軽自動車にお相撲さん4人!? 車に重量制限ってあるの?

もしも軽自動車にお相撲さんが4名乗車したら?

相撲

もしも軽自動車に体重165kgのお相撲さんが4名乗車したら、なにが起こるでしょうか?車両重量900kg、乗車定員4名の軽自動車を例に考えてみます。

この軽自動車の車両総重量は1,120kgですが、前述したように実際の乗員はそれよりも重い体重を想定しているはず。とはいえ、体重165kgのお相撲さん4名の合計体重は660kg。車両重量と合計すると1,560kg。1人あたり100kg、約400kgの増加は、メーカーも想定外でしょう。

そうなると、まずエンジンへの過大な負担が懸念されます。あらかじめ想定された乗員と荷物の重さが、65kg×4名+10kgとすると、そのときの車両総重量はMAX1,390kgということになります。それが1,800kg近い重さになった場合、平坦な道ならなんとか走れそうですが、急な上り坂では登れなくなるかもしれません。

次にサスペンション。軽自動車なら、1,200kg程度の重量を支えるよう設計されたスプリングが使用されているはず。にも関わらず、それよりも400kg以上オーバーとなるとスプリングでは支えきれず、いわゆるサスペンションが底付きした状態になるでしょう。

その状態で走行すれば、排気管などが路面と接触、損傷するかもしれませんし、そもそもサスペンションそのものが破壊されないか心配です。

またし、車両がややリア下がりの姿勢になることも懸念されますから、ハンドリングは最悪。さらに、想定された総重量を大きくオーバーすれば制動力も不足することになりますから、ブレーキングで恐い思いをしそうです。ま、あくまでも軽自動車が動けばの話ですが…。

お相撲さんのように体格の良い方を乗せる際は、人数よりも重さにこだわるべきですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives