【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第二章:VOLVO(ボルボ)XC60

文・武田公実/Takeda Hiromi

ボルボの骨太な安全思想に裏打ちされたモデル

ボルボ XC60

ボルボが初めて自動車の生産を始めたのは1927年。当初は、この時代の量産大衆車の規範であったアメリカ車を小型化したようなオーソドックスなクルマ作りに徹していたのだが、1956年に「アマゾン」こと120シリーズが誕生したあたりを契機に、のちの自動車業界のトレンドを先取りするかたちで、安全性への取り組みを強めてゆく。

1959年以降のアマゾンには世界で初めて3点式シートベルトが装備。翌60年からはダッシュボードにソフトパッドが貼られる。また後席内蔵型のチャイルドシートや、シートサイドのエアバック、あるいは頭部を保護するカーテン型のエアバックなどは、いずれも1990年代のボルボがパイオニア。

近年では日本の軽自動車にも採用された追突回避・低減型/歩行者保護型フルオートブレーキシステムも、ボルボが今世紀初頭から世界に先鞭をつけたものである。

そして今回テストドライブの機会を得た二代目XC60も、ボルボの骨太な安全思想に裏打ちされたモデルであることには疑う余地もないが、同時にここ数年のボルボが強調しているかに思われるプレミアム路線の延長上にもあるようだ。

例えばインテリアでは、かつて「フリーフローティング・センタースタック」と呼ばれていた、向こう側に小物が置けるよう設えられた極薄のセンターコンソールなど、スカンジナヴィア風デザインを分かりやすく伝えてくれるディテールは失われてしまったものの、当たりのソフトなシートに代表される居心地の良さなどは、以前のボルボの長所はそのまま、さらに洗練を加えたかのように思われる。

ボルボ XC60…「幸福なイメージ」を、いま一度再燃させる

ボルボ XC60

そして走りだしてみても、現代の高級車市場をリードするドイツ製ライバルよりも乗り味が格段にマイルド。言い換えれば少しだけユルいことが分かるのだが、クルマが強く自己主張してこないナチュラル感は、これはこれで好ましくも感じられる。

あらゆる面でドイツ・プレミアム御三家(メルセデス/BMW/アウディ)のSUVとアメリカ製SUVの中間くらいの立ち位置かな……?と思いが及んだところでハタと気がついた。この絶妙なスタンスもまた、かつて世界中のファンから愛された1980-90年代のボルボと変わってないのである。

ボルボ XC60

精緻さが身上のドイツ車と比べてしまうと少しだけガサツで、アクセルを踏み込んだ際には若干耳につく4気筒ターボエンジンのサウンドもまた、かつて我々が慣れ親しんだボルボに近いもののように感じられてしまう。

ついでに、ボディサイズの割には小回りが利くというFR時代以来のボルボの美点を引き継いでいるのも、特筆すべき事実だろう。

ここ数年の世界的SUVブームは、もはやブームという域を超えてパーソナルカー、あるいはファミリーカーの一ジャンルとして確立されたと言えよう。

そんな状況のもと、日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得が話題となっている二代目XC60は、時代こそ違えども、ボルボがわが国において体現してきた「幸福なイメージ」を、いま一度再燃させるような気がしているのだ。

【プロフェッサー武田の現代自動車哲学論考】第一章:フォルクスワーゲン e-Golf
【恐妻家コージの"車選び"奮戦記】Case.2 VOLVO(ボルボ)XC60の場合
【諸星陽一の百”車”繚乱】ボルボ XC60 “金は出しても口は出さない”親会社のおかげで、クルマの質は上がった
【ジョバンニ・ペトロルッティの視点】ボルボXC60のスカンジナビアデザインに、日本の”ZEN”を見た
【高山正寛のテレマティクス Now!】COTY受賞のボルボXC60、縦型&大型化ディスプレイのメリットは十分過ぎるほど

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives