シビックに続け!バブル期の名車ホンダ プレリュードの復活は2019年?

ホンダ プレリュードとはどんなクルマだったのか

ホンダ  プレリュード 初代

初代の電動サンルーフや、2代目の4輪ABS、3代目の4WS(4輪操舵)、5代目のATTS(左右駆動力配分システム)など、ホンダの新機軸を真っ先に搭載していたモデルが、プレリュードでした。

走る実験室であると同時に、NSX登場前はホンダ最高級車でもあったプレリュードですが、理由は当時のホンダに乗用車のラインナップが少なかったから。実際は小型スペシャリティクーペであり、それは2代目、3代目のライバルが日産 シルビアだったことからもうかがえます。

初代は、意図的に操縦安定性を若干崩した、走り重視のスペシャリティクーペ。2代目、3代目は思い切り低いボンネットとリトラクブルライトによるスタイリッシュなデザインがデートカーとして受けて、ヒット作となりました。

プレリュードと言えば、この2代目、3代目を思い浮かべる方が多いでしょうね。

初代プレリュード

2代目プレリュード

3代目の途中から迷走

ホンダ プレリュード 2.0Si 3代目

しかし3代目は、S13シルビアに惨敗、デートカーの座を奪われ、コンセプトが迷走します。

リトラクブルライトという特徴を捨てたinx(インクス)と、2.1リッターエンジンを積んで当時流行の3ナンバー化したSi Statesというグレードも作りましたが、人気回復には至らず。

4代目で本格FFスポーツクーペ路線を目指したものの、バブル崩壊と、S14シルビアとともに大きく重たい3ナンバーボディが嫌われ、需要が激減。シルビアのように中古車がドリフト需要で人気になることもなく、徐々に忘れ去られていきました。

3代目プレリュード

4代目プレリュード

驚いたのは5代目が登場したことで、コンセプトは3代目までのスペシャリティクーペに回帰します。

不人気車一直線だった日本市場と違い、通勤用パーソナルクーペの需要があった北米需要を見越したものでしたが、最後はモデルチェンジで大型化&排気量アップしたDC5インテグラに統合され、2001年にひっそりと絶版になりました。

5代目プレリュード

次ページホンダ プレリュードの復活はありえる?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives