!

【東京オートサロン2018】クライメイト

鍛造ホイール専業メーカーとして有名なTWSブランドのブースは、白を基調としたデザインで高級感と落ち着きを両立させたデザインでした。デモ車はパガーニ・ウアイラBC、メルセデス・ベンツ AMG GT、レクサス LC500の豪華3台。

展示されているTWSのホイールは、2018年の新製品が中心。華美でない上品なデザインのホイールを活かせるよう、白い壁に上品にディスプレイされていました。

TWSブランドがターゲットとする顧客は走りを楽しむ大人たち。すっきりとしたホイールデザインが、秘めた機能性と大人の余裕を感じさせてくれます。

【東京オートサロン2018】クライメイト

今回注目なのが、 (エクスリート)シリーズ。モノブラックの素材を使用し、鍛造。一体成形のため各部パーツは削り出しとのこと。

従来の削り出し技術では加工部に粗さが目立っていましたが、TWSブランドの技術ではその粗さを克服。さらにグロスブラック(ガンメタ)カットフィニィッシュと名付けられた磨き上げで、鍛造素材の持つ金属感、光沢、質感を強調し、高級感と美しさを併せ持つホイールとしている。

TWS Exleteのサイズは18インチ以上、取り付けは軽から欧州プレミアムカーまでと幅広い車種に対応するドレスアップに主眼を置いたシリーズです。

鍛造ホイールの魅力は軽量さと、金属部表面の高密度を感じさせるきめ細かい仕上がりだと思っていましたが、さらに磨き技術を工夫し光沢の美しさとそれを引き立てるモノブラックの本体色が何とも美しいと感じます。

高性能な機能部品としてだけでなく、ディスプレイオブジェにも適していそうな高品位なパーツは所有感をそそられますね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives