クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

【東京オートサロン2018】レースシーンのテクノロジーをストリートに開放する「TEIN」

ラリーのフィードバックを身近なものに…

【東京オートサロン2018】TEIN

老舗メーカーに真向勝負をかけているのが「TEIN」。既存メーカーに対抗するには、技術、価格といった総合的な高い商品力が重要。そんな高いハードルを掲げ挑戦し続けているのが、TEINの大きな魅力です。

今回東京オートサロンで発表しているのがハイドロ・バンプ・ストッパー(HBS)塔載の「EnduraPro」シリーズ。

車高調というと、スタイリッシュかつ走行性能に寄与するけれど乗り心地が…というイメージが多かったと思いますが、TEINはそれを解消するために、通常のバンプラバーに加え、油圧で衝撃を逃す機構、HBSを開発。不快な突き上げ感の改善に成功しています。

これはWRC、ラリークロスといった過酷な競技の為に開発したサスペンションユニットの技術を転用したもの。果敢にモータースポーツに挑戦するTEINの技術力を存分に発揮したモデルといえましょう。

また、それでいて求めやすい価格を実現しているのも、大いに評価すべきポイントではないでしょうか。

公道でラリーのようにハードなドライビングをすることは皆無ではありますが、車重が重くロールの大きいミニバンや、家族皆で乗るファミリーカーにとってはサスペンションに大きな負荷がかかるのも事実。そうした場面で大きな威力を発揮するサスペンションでもあります。

ノーマルサスと同等の快適性をもつTEINの新製品、是非ストリートで試してみたいですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives