車にも名前を入れる時代がやってきた!MINI、自分だけのオリジナルカスタムが可能に!

MINI YOURS Customisedの概略

無題

MINIは、2018年度より、従来よりもさらに高次元なカスタマイズを行えるサービスを提供すると発表しました。2018年1月現在、サービス開始時期は不明ですが、欧州よりスタートし、いずれは全世界で実施する方針のようです。

MINI YOURS Customisedでカスタマイズできるのは、サイドスカットル、内装トリム、イルミネーションドアシル、LEDドアプロジェクターです。オーダー方法は、専用オンラインショップやアプリから行います。

MINI YOURS Customisedのカスタマイズ内容

無題

サイドスカットル、内装トリム、イルミネーションドアシルは、部品の表面仕上げ、拡縮可能な表面パターン、塗装色を指定でき、さらにユーザーが文字を記入できるテキストエリアも用意されます。

テキストエリアには、自分の名前や自分とパートナーの名前、メールアドレス、ブログのタイトル、はては婚活中や恋人募集中といったメッセージなど、アイディア次第でさまざまな内容が記載できます。

ただしカスタマイズパーツの面積を考えると、文字数にはある程度の上限が設定されることと思いますし、テキストはアルファベット限定の可能性もありますね。

もっとも注目は、ドアの開閉時、足元を照らすパターンや文字をユーザー自身で設定できるLEDドアプロジェクターです。設定はアプリで自由に行うことができ、その日の気分やイベント、同乗者次第で変更可能。さらに運転席側と助手席側でもパターン変更が可能なので、同乗した恋人へのサプライズにも使えそうです。

MINI YOURS Customisedで採用されるLEDドアプロジェクターは、現行モデルと先代モデルのMINIで、ドアプロジェクターやドアエントリーライトが装着されている車両に導入できます。

早期納品の決め手は3Dプリンタ

顧客からのオーダーは、インターネットを通じて直接工場に届き製造されます。納期は、数週間以内を想定しており、MINIの全世界普及率を考慮すると、カスタマイズサービスとしては異例の速さです。

従来に例を見ない早期納入を実現するのが、3Dプリント技術とレーザーカッティング。特に3Dプリントは、商業用として世界最大レベルとのこと。これらのデジタル生産技術によりカスタマイズパーツは、ユーザーのデザインに忠実に製造されます。

カスタマイズパーツは脱着可能!

MINI YOURS Customised

サイドスカットル、内装トリム、イルミネーションドアシルには、テキストエリアが設けられることになりますが、下取りに出すときも名前が入りっぱなしなのでしょうか?

心配ご無用。これらパーツはユーザー自身の手で簡単に脱着が可能ですし、下取りに出すときはもちろん、さまざまなメッセージを入れた内装トリムを複数用意しておけば、その日の気分や同乗者に合わせて変更することも可能です。

気になる価格ですが、まだ公式にはアナウンスされていません。日常的にカスタマイズを楽しめるよう、なるべくお安い価格でありますように!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives