V12、W16、H16…エンジンの気筒数が多いほど、車の性能は上がるのか?

気筒数とは?

センチュリー V12

英語でシリンダーと呼ばれる気筒は、ピストンが収められる金属製の筒のことで、燃焼機関のもっともキモとなる部分。一般的なレシプロエンジンは、シリンダーとピストンを組み合わせた注射器のような構造になっています。

気筒数=シリンダー数で、シリンダーがひとつだけのエンジンは、単気筒と呼ばれ、それ以外は気筒の前の数字(2、3、…、10、12気筒)がそのエンジンの気筒数を表しています。現在の軽自動車は3気筒、乗用車では4〜8気筒が主流となっていますが、大型車やスポーツカーでは気筒数が多く、排気量も大きくなります。

多気筒エンジンを搭載する車

レクサス LFA 2012

【V10】
レクサス LFA
ランボルギーニ ガヤルド、ウラカン
ポルシェ カレラGT
BMW M5/M6(E60/61)
アウディ R8 5.2FSI、S6/RS6(C6)

【V12】
トヨタ センチュリー(GZG50)
フェラーリ 250GT、365GT4BB、テスタロッサ、F50、550マラネロ、F12ベルリネッタ、エンツォフェラーリなど
ランボルギーニ ミウラ、カウンタック、ディアブロ、ムルシエラゴ、レヴェントンなど
ジャガー  Eタイプ、XJ-S、デイムラー・ダブルシックスなど
アストンマーティン DB7ヴァンテージ、V12ヴァンキッシュ
マクラーレン マクラーレンF1
BMW 850i
パガーニ ゾンダ


【W12】
W型エンジンは、VWグループのアウディやベントレーなどに搭載されています。その構造はV型を2つ組み合わせた構造で、1990年代に登場した狭角V型6気筒(VR6)がベースがになっています。

アウディ A8 W12
ベントレー コンチネンタルGT、フライング・スパー
フォルクスワーゲン フェートン W12、トゥアレグ W12
ブガッティ シロン


【W16】
前述のVW製VR6をベースに開発されたVR4型を2つ付けたW8はシリンダーバンクが72度の狭角エンジンでした。このシリンダーバンクを90度に拡大さらに2つ付けたエンジンが、W16です。

ブガッティ ヴェイロン16.4

【H16】
市販車ではH16型のエンジンを搭載した車は登場していませんが、F1の世界では約50年前にイギリスBRM社が開発したH16エンジン"P86"が存在していました。こちらは、水平対向8気筒を2段重ねにした構造だったそうです。


このように、超高級車やスーパーカーに多気筒車が多いのはなぜでしょうか?

次ページ超高級車やスーパーカーに多気筒車が多いのはなぜ?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives