ほぼ同じ価格帯のハリアーHVとアウトランダーPHEVでは、どちらがおすすめ?

オトク感が大きいのはアウトランダーPHEVか?

三菱 アウトランダー PHEV

車両本体価格は、三菱 アウトランダーPHEVが366~478.9万円、トヨタ ハリアーHVが407.5~495.4万円なので、ハリアーのほうが価格帯としてはやや上になります。

PHEVのアウトランダーは、ハイブリッド車では受けられないCEV(クリーンエネルギー自動車)購入の補助金が、すべてのグレードで20万円(平成29年度)支給されます。他に、各種自動車に関わる税金などが軽減される地方自治体もありますので要確認です。

予算が限られている方には、アウトランダーPHEVの圧倒的なオトク感は魅力でしょう。

ハリアーHVとアウトランダーPHEVをボディサイズから比較してみると?

トヨタ ハリアーハイブリッド 2017
三菱 アウトランダーPHEV

2車のボディスペックを比べてみましょう。

  ハリアーHV アウトランダーPHEV
全長×全幅×全高 4,725×1,835×1,690mm 4,695×1,800×1,710mm
室内長×室内幅×室内高 1,965×1,480×1,220mm 1,900×1,495×1,235mm
ホイールベース 2,660mm 2,670mm
最低地上高 175mm 190mm
車両重量 1,770kg 1,850kg


ボディサイズはほぼ同じ。いずれも全幅は1,800mm以上なので、5ナンバー車から乗り換える場合は、運転に注意が必要かもしれません。全幅に対する室内幅は、アウトランダーのほうが広くなっています。

SUVとしての使い勝手を考えた時に気になる最低地上高は、アウトランダーが15mm高いので、高齢者や幼い子供が乗る場合など、乗降性に配慮が必要でなければこちらがおすすめです。

また、取り回しの良さに関わってくる最小回転半径の数値はアウトランダーが5.3m、ハリアーが5.7mとかなりの差。もともと大柄なボディなので、狭い道では大きな差になるかもしれません。

気になる燃費の違いは?

ハリアーHVとアウトランダーPHEVを比較する上で、気になることのひとつが燃費です。

メーカーが発表している燃費(JC08モード)は、ハリアーHVが21.4km/L、アウトランダーPHEVはエンジンを作動させるハイブリッド走行時で19.0km/L。

一見するとハリアーのほうが良さそうに思えますが、PHEVのアウトランダーでは、完全に電気だけで走れるモードがあり、1回の充電で50〜60kmの走行が可能。普段の買い物や送迎、近距離の車通勤なら十分に賄えそうですね。

どんなシーンで走行することが多いかにもよりますが、燃費をトータルして考えれば、やはりアウトランダーPHEVに分があるように感じます。

では、高級感、乗り心地はどうでしょうか?またトータルでは、どちらがおすすめでしょう?

次ページ高級感、乗り心地は?どちらがおすすめ?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事